FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
もう30年以上、精神科の病に苦しみつづけて来ました。

そこで私が思いついたのが

詩 という表現方法で
自分の苦しみ、悲しみを綴る ということでした。


皮肉なことに

より苦しいとき、より悲しいときに
私の中に、様々な言葉やフレーズが浮かぶのです。

そんな負の感情を「詩」として、
この場に吐き出しています。


当然のことながら、出来上がった詩は
その殆どが ネガティブ です。

でも、そのままでいいんです。


無理にポジティブになる必要はない。
つらいときはつらいまま
悲しいときは、存分に悲しんで
それらの感情を「なかったこと」にはしない、

ひとは、とかく「いつまでも悲しんでいてはいけない」
と思いがちですが、
悲しむということ は、実は己の成長のために
非常に大切な心の働きです。

私は、病気と無理に闘って克服するより
上手につきあって行きたい、

そして無駄な努力をするのはやめて
今の自分の現実を受け容れて、あきらめる生き方をしたい
「ネガティブのままでいい」には、そんな意味が込められています。

この場は、私の感情の吐き出し場です。
しかし同時に、私の文章は、拙いながら
「詩」という創作でもあります。
私が吐いた感情を、深いことばとして紡ぎ、様々な表現として
この場にひと粒ひと粒、零して行くことができたら、と思っています。


現在、片目の白猫と二人暮らし。
この白猫は、都内のある保護シェルターから里親として引き取って
その毛色から 絹 と名づけました。
絹は、右目が悪いです。
目の瞬膜が、眼球に癒着しているため、あまりよく開きません。
でも、私は、絹の その目に惚れました。

既に犬6頭、猫3匹を見送っています。

また、絹は体が弱く、生まれつきの猫ウイルス性鼻気管炎で、
様々な症状に苦しめられて来ました。
絹には、死ぬまで、毎日、一生
欠かさず服用しなければならない薬が、4種類あります。
この薬で、絹の「げんき」は保たれています。

でも、ケモノはどんなに苦しくてもただ「生きる」。
その姿は、人間より立派だと思っています。


日々の溢れる感情や、愛しきイヌネコへの思いを
詩や散文に綴っています。

興味のある方は、是非お立ち寄りください。

※新着記事は、「所詮ブログはオナニズム・まとめ」
の下からお読みください。



ちぬ・タワーにて2

げんきちゃん!なときの絹のお顔です。



こちらはトップページです。(だって何かいつもの記事みたいなんだもの~


・興味のある記事がございましたら、カテゴリからお入りください。

・好評だった(?でもないか・・)記事をお読みになりたい方は、
「拍手の多かった記事」からお入りください。
(ていうか、私が読んで頂きたい記事 というのがここです)



※新着記事は、「所詮ブログはオナニズム・まとめ」
の下からお読みください。






スポンサーサイト

FC2blog テーマ:お知らせ - ジャンル:小説・文学

【2030/04/01 00:03】 | ご挨拶
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
今度はこっちの記事をトップに持って来た。
「まとめ」ってことで。ややこしくてさーせん。

