ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
もう30年以上、精神科の病に苦しみつづけて来ました。

そこで私が思いついたのが

詩 という表現方法で
自分の苦しみ、悲しみを綴る ということでした。


皮肉なことに

より苦しいとき、より悲しいときに
私の中に、様々な言葉やフレーズが浮かぶのです。

そんな負の感情を「詩」として、
この場に吐き出しています。


当然のことながら、出来上がった詩は
その殆どが ネガティブ です。

でも、そのままでいいんです。


無理にポジティブになる必要はない。
つらいときはつらいまま
悲しいときは、存分に悲しんで
それらの感情を「なかったこと」にはしない、

ひとは、とかく「いつまでも悲しんでいてはいけない」
と思いがちですが、
悲しむということ は、実は己の成長のために
非常に大切な心の働きです。

私は、病気と無理に闘って克服するより
上手につきあって行きたい、

そして無駄な努力をするのはやめて
今の自分の現実を受け容れて、あきらめる生き方をしたい
「ネガティブのままでいい」には、そんな意味が込められています。

この場は、私の感情の吐き出し場です。
しかし同時に、私の文章は、拙いながら
「詩」という創作でもあります。
私が吐いた感情を、深いことばとして紡ぎ、様々な表現として
この場にひと粒ひと粒、零して行くことができたら、と思っています。


現在、片目の白猫と二人暮らし。
この白猫は、都内のある保護シェルターから里親として引き取って
その毛色から 絹 と名づけました。
絹は、右目が悪いです。
目の瞬膜が、眼球に癒着しているため、あまりよく開きません。
でも、私は、絹の その目に惚れました。

既に犬6頭、猫3匹を見送っています。

また、絹は体が弱く、生まれつきの猫ウイルス性鼻気管炎で、
様々な症状に苦しめられて来ました。
絹には、死ぬまで、毎日、一生
欠かさず服用しなければならない薬が、4種類あります。
この薬で、絹の「げんき」は保たれています。

でも、ケモノはどんなに苦しくてもただ「生きる」。
その姿は、人間より立派だと思っています。


日々の溢れる感情や、愛しきイヌネコへの思いを
詩や散文に綴っています。

興味のある方は、是非お立ち寄りください。



きぬ携帯画像159修正版

げんきちゃん!なときの絹のお顔です。



こちらはトップページです。(だって何かいつもの記事みたいなんだもの~



・新着記事はこの下からお読みください。

・興味のある記事がございましたら、カテゴリからお入りください。

・好評だった(?)記事をお読みになりたい方は、
「拍手の多かった記事」からお入りください。
(ていうか、私が読んで頂きたい記事 というのがここです)

・アップしたものの、気に入らない記事は、数日で削除致しますので
ご了承ください。





スポンサーサイト

FC2blog テーマ:お知らせ - ジャンル:小説・文学

【2030/04/01 00:03】 | ご挨拶
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
生きてるだけで

心が痛い

生きてるだけで

胸が苦しい

生きてるだけで

歩くのも辛い





二重のメッセージの中で

育ったわたしは

マイナスから 

人生を始めてるから

人の倍 

歩かなくてはならなくて




その道も

決して平坦ではなくて

血を流しながら

生きている





人は いつの世も

生きることの喜びを謳う

その意味が

私には わからなくて

どうしても わからなくて






その歌は

きっと 一生

私に耳に 響くことはないだろう



window_2469663.jpg








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村


FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/21 00:03】 | 深層心理
トラックバック(0) |
腐敗した社会を

いくら嘆いても

仕方ないけれど





この世にあるのは

金のあるヤツとないヤツ






底辺から

いくら真実を叫んでも

誰も聞きやしないと

知っている

だから黙って

息を潜めて 生きている





冬のはだか木が 私に

まだまだつづく

寒さを告げながら

立っている





さむい

さむい

冬のひと日






冬は

いつもわたしを傷つける

情け容赦もなく

独り を思い知らされ

冷酷に

終わらない日常を 突きつける




病み疲れて

冬模様

自分の熱で

生ぬるくなった布団さえ

忌まわしい





だから 余計に

さむい

さむい

冬の ひと日





叫ぶわたしの その声は

冷たい夜に

かき消され

誰の耳にも 届かない






さむい

さむい

冬の ひと日











ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村


FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/20 00:04】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
母上様

