ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
もう30年以上、精神科の病に苦しみつづけて来ました。

そこで私が思いついたのが

詩 という表現方法で
自分の苦しみ、悲しみを綴る ということでした。


皮肉なことに

より苦しいとき、より悲しいときに
私の中に、様々な言葉やフレーズが浮かぶのです。

そんな負の感情を「詩」として、
この場に吐き出しています。


当然のことながら、出来上がった詩は
その殆どが ネガティブ です。

でも、そのままでいいんです。


無理にポジティブになる必要はない。
つらいときはつらいまま
悲しいときは、存分に悲しんで
それらの感情を「なかったこと」にはしない、

ひとは、とかく「いつまでも悲しんでいてはいけない」
と思いがちですが、
悲しむということ は、実は己の成長のために
非常に大切な心の働きです。

私は、病気と無理に闘って克服するより
上手につきあって行きたい、

そして無駄な努力をするのはやめて
今の自分の現実を受け容れて、あきらめる生き方をしたい
「ネガティブのままでいい」には、そんな意味が込められています。

この場は、私の感情の吐き出し場です。
しかし同時に、私の文章は、拙いながら
「詩」という創作でもあります。
私が吐いた感情を、深いことばとして紡ぎ、様々な表現として
この場にひと粒ひと粒、零して行くことができたら、と思っています。


現在、片目の白猫と二人暮らし。
この白猫は、都内のある保護シェルターから里親として引き取って
その毛色から 絹 と名づけました。
絹は、右目が悪いです。
目の瞬膜が、眼球に癒着しているため、あまりよく開きません。
でも、私は、絹の その目に惚れました。

既に犬6頭、猫3匹を見送っています。

また、絹は体が弱く、生まれつきの猫ウイルス性鼻気管炎で、
様々な症状に苦しめられて来ました。
絹には、死ぬまで、毎日、一生
欠かさず服用しなければならない薬が、4種類あります。
この薬で、絹の「げんき」は保たれています。

でも、ケモノはどんなに苦しくてもただ「生きる」。
その姿は、人間より立派だと思っています。


日々の溢れる感情や、愛しきイヌネコへの思いを
詩や散文に綴っています。

興味のある方は、是非お立ち寄りください。



きぬ携帯画像179修正版

げんきちゃん!なときの絹のお顔です。



こちらはトップページです。(だって何かいつもの記事みたいなんだもの~



・新着記事はこの下からお読みください。

・興味のある記事がございましたら、カテゴリからお入りください。

・好評だった(?)記事をお読みになりたい方は、
「拍手の多かった記事」からお入りください。
(ていうか、私が読んで頂きたい記事 というのがここです)

・アップしたものの、気に入らない記事は、数日で削除致しますので
ご了承ください。





スポンサーサイト

FC2blog テーマ:お知らせ - ジャンル:小説・文学

【2030/04/01 00:03】 | ご挨拶
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
冬の風が 木々を揺らしたり

太陽が

その手を 長く伸ばしていたり

鳥も人も

暖を求めて 日なたに集まったり







女子高生たちが 笑い合ったり

私が 休憩中に

煙草を吸いながら

猫の死に まだ泣いていたり

どこかで 人が死んだり

遠くで誰かが 悲しんだり






そういう 日々の営みの連続が

もしかしたら 

生きることなのかも知れない






季節が 巡ったり

空が 青かったり

そういう 自然の作り出す景色が

繰り返されることが

もしかしたら

生かされることなのかも知れない






どんなに辛くても 苦しくても

そういう自然や

街の出来事に

生かされるしか

ないのが 人間なのかも知れない


フリー画像・風に揺れる麦







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/04/20 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
死にたいまま 目覚めて

死にたいまま ご飯を食べて

死にたいまま トイレに行って

死にたいまま 眠りに就いて






死にたいまま 

それでも

生きるしかないことを

空が

草木が

春が

私に 告げている





いのちの前で

なぜ という問いは

立たないことを知っていて

なぜ と問わずにいられない




なぜ の問いに

がんじがらめになりながら

それでも

生きるしかないことを

残念ながら

知っている





なんて

なんて 残酷な

それでも

生きるしかないことを

残念ながら

知っている


フリー画像・セピアな春







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/04/19 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
ゆりかごに 揺られながら