※これは、新着記事ではありません。
新着記事はこの下、です。


ちなみに興味があればこちらも。あれば、ね。

所詮ブログはオナニズム


要は、ブログは所詮、自己満足
ブログはナルチシズムに過ぎないということ、
それを忘れちゃいけません、ということを
いずれも言いたいだけです。

私自身を筆頭!にね。

「旅行」だろうが「ペット」だろうが「ポエム」だろうが
どんなジャンルだろうが、
結局は、自己満足なんですよ、ブログって。

しかしブログをやってる方の中には
結構、いらっしゃるんですね・・・・・

「自称 カウンセラー」・・・・・・とか~
「ナンたらカンたらカウンセラー」・・・・・とか~

こういう方々って、

「自分のブログが人を 救って あげている。
そんなワタシって(そんなオレって)良い・・!
と思い込んで、悦にイッちゃってるんですよね・・・

勿論、中には「自称」ではなく
ちゃんとした方もいらっしゃるとは思いますがね。


いや、べつにブログというのは、何を書こうと自由ですから、
嫌なら読みに行かなければ良いというだけなので

わたしゃもう読みには行きません。
どうぞご自由に ってだけなのでこれ以上書くのはやめますけど



改めて思いますね。



実るほど 頭を垂れる 稲穂かな


これを忘れてはいかんですよ、やっぱり。

古いことわざと、バカにはできませんよ。

どんだけ人気があっても
どんだけ成功しても
どんだけ人を救ったとしても

実るほど 頭を垂れる 稲穂かな

これに尽きますよ、ほんとに。


私は大して実ってないけども、それでも常に


謙虚に
謙虚に 

謙虚にありたいものですね。


私 は、特別な人間ではありません。凡夫なのですから。





※新着記事は、この下からお読みくださいませ。







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2030/03/01 00:03】 | 精神療法
トラックバック(0) |
生きることが

つらくて

苦しくて

魂が すっかり

渇き切った私






そんな私であっても

絹という

一匹の猫と 向き合うときだけ

人間らしい心が

戻って来る





絹が病気で痛いときも

絹がげんきで楽しいときも

私の心は

人 になる

私の心が

豊かになる






イヌネコが

私を 人に

してくれる






どんなに ひもじくても

どんなに 痛くても

それを そのままに 

受け容れて

ただ 生きる

お前たちの姿は

崇高で





お前たちと 向き合うとき

空が いつもと違う

大地が いつもと違う

草や木が いつもと違う

本物の春が

この すさんだ心を潤す







イヌネコが

私を 人に

してくれる






きぬ携帯画像114めめちゃん開いてるね2

絹は右目が悪いけれど
「わたしはどうせこんなヘンな目よ!」
なんて思いません。
「よくみえないなあ」と思いながらも
ただそのままに生きるだけです。

普段は、あまりよく開きませんが
画像は、目の開きが良いときです。
この目が可愛くて、可愛くて。
親バカですが、美人さんです(笑








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/04/24 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
落としたコインを

探すように






手さぐりで

愛情を 探す




フリー画像闇窓








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2019/04/23 00:03】 | 短歌 俳句 自由律俳句
トラックバック(0) |

絹ちゃん…
なごやん
またお口いたいいたいになっちゃったの?

Re: 絹ちゃん…
ナレイ
なごやんさーん、

心配かけちゃってごめん!

素人目にはなっかなかわからんのよ。
お口を無理矢理こじ開けても口内炎の病変部は僅か~~~だし
ちぬは嫌がって、ものの数秒・・?しか見えないから~

さっき病院から帰って来たんだけど
「大丈夫。とても良い状態」だって~
お陰様で、ホッとしたよー
行き帰りの電車バスでめちゃ神経使うので
くたびれちゃうんだけどね。

でも、絹の主治医のあの先生は、
私のカウンセラー役 も兼ねているので(笑)~



コメントを閉じる▲
三度目の火葬

ミュウの棺をお花でいっぱいにして

霊園のお迎えが来るのを待った



テレビから流れて来る

「笑っていいとも」の芸人たちの

たたみ込むような喋りが

うるさくて

たまらなく うるさくて



やっとお迎えが来て 霊園へ

夏の暑さに加えて

火葬場の気温は 凄まじい


いつもの火葬場のおじさんが

「最期のお別れをしてやって下さい」と言う


前日から すやすや眠っているような

ミュウの死に顔と

この火葬場は似合わない・・・

そう思うと 余計に悲しくて

私は泣きながら 最後のキスをした

「よろしいですか?それではこれでお別れになります」

と、おじさん


ミュウの棺は 罐に入った

「火が入りますので、手を合わせてお送り下さい」

おじさんは そう言うけど

ああ・・・三度目でも 着火の瞬間は悲しくて

合掌なんてとてもする気になれない

私は 肩を震わせて泣いた


この霊園には 火葬場に煙突がある

今では煙を出してはいけないそうだけれど

でも火葬の待ち時間

煙は見えなくても

ミュウの体があの煙突から空へ昇って行く

そう思って

煙草を吸いながら 煙突を見上げた



犬や猫は 人間と違って邪気がないから

本当に 「おそらにのぼっていく」ような気がして

本当に「おほしさまになる」ような気がして

ミュウの寝姿

春の霊園


動物霊園芝墓地








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/04/22 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
幸せとか

