ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
もう30年以上、精神科の病に苦しみつづけて来ました。

そこで私が思いついたのが

詩 という表現方法で
自分の苦しみ、悲しみを綴る ということでした。


皮肉なことに

より苦しいとき、より悲しいときに
私の中に、様々な言葉やフレーズが浮かぶのです。

そんな負の感情を「詩」として、
この場に吐き出しています。


当然のことながら、出来上がった詩は
その殆どが ネガティブ です。

でも、そのままでいいんです。


無理にポジティブになる必要はない。
つらいときはつらいまま
悲しいときは、存分に悲しんで
それらの感情を「なかったこと」にはしない、

ひとは、とかく「いつまでも悲しんでいてはいけない」
と思いがちですが、
悲しむということ は、実は己の成長のために
非常に大切な心の働きです。

私は、病気と無理に闘って克服するより
上手につきあって行きたい、

そして無駄な努力をするのはやめて
今の自分の現実を受け容れて、あきらめる生き方をしたい
「ネガティブのままでいい」には、そんな意味が込められています。

この場は、私の感情の吐き出し場です。
しかし同時に、私の文章は、拙いながら
「詩」という創作でもあります。
私が吐いた感情を、深いことばとして紡ぎ、様々な表現として
この場にひと粒ひと粒、零して行くことができたら、と思っています。


現在、片目の白猫と二人暮らし。
この白猫は、都内のある保護シェルターから里親として引き取って
その毛色から 絹 と名づけました。
絹は、右目が悪いです。
目の瞬膜が、眼球に癒着しているため、あまりよく開きません。
でも、私は、絹の その目に惚れました。

既に犬6頭、猫3匹を見送っています。

また、絹は体が弱く、生まれつきの猫ウイルス性鼻気管炎で、
様々な症状に苦しめられて来ました。
絹には、死ぬまで、毎日、一生
欠かさず服用しなければならない薬が、4種類あります。
この薬で、絹の「げんき」は保たれています。

でも、ケモノはどんなに苦しくてもただ「生きる」。
その姿は、人間より立派だと思っています。


日々の溢れる感情や、愛しきイヌネコへの思いを
詩や散文に綴っています。

興味のある方は、是非お立ち寄りください。




きぬ携帯画像74修正版


こちらはトップページです。(だって何かいつもの記事みたいなんだもの~



・新着記事はこの下からお読みください。

・興味のある記事がございましたら、カテゴリからお入りください。

・好評だった(?)記事をお読みになりたい方は、
「拍手の多かった記事」からお入りください。
(ていうか、私が読んで頂きたい記事 というのがここです)

・アップしたものの、気に入らない記事は、数日で削除致しますので
ご了承ください。





スポンサーサイト

FC2blog テーマ:お知らせ - ジャンル:小説・文学

【2030/04/01 00:03】 | ご挨拶
トラックバック(0) |
頑張らなくていいと

思っていても

がんばれ自分 と言わないと

生きて行かれなくなりそうで







努力なんかしなくていいと

思っていても

生きる努力 をしないと、

生きて行かれなくなりそうで






がんばれ なんて

ひとに 言いたくないのに

努力なんて

しなくていいと

思っているのに




コップひとつ 洗うにも

努力が 必要で


フリー画像・洗面台







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2017/11/22 00:03】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
怖いほどの 孤独に

何度も 何度も

頬を 打たれて




自分の

居場所さえ 追われる気がして

日常 という地獄から

逃げたくて

フリー画像・窓際で泣く女





ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2017/11/21 00:30】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
絹の具合があまり良くありません。
数日、鼻づまりに苦しんでいます。

でも、いつもこういうときに
思い出す台詞があります。

映画・ポセイドンアドベンチャーの中で
若き日のジーン・ハックマン扮するスコット牧師は
転覆したポセイドン号から、生き残った人たちを連れ
じわじわと船が沈みつつある中
何度もの爆発に堪え、激しく増して行く水に堪え
助けが来るであろう船底へ、必死で辿り着こうとします。

しかしその間に、一人、また一人と死んで行く。

アーネスト・ボーグナイン扮するロゴが、
魅力的な役柄で、大好きでした。

そのロゴの、最愛の妻リンダが火の中に落ちたときの台詞

「ちくしょう~っ!!牧師!このペテン師野郎のインチキ牧師め!
俺は貴様を信じかけてた!助かると言った貴様を!
貴様が殺した!世界に一人の最愛の女を奪われた!
貴様が殺した!!貴様が殺したんだ!
俺のリンダを・・・俺のリンダを・・・」

そのあとのスコット牧師の台詞をいつも思い出すんです。

「神よ!まだいけにえが必要ですか?!
エイカーズの命を奪い、ベルの命を奪った!
そして今度はリンダ!
まだ必要ですか?!なら私の命を!