遠くの死を

見つめていたの




ママの手に 抱かれながら

遠くの死を

見つめていたの





おともだちと遊べなくて

おきょうしつの隅っこで

遠くの死を

見つめていたの





小学生になって

おともだちができて

お人形さんごっこをして

遊びながら

遠くの死を

見つめていたの





何をしているときも

いつでも

どこでも

遠くの死を

見つめていたの





遠くの死は 私に

誰かと 

つないだこの手が

いつ消えるのか

わからないよと 教えたの






あの子の傘に

死を 見たの

あの子の 帽子に

死を見たの





ずっと ずっと

遠くの死を

見つめながら

育ったの

myrtle-beach-pier-sunrise-pier_19-138233.jpg







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村


FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/04/18 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
はしゃぐ白猫

やまぬ いたずら

小さき春




白猫という

小さき春の 体温が

死んだ心を

暖める





小さき春が

走る 走る

死んだ心に

息を 吹き込む





無邪気で無垢なばかりの

目で

小さき春が

じっと私を 見上げてる






忘れたはずの

いのちの温もり

思い出す





それはまるで

春の奇跡






小さき者の

花のように

きらめく いのち



きぬ高橋さん撮影1・縮小版







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/04/17 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |

何故か
なごやん
この詩を声を出して読むと
泣けてくるんだ。

Re: 何故か
ナレイ
なごやんさん

ありがとう。
絹のことを書く時だけは、

私はいつも、人間らしい心が戻って来るの。
何ともあったかい心が戻って来るのよ。


コメントを閉じる▲
【昭和20年、3月10日 また空襲に襲われました。
私は13歳です。
本所区(現・墨田区)に住んでいた私の家は、
直撃されて、父と母と弟二人、家族で逃げました。

空を見ると、真っ黒い焼夷弾が、
幾つも幾つも雨みたいに降って来るんです。
火の海の中、家族で必死に逃げました。

黒焦げになった死体が、
道いっぱいに転がっていて歩けないくらいでした。
母は
「なむみょうほうれんげきょう、
なむみょうほうれんげきょう」と
言ひながら、
その死体を足でどかしながら歩いていました。

隅田川は、もう川ではなくて、
死体の山になっていました。

「おキヨ、オレたちはもうダメだ~~」
と怯える気の弱い父に
「あんた!しっかりしとくれ!」
と母は気丈に振る舞っていました。

被服廠(ひふくしょう)に逃げれば大丈夫だ、
と近所の人たちが言っていましたが、
関東大震災を経験していた母には
カンが働いたのでせう。
「被服廠は危ないよ!」と言ひ、
私たち家族は、みんなが避難した被服廠ではなく、
小さな神社に逃げ、家族5人で隠れていました。

そのとき思わず私は
「金紗(きんしゃ)の着物が焼けちゃう!」
と、大事にしていた着物のことを思ひ出して
叫んでしまひました。
すると母は、それを取りに家へ戻って行ったんです。
火の海になっているはずの家へ。

・・・・私は、なんてことを言ってしまったんだらふ、と、
とても後悔しました。
着物なんかで、
母がもし戻って来なかったらどうしよう、と。

10分経ち、15分経っても母は戻って来ません。
とてつもなく長い時間に感じられました。
私は不安で不安でたまりませんでした。
幼い弟は
「おかあちゃん、帰ってこねえや!トミエねえちゃんのせいだ!」
と、泣きながら私を責めました。

私は、そのとき覚悟を決めていました。
「私が親代わりになって、弟たちを育てて行くんだ」と。

20分くらい経ったときだったでせうか。
母が、全身ススだらけになって、金紗の着物を抱えて、
帰って来たんです。
弟は「おかあちゃん帰って来た!」
と大喜びで叫びましたが、
私は、言葉が出ませんでした。

ただ、「帰って来てくれた・・・お母さんって強い人だ。
私も、お母さんのやうな人になりたい・・・!」
そう、心の中で強く思っていました。

金紗の着物を抱えて立っている母は、
本当に頼もしく見えました。】

これは、母から何十回となく聞かされた話なので

もう見える。

小さな神社の佇まいから、
経験したこともないはずの焼夷弾の雨、黒焦げの死体、
それらの光景が、あたかも自分で経験したことのように、
くっきりと、鮮明に見えるんだよ。