不幸とか

何のことだかよくわからない

一見 不幸そうに見えても

幸せだと思ってる人もいるし

その逆もまた然り





幸せ なんて

所詮は 夢まぼろしなんだ






沢山の不幸の上に

幸せは 成り立っている

悪の上に

善は 成り立っている

そのことを 忘れてる人々

「ワタシはみんなを 救ってあげて いる」

という自己満足で

よがり声をあげている人々







肉を削ぎ

骨を断ち

無数の死者の魂を

踏みつけることで

文明は 進歩するというのに






2020年を

カウントダウンして

楽しみにしている

元号が変わったところで

この世は何も変わらず 

腐りつづけるだけなのに

この騒ぎ






幸せ なんて

所詮は 夢まぼろしなんだ






幸せになりたいとは思わない

その意味は

私には わからないから





でももう

苦しみ疲れた




血の川







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2019/04/21 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
写真立ての中の

笑顔の自分に

帰りたい






帰りたいのに

帰れない


フリー画像・空白









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2019/04/20 00:03】 | 短歌 俳句 自由律俳句
トラックバック(0) |
今日は、私が見送った猫たちの画像とか、お墓の動画とか。。

平成25年は、5月、7月、9月と次々3匹の子たちが
おそらへ昇って行きました。
それを一人で看取るのは本当に辛かったです。


でも、犬や猫には、人間には真似できない 
生き様、死に様があるように思えてなりません。

あの子たちは皆、全力で生きて、その生を全うしました。

苦しんで苦しんで苦しみ抜いても、
その苦しみをしっかりと引き受けて、皆、おそらへ昇って行きました。



ごん太の死に顔です。
人間のおじいちゃんみたいに、可愛いお顔になったので
写真を撮りました。

ごんた・死に顔

ミュウは、肺がん末期でした。この子がいちばん苦しんで
それを見ているのは、本当につらく、
「安楽死」が脳裏をかすめました。
人によっては、迷わず安楽死をさせたでしょう。
でも私が、安楽死という選択をしなかったのは、
私の「選択」で、この子の命日が決まる・・・
どうしても、それが自然に逆らうように思えて、辛かったけれど
最期まで見ようと思いました。

ラストミュウ5

これは、おそらへ昇る2週間・・?くらい前だったと思います。
溺愛していた、ビビりのちち子です。
この頃になって初めて、
「しんどそうだ・・どうしたんだろう」と気づきました。

ラストちち子


あの子たちのお墓です。

お墓

あの子たちのお墓



あの子たちの眠る霊園の動画です。
人間と同じように、お彼岸にはお施餓鬼(せがき)。けど
ま、ここまでするこたあないでしょう。
お金持ちの人だけがやりゃあええんじゃないかと。

それより霊園が本当にのどか~で、人間のお墓のような
暗さがないんです。
イヌネコの魂は、汚れを知らないからでしょうか。
暖かくて、いつも明るいです。

墓石には、飼い主の好きな言葉を掘ってもらえます。
「愛」とか「夢」とか、何だかそんなカッコつけた言葉より
「だいすき ありがとう」とか、可愛いなあと思いました。
うちは、そのまま「子どもたち」なので「子どもたちの墓」に。



このお寺、動物霊園の宣伝だから、、とても綺麗に撮ってるけど
お寺の裏に、何十体もの小さなお地蔵さんが、
所狭しと並んでいます。水子供養のお地蔵さんなんです。
私と母は、お墓参りの帰りに、よく、この水子のお地蔵さんたちに
お焼香したものです。
何と言うか・・・・・・おもちゃのガラガラとかがお供えしてあって
カラカラと回る風車が、何とも悲しくて、
親になるはずだった人たちが、その罪を必死で償っているように
私には感じられました。







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/04/19 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
6年前に亡くした子

ちち子は

私に抱かれながら 息絶えた




私が 抱き上げると

後ろ足を 小さく痙攣させ

目を 大きく見開いた

瞳孔が開いて 真っ黒な瞳になった




なんて なんて 

愛おしい姿なの?