我々は自力でここまで来た!あなたの助けは借りなかった!
助けてくれとは言っていません!!
ただ邪魔だけはしないでくれ!放っておいてください!!

必ず助かる!ロゴ!!!あとを頼むぞ!!」


そう言って、火の中に落ちて行くスコット牧師。


苦しそうな絹を見ていると、
その台詞が何度もリピートされます。


「邪魔しないで!
返して 絹のげんき
なぜそんなに罪のない子を苦しめる?
どこまで苦しめる?!
なら私を苦しめろよ!」

誰かに向かって、そう言いたくなります。

独り、キツいっす。








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/11/20 00:04】 | 映画、ドラマ、音楽 favorite
トラックバック(0) |
むき出しの寂しさと

果てもない不安を連れた 

冬の風が 

我が家のドアを また叩く






残酷な師走は

もう 目の前







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2017/11/19 00:46】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
今日は疲れていて、更にとても落ち込む出来事が。
なのでまあ、どーでもいいことをちょっとだけ。

若者のスラングで「神○○」と言うのがあるじゃない?

「神対応」とか「神曲」とか?
あれって中には批判的な方々もおられるようだけど、
私は、上手いよねー今の子って、と思うわ~

だって、私らの世代だと、例えばそうね・・・・・
大ファンな歌手でも役者でもいいけど、その人から
丁寧な扱いを受けて嬉しかった ときって、
「すっごく優しいのーー!感動しちゃった!」とか、
「もう嬉しくて死にそうだった!」とか、

「ああ!もうきゅん死するーー」は最近で、好んで使いますが。

でもまあ当時はその程度しかなかったから。

でもそれだといまいち伝わらない気が。
(この「いまいち」も元々はスラングだったのに、
とうとう広辞苑に載るようになりましたね)

そこで、「○○さま神対応!」だと、ひと言でわかるから。

なんでかなあ・・・・私らの世代って寅年で、
子供の出生率が低かったのか何なのか、
みんなに必ず!と言って良いほど言われるのは
「ナレイさんもジュリアナでジュリ扇持って踊ってたんですか?」
これ、えっれえムカつくんだよねー

ジュリアナ世代は私らよりもっとあとです!あと!
ワンレンなんてしてねえし、ボディコンなんて着てねえし
あんなトサカみたいな前髪もしてませんでしたっ!

私らはディスコ時代です!六本木のスクエアビルがあった時代。

私らは「新人類」と呼ばれました。
サタデーナイトフィーバーが流行ってたのが、確か私ら高校時代。
仲間うちでは、それを文字って
「今日はフィバろーぜ~」とか言ってました。

「ナウいじゃーん」とか言っていたっけ・・・・

いつの時代も「今どきの若者は」と悪く言われるもんです。
私も、しょうがないなあ・・・・わかもんは、と思うこともあるけど、
スラングに関しては、上手いと思いまーす!

まあ今日の私は、さしずめ
「信頼しきってる上司が私に 塩対応」
だったので心身共にくたぶれました。

ただ、公式の場では、
綺麗な日本語を使えるようでありたいものですね。

目覚めよ若人たち!

もう寝んべー

以上!おわり~~







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/11/18 00:04】 | どーでもいい話題
トラックバック(0) |
誰にも必要とされない自分

何の価値もない自分

だから なに?