だから私は、戦争体験者の気分 にときどき陥るんだよね。


関東大震災、東京大空襲を経験したおばあちゃん、
明治・大正・そして激動の昭和を生き抜き
幼い頃から、苦労の連続だったおばあちゃん。

私は東日本大震災で、都心でも電車が激しく揺れたとき
真っ先におばあちゃんを思い出したよ。

今もこうして、目を閉じれば
3月10日の、あの日の光景が見える。

おばあちゃん、安心して。
私の記憶の糸は、亡きおばあちゃんから、
亡きお母さん、そして私へと
しっかり紡がれているよ。

会いたい。
優しいけどすぐ怒る
人間臭い、何とも人間臭い おばあちゃんに。


フリー画像・古い時計







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/04/16 00:03】 | 震災に思う
トラックバック(0) |
我がセラピスト・ハッチは、
毎回私の話を聞く。 50分間。

私は言いたいことを言う。

一人では過ごせないんだと。
この苦しみから解放されたいと。
死にたいんだと。
ハッチは最近、全然共感してくれないじゃないか!と。

この時間内では、
頭に思い浮かぶことは何を言ってもいい
その代わり時間厳守。
当日キャンセルは料金を支払う。
プライベートでは一切関わりを持たない。
それがルール。

ハッチは、そんな私の話にまさに 傾聴 する。
彼のパソコンを打つ音の速度で、
そのときの話の重要度が私に伝わる。
(寝椅子なので、ハッチの表情を私からは見られない)
勿論、くだらない話をしても構わない。

でも、ハッチは常に、私の苦しみ・訴えに対して
解決策 を与えてくれないことのほうが多い。

むしろ、私にに素朴な疑問を投げかけて来たり
示唆を与える言葉をくれる。



その、ハッチの深い言葉から、
私自身の深層、問題点が見えて来る。

その作業は、まるで 
もつれてもつれてもつれきっている糸を
いきなり引っ張るのではなく、
少しずつ、ゆっくりと、
一個一個のもつれをほどいていくような、
心の奥底につかえてる塊を、
ゆっくりと少しずつ溶かしていくような、
そんな優しい、けれど果てしなく根気の要る作業に思える。

そして、解決策は、私自身の中にあり、
ハッチは常にその 解決策 に至るまでの 糸のもつれを
決して急いで引っ張ることはしない。

硬くなった塊、細かいもつれ、沢山のもつれを、
一個、また一個とほどいて行く。 溶かして行く。
何年かかっても。

いきなり引っ張って、ちぎれることのないように、
いきなり入り込んで、壊れることのないように、
やたら、いじることはない。
クライアントが自ら気づくまで 待つ
というのは、口で言うほど、たやすいことではない。
(とか、他人事みたいに言ってる場合じゃねえけど~)


それでも
ハッチは、ずっと待っていてくれる。
見守っていてくれる。

まるで
春の花の花びらが
一枚一枚開くのを 見つめるように
待っていてくれる。


フリー画像・カクテルグラス







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/04/15 00:03】 | 精神療法
トラックバック(0) |
居酒屋バイトの頃書いた日記です。

私は常にお客さんに助けられとることを実感できた、
貴重な半年間でした。辛かったけどね。


かなりきているらしい、今の私・戦場のハコビーナ。

もうマジ軍隊と一緒!
私は人間扱いされてないし
混んでるときはクソ店長の怒鳴りもヒートアップ。
私はまるで粗大ゴミ。

いつでもどこでもみんなにバカにされ、
ハケグチにされることに限界が来ているようで。

今日、初老のご夫婦のお客さんがいた。
そのテーブルに料理を運んで行ったら
奥様が
「あなた感じいいわねえ、いつも笑顔で。大事なことよ」

そう言ってくれるお客さんはとても多く、
いつもおおきに、と思っていたのだが、

今日は
「ありがとうございます。
私、お客様にそう言って頂けることだけがもう救いで。
お客様にお話するようなことではないんですが、
まだ慣れなくてミスしたりして至らずに、いつも申し訳なくて、、、」

とか話しているうち、
なんか日頃の余りのゴミ待遇の中でこんな風に言ってくれるんだ、、
と思ったらこみ上げてくる感情を抑えきれなくなり、
ボロボロ涙を零してしまった。母親が死んでも泣けない私が。