魂が 抜けかかっても

ちち子は 愛おしい姿だった





唇から みるみる血の気が失せ

全身 ぐなんぐなんになって

右へ くたり! 左へ くたり!と

まるで マリオネット

どんな姿になっても 私には愛しかった



そして

ゆっくりとした 間隔で

下顎を かくんかくんと動かし始めた

ああ・・・最期の呼吸だ・・と思いながら

ずっと 抱いているうちに

ちち子のいのちの灯は 

永遠に消えた




「ちち子!ちち子!」と

何度 呼びかけても

その声はもう 彼女には届かなかった





骨が折れそうなくらいに

くたくたになったちち子の体を

そっと そっと 抱いて

泣いて

泣いて

泣いて

泣き暮れた

いくら泣いても

泣き足りなかった






棺代わりの段ボールに

亡き骸を納め

花でいっぱいにした





亡き骸までも 愛しくて

何度も何度も 

冷たくなったちち子の顔に

キスをした




何度も 何度も

キスをした




小さな体で苦しみながら

その生を全うしたちち子は

素晴らしかった

小さな いのちの灯りが

消える度

人間の愚かさを 思った





どんなに見ていられないと思っても

どんなにつらくても

この子を最期まで 見ることが

私の責任だと思った




ちち子 平成25年7月11日 没 享年10才(推定)

ちち子祭壇2


子猫時代ちち子3

びっくりちち子

へその緒とちち子の骨と


私が愛しているのは、絹だけではありません。
これまでに看取った、犬6頭・猫3匹を、今でも愛しています。

中でも、ビビリなちち子を私は、溺愛していました。
もう6年も経つのに、
今でも会いたくて会いたくてたまりません。

「糖尿病末期」との診断で、死ぬ数日前には
もう体重が2キロしかありませんでした。

あの子を荼毘に付すまでの一夜を、
友人が一緒に過ごしてくれました。優しい友人です。

「ずっといっしょだよ」という思いで
小さな木箱に入った私のへその緒と一緒に
ちち子の骨を 納めました。






ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2019/04/18 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |

ちち子
なごやん
ちち子ちゃんの最期
想像すると泣ける。

Re: ちち子
ナレイ
なごやんさん

ありがとう。


ちち子はもう、何日も苦しんで苦しんで、
よく「最期は眠るように息を引き取った」と聞くけど、
うちの猫たちは、みんな苦しんで苦しんで苦しみ抜いて
そしておそらへ昇って行く。

ケモノは、死も苦しみもそのままに受け容れる。
だから私も、最期までその姿をちゃんと見ようと思った。

6年経った今でも、思い出さない日はないよ。
会いたくて会いたくて会いたくて・・・・。

ちち子だけが猫の中で唯一、子猫からうちにいた子。
最初は、里親さんが決まるまでのお預かりボラだった。
でもなかなか里親さんが決まらなくて。

もう1ヶ月も一緒に暮らしてしまったら
私の情も移ってしまって、うちの子に。

推定にせよまだ10才。
もっともっと長生きして欲しかったなあ・・

最初で最期のお散歩は、死の2日前。
もう目も見えていなかったし、苦しいので
お外どころじゃなかったけど、それでも
最期にお外をせめて感じさせてあげたくてね。

病院の帰りに、ほんの数分だけ。

会いたいなあ・・・・・
ちち子の匂い、もう一度深呼吸したい。




コメントを閉じる▲
麻薬代わりに

珈琲を 飲み

睡眠 欲しさに

眠剤を 煽る






終わっている自分を

感じながら

終わらせないことを

強要されるのが 

苦しくて





いつもの窓から

いつもの空を 仰ぎ見る





この世に 疲れて

傷を負った心を

春の風に 乗せて

ゆらり ゆらゆら

遠く 遠く

あの空まで 

連れて行く





「生きる」という傷を

少しでも 癒やすため




ごめんなさい

ごめんなさい

お願いします

どうかもう

終わらせてくださいな





「生きる」という傷が

痛いです

痛いです


フリー画像・空と電線2








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/04/17 00:03】 | 感情の発露
トラックバック(0) |