FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
身の置き所がない

身の置き所がない






いちょうの木は

ただ 黙って

ひとつところに

何十年でも

立っているのに





激しい雨に さらされても

冷たい風に 煽られても

凍てつく冬の痛みの日でも

ぎらぎら太陽 夏の陽射しも

春の日も

秋の夜も

いちょうの木は

ただ黙って

立っているのに





あなたに 

気づくことさえなかった

あの頃から

ずっと

いちょうの木は

黙って

見ていてくれたのに




私の この一瞬も

一生も

きっと変わらず

黙って

見ていてくれたのに



forest_2805996.jpg













ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/12/29 07:19】 | 雑感
トラックバック(0) |
吐く息の白

冬の色





枯れ葉を踏む音

冬の音





曇ったガラス

冬のしるし





木枯らし吹く街

冬の香り





私の苦しみ

冬の仕打ち





私の悲しみ

冬の仕業





堕落さえ させてもらえぬ

冬の 呪縛


灰色の海







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2018/12/19 00:03】 | 雑感
トラックバック(0) |
・健康に過ごせるということ

・雨露の凌げる家があるということ

・三度のご飯が食べられるということ

・ガス水道電気が使えるということ

・陽に当たれるということ

・二本の足で歩けること

・眠れるということ


♪なんでもないようなことが
しあわせせだったとおもう♪

そんな歌があったけど、本当にそう思います。

一見当たり前のことは、失ってみて初めて
なんて幸せだったんだと思えます。

精神科の病歴が長い私ですが、
体だけは、ずっと丈夫でした。
ところが、一週間ほど前から体調を崩しました。

大した病気ではありませんが、
私にとっては、いつもと違う、何とも不快な症状に悩まされて、

改めて、健康な体を持ってるって大事なんだなあ・・
そう実感しました。


私の精神の病に、完治はありません。
だから、健康な人とはやはり全く違う、苦しみを抱えています。
・眠れること
私はこれを奪われて、毎日を過ごしています。


だから、体が丈夫なことなんてべつに・・
くらいに思っていました。

いやあ・・・でも、
体のどこも痛くない、風邪も引かず、
インフルエンザなどとも無縁。
20年以上、高熱も出していない、この丈夫な体。

その体が、どれだけ有り難いことかと
束の間、失ってみてわかりました。

人間は、愚かです。
当たり前の大事なものを沢山持っているのに、
そんなことをすっかり忘れて、悩んだり不満ばかり言う。

ケモノは、やはり立派です。
具合が悪くなっても、それを受け容れて
不満も言わず、生きるのだから。

幸い、体の病気のほうは治るので、
治ったら、この健康な体、大事にします。

私は、愚かです。








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/11/08 00:03】 | 雑感
トラックバック(0) |
ジュリーがライブをドタキャンして
囲みの会見で
「0からスタートしたい」みたいなことを
確か言っていて思ったこと。

べつにジュリーが0からスタートしようと
再スタートしようと、それは良いけど


私は、医学の進歩って残酷でむごいと思えて仕方ない。


医学の進歩の負の側面を、誰も思わないのかなあ・・・


寿命を、ただ延ばせばいいってもんじゃない。

人生80年が、
もうそろそろ 人生100年時代になるんじゃ・・
と思うと恐ろしいよ、私は。

寿命がこれだけ延びたから、
みんな「第二の人生」とか「再スタート」とか
そういう言葉で合理化するしかない訳でしょう?

私は、一度0から再スタートした。

生きているだけで頑張ってるのに
一体人は、何度再スタートすればいいの?