苦しみと化したわたしには

そんなこと

もうどうでもいい

誰かに必要とされようと

されまいと

自分に価値があろうと

なかろうと






ただ 

わたしにとって肝心なのは

明日のご飯と

今夜の眠り








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/11/17 00:03】 | 不眠地獄
トラックバック(0) |
私は母親になったことがないけれど、

よく周りの友人が、
「子供育てるのはお金かかるからねえ}とか
「子供の教育費だけは、積立定期にしてるのよ」とか

そういう話を、へえ~大変ねーと
他人事のように聞いていました。

でも、絹を引き取ってから
そう言っていた友人たちの気持ちが
よくわかるようになりました。

絹に教育費はかからないけど
治療費が、かかります。

昨日ざっとだけど改めて計算してみたら
月さんまん!!!!!ぐらいかかっていると判明。
すっかり憂鬱になりました。
絹の治療費のための、別口座の通帳を作っているので
それで計算してました。

でも、私にとって猫の里親になる というのは
常に、人間の養子縁組と同じくらいの覚悟です。

だから、娘が病気なら、親の私がどんなにビンボーでも
絹の治療費だけは工面しなくては、と思っています。
母親ですから、当然です。


いろんなことを想定して、覚悟したつもりだったけど、
まあしかしこういうパターン?
つまり、一生、毎日欠かせない薬が何種類もある というのは
さすがに想定外 でした・・・・。

これから年齢を重ねれば、
また別の病気に罹るかも知れないし。

お金のことって、考えてるといちばん神経使います。

でも、私は母親です。
松居一代ではないんです。
(何億もあって死ぬまで金に困らないってのが
よほど羨ましいらしい~でもあの方、とっても不幸に見えるけど)

もっと食費を浮かすべく、

一日に麦100gと、卵と少しの果物を食べ
欲はなく、決して怒らずいつも静かに笑って・・・
られません!けどね(笑

でもちょっとしか食べなければお金も浮くし、
痩せられてちょうどいいと合理化。

ほんとはフルで働ければもっと貯金ができるのだけど
持病があるのでフル勤務、めっさキツい。

けど、ちょっとそれも考えます。

母親は、この気持ち良い~寝顔を守るためには
何だってできるのら。

きぬ携帯画像65おひめさま~

きぬおくすり一式

これだけの薬を服用することで、絹のげんきが守られていると思うと
不憫です・・・。






ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村


FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/11/16 00:04】 | 愛しいイヌネコのいのち
トラックバック(0) |
「1995年かあ。

21世紀もうすぐじゃん。

ノストラダムスの大予言なんて
みんな信じてるの?

世界が滅びてくれるなら
私は嬉しいけど、滅びるわけないし。


今、職場では、
日勤より断然、夜勤のほうが好きなんで
月7回ぐらい夜勤やってまーす。

こないだ、はるみと一緒に
シャ乱Qのライブに行った。
ナースの白衣着て、ナースキャップに
網タイ履いて。

普段はアムラーなんだけどね。

30過ぎて何やってんの?わたし~

戦後50年記念の朝生はさいこーにおもろかったねー」



本気で そう思う

あの頃のままの 自分がいて

思い出に ならなくて

生々しい「あの頃」が

私の心を 支配する





見えなくなった

あの人の姿を 追い

骨になった

あの人を 生かし

過去に どっぷりと浸かって

まだあの頃を

生きている




時計の針が 残酷に

凄まじいスピードで

回るから

私は 着いて行かれない








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/11/15 00:03】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
朝、目を覚ます度、

今日も一日また生きるのか・・

と本気でつらくなる。恐怖さえ感じる。
夢の中では、私は独りだということを完全に忘れていて、
目を覚ます度、自分が独りだったのだと思い知らされる。

だから私は夜中に起きる。

外が暗いうちはまだ、
生きる恐怖や辛さを感じずに済むから。


「生きなくちゃいけない・死にたい」この狭間で、
私は膨大なエネルギーを消費していると感じる。
いつも言う、「生きてるだけで私は頑張っている」 の所以である。


凍りつく冬のような 一日一日を重ねることに
果たして何の意味があるのかと 考えてしまいがちだけれど、

生きる意味 なんか考えても仕方ない。

誰にも必要とされてない とか、
自分なんか生きる価値がない、とか
よく企死念慮のある人は言うけれど、

それもまた、いくら考えても仕方ない。

ただ、生かされているのだから。

だったら、甘んじてそれを引き受けるしかないのだろう。

絹を見習え。

イヌネコを見習え。

そう思うしかない。


きぬ携帯画像68すやすや~






ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/11/13 00:04】 | いのちの桜
トラックバック(0) |