あなたが

苦しみ抜いて

いなくなってもう19年






何年経っても

私は

あなたが 

苦しみつづけた枕元に

ずっと立っていました





だから

悲しむことも

泣くことも

できなくて





ただ

苦悶の表情を浮かべて

引きつけたような

呼吸を繰り返す

あなたを

ずっと 見ていました






その時から

時計の針は 止まりました

地獄絵図と化した病室が

時の流れを 止めました





だから私は

あなたを

死なせてあげることが

どうしてもできませんでした





葬儀が終わっても

骨を埋めても

あなたは

生々しく

生きていました





悲しむことも

泣くこともできない私は

黄疸で真っ黄色になった

焦点の定まらぬ目をして

苦しみつづける 

あなたの枕元に

立ちつづけました





毎朝 毎朝

あなたがいなくなった事実を

初めて知らされるように

知りました




阪神淡路大震災や

その頃の事件は

私にとって

つい昨日のこととしか

思えませんでした






でも

この間 また

あなたがいない事実を

知らされた朝

「お母さん もういないんだ・・・

死んじゃったの・・・」

と とても悲しく思えました





やっと やっと

あなたがいない現実を

ほんの少し

受け容れられた気がしました





母上様

あなたはもう 

この世の人ではなくなったのですね

ならば私は

あなたを ちゃんと

死なせてあげなくてはなりません





錆びついていた 

時計の針が

ほんの少し

動き出した気がしました





心のお葬式を済ませて

いつかあなたを亡くしたことを

もっとちゃんと悲しめる日が来たら

私も少し

楽になれるのかも知れません





さようなら お母さん

ちゃんと

そう思えるのかも知れません



silver-chandelier_2592964.jpg








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/19 00:03】 | 深層心理
トラックバック(0) |
窓の向こうで

信号の赤が

涙ぐんでいる




私の思いを

語るように

しきりと涙ぐんでいる





闇の中に

ぽっかりと浮かんだ

この部屋の中で

ひとり

この思いを

誰にどう伝えたらいいのか

わからなくて





春まで つづいているはずの

真冬の空に 

訊ねてみても

風が余りに 冷たくて

上手く伝えられなくて





私はここにいる

ただ

そう伝えたいだけなのに

闇の中では

上手く伝えられなくて





もどかしさは

白い吐息となって

また

窓を曇らせる





涙ぐむ

信号の赤が

どんどん滲んで 広がって

窓の向こうが

まるで 廓街のように

真っ赤に 見える




廓街が 泣いている

私の代わりに 泣いている


フリー画像・昭和の赤










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村


FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/18 00:14】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
自分なんか生きる価値がないとか

自分は最低の人間だとか

やたら言う人がいるけど

それを言われたら

「そんなことないよ」としか

言えなくなる





本当に

自分を最低の人間だと思うなら

辛くても 苦しくても

何も言わずに

ただそれを

心の中に

留めておけばいい





自己否定は

ナルチシズムの裏返し

意地悪かしら 私って

ごめんなさいね

だけど事実なんじゃない?





最低の人間だとか

生きる価値がないとか

そんなこと

誰にも決められないし

わかるはずもないのだから




うつろう季節に

誰も抗うことができないのと

同じように



the-room_21269145.jpg






ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村


FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/17 00:03】 | 雑感
トラックバック(0) |
黒く塗り潰された

わたしの末路




朽ちた部屋

震える心

曇る窓





星のない空

標もなしに

どう歩く





だれか

だれかを

求めても

だれも

だあれも

見当たらぬ






黒く塗り潰された

わたしの末路



フリー画像シャッターの降りた通り







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2018/02/16 00:03】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
わたしは華を捨てました

華のある日が消えました




わたしは夢を捨てました

夢見ることがなくなりました




わたしは春を捨てました

冬だけの日になりました







あとどれだけの

大事なものを捨てたら

わたしは赦されるのでしょう





だれか おしえてくださいな





このいのち

果てるのは いつですか





だれか おしえてくださいな



だれか おしえてくださいな


beautiful-bouquet-with-groom-and-bride-at-back_2767500.jpg








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/15 00:04】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
なんか今日は、全然「文学・小説」や「詩」と
かんけーなくて、
猫ブログに行けよって話なんだけど
たまにはいいでしょ。