泣きながら
「申し訳ありません、お客様の前でこんな涙を、、、」
とか言いつつも涙は止まらない。

その奥様
「わかるのよ、私も昔こういう仕事してたからね、大変でしょ?
でもあなたエラいわぁ。ほら、今だってこうやって
ちゃんと相手の目を見てお話するでしょ?ねえ」

と、ご主人に話しかけ。
するとご主人も
「そうだよ。ミスしたって、あなたがやってることはいちばん大事だよ」
と言ってくれて。

奥様
「あなた、そんな、泣かないでよ。私まで涙出てきちゃったじゃない」

そう言って、一緒に泣いてくれた。

ご主人も、目を潤ませてくれて。

泣きながら、一生懸命涙を拭きながら
「ほんとに、ありがとうございます。お客様のそういう言葉に、、、
助けられているから、私は、、働けているんだと思います。
ほんとに、ほんとにありがとうございます。是非またいらして下さい」
そう言った。

奥様は
「あなたがお嫁に行くまで来るわ」
そう言ってくれた。

戦場の中で、出会った天使。



ビー玉縮小版







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/04/14 00:04】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
ちいさい

ちいさい いのちたちが

戻って来るよ

夏の 宵





お前たちが

迷わないで

ちゃんと 戻って来られるように

お迎え火代わりの

アロマキャンドルに 火を点けたよ

線香を あげたよ






お前たちは 猫だけど

人間と 同じように

戻って来ると 思いたい





でも

そうだね

お前たちは

お星さまになったから

夜空いっぱい 広がってるね

お前たちは

土に帰ったから

大地いっぱい 広がってるね





お星さま なんて子供だましみたいなのに

お前たちの 愛苦しさが消えたなら

それは本当に

お星さまになった としか思えなくて





ちいさい 

ちいさい いのちたちが

おおきい

おおきい 宇宙になった

ちいさい

ちいさい いのちたちが

おおきい

おおきい 大地になった





ちいさい

ちいさい いのちたちが

いついつまでも 愛しいよ





ちいさい

ちいさい いのちたちが

戻って来るよ

夏の 宵


あの子たちのお墓

うちの子たちのお墓は、いちばん手前。
犬6頭、猫3匹が眠っています。
いつかは絹も、ここに入ります。






ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/04/13 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
不安よりも何よりも
「独り を感じたくないみたいだね」
と セラピスト・ハッチによく言われる。

確かにそれはその通りで

昨日知人と話していて、そんな自分の問題が
ふとしたきっかけから、

海の底に沈んでいた藻屑が
ぼろぼろと浮いて来るみたいに見えた気がした。

そしたら少し 楽になった。


今回ちょっと、いや、かなり大がかりなことを
一人でやらなくてはいけなくなって

またいつものように
自分は孤独だ独りだと 言っていたけれど

日常の、物理的なことは
例えば一人暮らしの人なら
誰だって一人でやらなくてはならないに決まってる。

んー・・・何だろ・・・例えば

毎日仕事してて、
代わりに行ってくれる家族はいないけど
何か役所とかの手続きをしなくてはいけないとか。

大なり小なり、そんなのみんな同じじゃん?

家族がいる人たちを、何でもかんでも羨ましいと思ってるけど
そんなに良いと思うような家族ばかりじゃないしね。

独りを感じたくないんだよ。
でも大がかりなことを一人でやる、と思うと
独りを感じるので、こんなに憔悴してんだよね、
バカみたい。


一人をちゃんと感じて 初めて
誰かと一緒に生きて行ける。


そこから目をそらして
感じないようにしている私は
だからいつも一人で生きるしかないんだよ。

人間は皆一人だよ。
だけど、皆誰かに助けられて生きている。

私も、誰かと一緒に生きてみたい、
だったらちゃんと、
一人 を感じないといけないんだよね。


ありがとうハッチ。

自分の病理が 薄皮を剥ぐように
僅かだけれど
今回は、ちゃんと見えたよ。

生きることを、苦しみにしてしまうのは
この世の中でも社会でも、他人でもなく
他でもない、自分自身なんだよね。

lonesome-walk-walk_19-103943.jpg







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/04/12 00:03】 | 深層心理
トラックバック(0) |