もう疲れたよ・・・

56才。
一体あと何十年生きたら赦されるのか。


だんだん一人でできないことが増えて行く
足腰が立たなくなる、
転倒する→大腿骨骨折→寝たきりになる(これ、定番)
疎まれる・・・・・・・・・。

そうなるかも知れないと思うと
恐ろしい限りだよ、私は。

私は、特養勤務が長かったから、
沢山のジジババを看て来たけど・・・・・・・・
家族が面会に来る人のほうが、圧倒的に少なかったよ。
「死にたい」としょっちゅう言ってるばあちゃんもいた。

私は、そのばあちゃんに、
「そんなこと言わないで長生きして!」とは言えなかった。
そういうばあちゃんの話、とことん聴いてあげたい、
そう思っても、1フロア26床、実質22~23人の利用者を
ほぼ一人で看るしかない夜勤では、それも無理。

私はいつも葛藤を抱えてた。



一億総活躍社会 とか勘弁してよ。
年食ったらのんびりと、
ただ自分の好きなことしていたいんですけど?

とにかく


これ以上寿命ばかり延ばさねでくれよ!
もう疲れたよ!









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/10/23 00:03】 | 雑感
トラックバック(0) |
今日は、また俗人・樹木希林記事、
何だかんだ言って散々書いてる私~

以下はあくまで 私見です。


やっぱ読み手の方々にどう思われても
私は自分の本音を綴るほうが楽だわー


人間、亡くなると誰でも美化して語られるものだけど
んもう~~~とにかく希林さんは 別格 なんだもの~

変人だった ってだけでしょー?
いやべつに私も希林さん嫌いじゃないです。
どっちかってえと好きだけど、
そんなねえ、特別な人とは思えませーん。

何だっけ?
「独特の死生観」「独特の人生観」?
「実に自然な生き方」「生きた仏さま」?

もう美化し過ぎ~~

私には、むしろ彼女は「不自然」に映りました。
前記事にも書いたけど、言ってることとやってることが
矛盾してるんだもん。

「生も死も日常」
「自然に逆らわない」「病気を面白がる」
「死ぬまでのゴミはなるべく少なくして」
みたいな言葉・・・・・
言葉は巧いよねーと思う。


しかし実際は
・裕也さんに凄まじい執着
・豪邸住まい
・金勘定は相当しっかりしてるらしい
・不動産にこだわる

え?ぜんぜん!ちげーじゃないっすか?

自然?いやいやあ・・・不自然で
とても自己顕示欲の強い人に見えました。

「45年間、別居のまま夫婦であり続けた
お二人の絆が@@@@@@@@」とか言われてるけど、

絆も何も、希林さんが一方的に執着してただけに
見えますたけど?私には。
でもそこは、やはり別居とは言え、長い関わりになりゃあ
裕也さんにだって、彼女に情も湧くでしょう?
そういうことなんじゃなーい?


「全身がん」と言う名の癌はないです。
癌には必ず「原発巣」(げんぱつそう・最初に癌になった臓器)
があるんです。

金はあるから、保険適用外の治療を受けてたらしい
だから元気だったんだ
という話も。事実はわからんけど。

あとナンだっけ?裕也さんに
「お前なあ、孫もいて女優もできて、
そんな幸せな人間はいないぞ」と言われたと
仰ってました。
ご本人も「畳の上で死ねそうだし」とか仰ってました。
なんで?!達観した人間に
そんな世俗のことが、なんで?重要なんですか?
かんけーないでしょ?そんなこと。

金もなくてボロい服着て、周りからは
いかにも不幸に見えても、
本人の心が楽でいる、そのことのほうが大事だと
私には思えますが。

まあ希林さんの特有のレトリック、そっちのほうが
よほどお見事!ですよ。
あのレトリックで周囲を洗脳、失礼、
納得させちゃうんだから。

ただね、人はバカじゃないから
本当に希林さんが、レトリックだけの人間だったら
これほど愛されることはなかったでしょう。
やっぱり、人間としての魅力がないと、
こんなに愛されません。それはわかります。

実際に関わってみるとわかる魅力っていうのも
あるんでしょうしね。


さいなら、希林さん。
もうあの世ではそんなに喋らなくていいからね。

「裕也さんを好きで好きでどうしようもないのよ~」
と、いろいろ理屈をこねずに、
もう素直に端的に言って良いからね~







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/10/02 00:03】 | 雑感
トラックバック(0) |