今日は絹の猫用こたつの作り方を
ご紹介させて。
どうやって作るの?と聞かれたりしたから。

興味ない方はスルーしといてくだせえ。

作り方って言っても
猫用こたつを自作してる方の中には
木材で本格的に作ってらっしゃる方もいるけど
私は工作が大の苦手なので
ダンボールを使って、ちょーてきとーに作りました。

要するに絹があったかけりゃ良い訳だから。

ではまず骨組み
ダンボールをカッターで切り抜きます。
猫用こたつ段ボール
(ひどいねこれ。曲がってるしぐちゃぐちゃ~だから!苦手なんだって~)

で、下にブランケットを敷きます。

猫用こたつ段ボール2

熱源はホットカーペット。片面つけっ放しにしといてあげます。
ホットカーペットはめちゃあったかいので
ダンボールの底を抜かなくても、十分熱が伝わります。

そしてこたつ布団代わりのブランケットをかけて、
テーブル代わりにベニヤ板を置きました。
(うちのマンションは外壁工事をしてたので、頂きました)
絹のお尻が見えてます。

きぬのおこたつ改良ちう

で、おこたにはやっぱりおみかんでしょうということで
紙粘土でおみかんも作ってみました。
(だからあ、工作は苦手なんだってばよー)

おこたにおみかん2

はい、完成。

おこたにおみかん

粗茶ですが、みたいな?

おこたで粗茶ですが
何しろ絹がこれをすっかり気に入ってくれて
あんまりにもずうっと入っているので
お顔が見れなくて寂しいくらい。

でもあったかくて気持ち良いんでしょう。良かったです。

あ、ついでだけど、うちは首輪も手作りです。
(もう家庭科も1だったの~~
友達に「なんでこうなっちゃうかなあ・・」と呆れられました。

きぬ首輪コレクション

売り物の首輪はそりゃ素晴らしいけど、
できればあまり首を絞めつけない、
パジャマ用の緩めのゴムを使っています。

はい、アホな子みたいでかわよいです~~~
(ああ・・縫い目の酷さが丸見え・・・・・・・)

きぬ携帯画像160修正版


ま、どれもご紹介するような代物じゃない、
酷いもんだという自覚はありますが、
親心 ってことでご勘弁を~







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/14 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
この世の ほんの片隅で

誰も知らない 小さな部屋で

わたしと

片目の白猫と

ひとりぼっちの者同士

身を寄せ合って 生きている






白猫が

甘えた顔で

わたしを見上げる

その姿は 

すさんだ わたしの心を

癒やしてくれる





カリカリカリ・・・と白猫が

餌を食べる

その音色は

わたしにとって

ショパンの曲より

何十倍も 感動する

愛くるしい 音色






誰も知らない

誰も知らない

小さな小さな この部屋で

素性も知れない 野良同士

身を寄せ合って 生きている


おこたですやすや

おこたで粗茶ですが

猫用こたつ。
粗茶ですが、どうぞ。

絹がおこたをこんなに気に入るとは思っていませんでした。
もっと早く作ってあげれば良かった。








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村


FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/13 00:04】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |

おこた
なごやん
これって手作り?
中に湯たんぽか何か入れてるの?

絹ちゃんの瞳は悪い方も良い方も
私には美しい蒼い瞳に見えるよん!

Re: おこた
ナレイ
はい勿論手作りです。
ネットでわざわざ買って、入ってくれなきゃもったいないもの。

ダンボールで作りました。工作は苦手だけど。
ツイッターに骨組みから載せているよ。

熱源はホットカーペット。
つまり片面つけっ放しにしているので、
これと加湿器で電気代が跳ね上がりました・・・

とにかく加湿器のせいで1万2千円・・・仰天しました・・・



Re: Re: そうだね
ナレイ
悪い方の目も

澄んでるんだよね。


あの目、大好き!


(^^ゞ
なごやん
ラジャー!
猫用コタツでグーグル先生に聞いてみる。

Re: (^^ゞ
ナレイ
> ラジャー!
> 猫用コタツでグーグル先生に聞いてみる。

そうしてみて。
私のところからも見れるけど
皆さん凄い木材使ってすばらすぃ~の作ってる。

段ボールでじうぶんよー


コメントを閉じる▲