FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
もう30年以上、精神科の病に苦しみつづけて来ました。

そこで私が思いついたのが

詩 という表現方法で
自分の苦しみ、悲しみを綴る ということでした。


皮肉なことに

より苦しいとき、より悲しいときに
私の中に、様々な言葉やフレーズが浮かぶのです。

そんな負の感情を「詩」として、
この場に吐き出しています。


当然のことながら、出来上がった詩は
その殆どが ネガティブ です。

でも、そのままでいいんです。


無理にポジティブになる必要はない。
つらいときはつらいまま
悲しいときは、存分に悲しんで
それらの感情を「なかったこと」にはしない、

ひとは、とかく「いつまでも悲しんでいてはいけない」
と思いがちですが、
悲しむということ は、実は己の成長のために
非常に大切な心の働きです。

私は、病気と無理に闘って克服するより
上手につきあって行きたい、

そして無駄な努力をするのはやめて
今の自分の現実を受け容れて、あきらめる生き方をしたい
「ネガティブのままでいい」には、そんな意味が込められています。

この場は、私の感情の吐き出し場です。
しかし同時に、私の文章は、拙いながら
「詩」という創作でもあります。
私が吐いた感情を、深いことばとして紡ぎ、様々な表現として
この場にひと粒ひと粒、零して行くことができたら、と思っています。


現在、片目の白猫と二人暮らし。
この白猫は、都内のある保護シェルターから里親として引き取って
その毛色から 絹 と名づけました。
絹は、右目が悪いです。
目の瞬膜が、眼球に癒着しているため、あまりよく開きません。
でも、私は、絹の その目に惚れました。

既に犬6頭、猫3匹を見送っています。

また、絹は体が弱く、生まれつきの猫ウイルス性鼻気管炎で、
様々な症状に苦しめられて来ました。
絹には、死ぬまで、毎日、一生
欠かさず服用しなければならない薬が、4種類あります。
この薬で、絹の「げんき」は保たれています。

でも、ケモノはどんなに苦しくてもただ「生きる」。
その姿は、人間より立派だと思っています。


日々の溢れる感情や、愛しきイヌネコへの思いを
詩や散文に綴っています。

興味のある方は、是非お立ち寄りください。

※新着記事は、「そろそろ引き際なのでしょう」
の下からお読みください。



ちぬ・タワーにて2

げんきちゃん!なときの絹のお顔です。



こちらはトップページです。(だって何かいつもの記事みたいなんだもの~


・興味のある記事がございましたら、カテゴリからお入りください。

・好評だった(?でもないか・・)記事をお読みになりたい方は、
「拍手の多かった記事」からお入りください。
(ていうか、私が読んで頂きたい記事 というのがここです)

※新着記事は、「そろそろ引き際なのでしょう」の下から
お読みください。






スポンサーサイト

FC2blog テーマ:お知らせ - ジャンル:小説・文学

【2030/04/01 00:03】 | ご挨拶
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
私の記事も、そろそろ引き際かな、と思っています。

手前みそになりますが、
このサブジャンル「詩」に所属するようになって
何年か、ずっとランキング上位にいさせて頂きました。

ランキングに参加すると、やはり励みになりますが、
まさかこんなに長い間、上位にいられるとは
思ってもいませんでした。
それもひとえに、読んでくださった方々のお陰です。


皆さんそれぞれのスタイルで
記事を書いていらっしゃいます。

中には「これはもう教科書に載せたら?」
というほどの詩を書いていらっしゃる方も。
或いは、日常のことを楽しく書いていらっしゃる方も。
ときには、「お、この感覚、好きやわ~」等々、
いろいろな方々の記事を、興味深く拝読させて頂きました。

でも、長い間見ていると、
ランキングというのは、時が経つに連れ、
入れ替わっていくものなんだなあとわかるようになりました。

ずっと上位にいらした方が消えて
新たな方が上位になる。

世代交代 みたいに
そうやって入れ替わっていくものなんだなあ・・

ってことは、私もそろそろ落ちて行くんだろうなあ
と、前々から思っていました。

どうやら、その時期が来たようですね。


私のブログタイトルは、もうじき上位ランキングから
消えるでしょう。

まあ、そうなったら本当に気ままに、
更新したりしなかったりと
むしろのんびり、ブログを楽しめるので
それはそれで良いと思っています。

べつに私自身は、特にブログをお休みする気はないですが
ひとまずご挨拶、ということで。


これまで私の拙い文章を読んでくださった方々に
心から感謝しております。

本当に、ありがとうございました。


ナレイ拝


※新着記事は、この下からお読みください。

lonely-bouquet_2651405.jpg









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:お知らせ - ジャンル:小説・文学

【2030/03/31 00:03】 | ご挨拶
トラックバック(0) |

嫌やっ!
なごやん
そんなこと、言わんといて~~~~!

Re: 嫌やっ!
ナレイ
仕方ないことなんよ。
こればかりは私にはどーにもならんもん。

入れ替わるのよね、ある程度の時期が過ぎると。

それでも私は随分と長いこと上位にいさせてもろたと思うよ。


管理人のみ閲覧できます
-


Re: Guestさん
ナレイ
コメント、ありがとうございます。

非公開コメントにつき、具体的なレスは控えますが、

私自身はブログをやめる気はないです。
ただ、今までと違って、もっと自由に
本当にただ自分の書きたいことだけを書いて行く
つもりでおります。


コメントを閉じる▲
雑多な事柄も

些末な事象も

全て 不安に結びつく






私の心に

安の雪が

降り積もる





わらない





んでいる



東京の雪









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2018/12/13 00:03】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
冬の寒さは

まるで

死体に触れるように

悲しい





血の通わなくなった

体は

白くって

冷たくて

幾度 呼びかけても

もう 動かない







街までが

白くって

冷たくて

動くのを

やめてしまったようで





悲しい




rose-on-ice_21131983.jpg








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/12/12 00:03】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
猫 抱き寄せて

を とる







生きものは

邪気な分だけ

暖かい



ちぬ・蝶ネクタイ









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村


FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2018/12/11 00:03】 | 短歌 俳句 自由律俳句
トラックバック(0) |
冬の 悪戯

つむじ風






髪を 乱され

胸 かき乱れ






春を信じて

裏切られ






季節の谷間に

埋もれて 泣いた





やがて わたしは

雪になる






解けてなくなる

雪になる


フリー画像雪のベンチ








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村


FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/12/10 00:03】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
お天気でも見るように

は 死んで行くものなの





今日は天気が良くてよかったねえ 

と言うのと おんなじに

が降って来ちゃったわねえ

と言うのと おんなじに

人は 死んで行くものなの






毎日 ふと

人は 死んで行くものなの


フリー画像・夏の空










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2018/12/09 00:03】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
夢子です

もうすっかり春ですね

桜は散ってしまったけれど
今は新緑の緑が鮮やかで、
ついつい買い物の時間も長くなります。

東京と言っても、
こちらはまだまだ緑が沢山あるのが幸いです。
思わず新緑の木の下で深呼吸

GW真っ最中ですが、
私のように家でくつろぐ人たちも多いのでしょう。

犬のお散歩をする人や、
家族揃って両手にいっぱいの買い物袋を抱えた人たち。

例によって、
お気に入りのカフェに立ち寄ってしまいました。

寒い日はガラン・・としていたオープンカフェも
暖かな今日は、大勢のお客さんで賑わっていました。

注文するのは、いつもと同じ、
アイスコーヒー

クリームを入れると、
不思議な円を描いて
グラスの底に落ちて行く様子を見るのが
とても好き。

そんな私、ちょっと変かしら?

大勢のお客さんたちを眺めていると、
いろんな人たちがいます。

あの若いカップルは恋人同士かしら?
こぼれる笑顔が、春の日差しにさらされて、
尚一層眩しく見えます

少し年輩の女性たちは、お出かけの帰りかな?
お話が尽きないようですね?

春の暖かさに誘われて、
みんなの心も益々暖かくなっていくのでしょうね。

重たいコートは、もう要りません。

春は希望の色に満ちています。
私の心も春色です


夢子、キモい!
外?
コンビニにしか出てねえし!
ババアがつるむと
声がデカくてうっせんだよなー!
私の心はどどめ色~


と、ナレイ








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/12/08 00:03】 | どーでもいい話題
トラックバック(0) |

夢子!
なごやん
キメェ~~~~~~~~~~~~!

Re: 夢子!
ナレイ
ほんとキモい!

私もだいっきらい!夢子って!

しょっちゅうしゃしゃり出て来るじゃねーよ!

コメントを閉じる▲
抱えきれない

永き 冬






毎年 ひとりで

を 待つ







ほんの僅かでいいから

私に

暖かな陽を ください


フリー画像雪の中のベンチ








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2018/12/07 00:03】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |

ちっくん!
なごやん
絹姫、ちつくんされて暴れたのか~w

でも何も異常が無くて良かったね。

ホント、絹姫お嬢様のお部屋

ゴージャスだわ。

Re: ちっくん!
ナレイ
なごやんさーん

はいもう毎度大暴れです!
4年間何もされてきてないから、余計にね。

> でも何も異常が無くて良かったね。

おおきに。ホッとしたよ~

ただ、やけにコレステロール値が高くて
どんどん高くなって行ってると言われたよ。
でぶ猫ではない。むしろスリムなのにね。

絹はロイヤルカナン以外の物食べてないから、
ちょっと下げようなくて困るわ~


ちぬのおへやね。
ええ!あのカラダで6畳ですからねっ!
おねーしゃんのいる居間は、ぼろぼろ~~~


コメントを閉じる▲
苦しみの連続、不運の連続な人生。

苦しいよお、つらいよお・・と思いながらでいいから、
無理に元気に振る舞う必要はないから、

この胸を引き裂くような痛みに、身悶えしても、
ひとつひとつ、不運も苦しみも受け容れて、
ひとつひとつ、クリアして行くしかないのだろう。

苦しみ抜いたその先に、楽 が待っているかも知れないと
せめて、信じたい。


一体何の試練なのか と考えてしまうと、
性根がどんどん捻じ曲がって行くから、
そのことは考えずに。

精神科の患者がときに厄介者扱いされるのは、
病気そのものではなく、病気による苦しみが精神にあるので、
自分でも気づかぬうちに、
「なぜ私ばっかり」とか「私なんか生きていても」
などと思うことで、どっぷりと主観の世界だけにハマり
周囲が見えなくなってしまうからだと思える。

だからどんどん、性根が捻じ曲がって行く。
「もっと愛して」と、心の隙間を、他者によって埋めようとする。
そして嫌われる。
自己と他者とは、別な人格なのだから。

物事を客観的に、
俯瞰で見ることができなくなってしまう。


私はそうはなりたくない。

ナレイズムとは

どんなに苦しくても、どんなに病んでいても、
物事を真っ直ぐに、ニュートラルに
見られるということ。

どんなに苦しくても、
捻じ曲がらずに生きること。

泣きながらでいいから、
ダメダメな自分のままに
安心して、ひとに迷惑をかけていいから、

頑張らなくていいから
ネガティブのままでいいから、

のろのろと、歩く

それこそが ナレイズム。

ハンドルネームは、なるように なれぃ。

ナレイストとして、私は生きる。


きぬ携帯画像195のんびじ3








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/12/06 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |