ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
ある方のブログ記事の内容に
とても共感したんだけど、
コメントができないので自分ちで書く。


苦しいとき、つらいときに
わざわざ、傷口に塩をすり込むみたいに
やたら「頑張って」とか、「逃げちゃダメ!」とか

とにかく「励ますのが好きな人たち」の
何と多いことか・・・・・。

良かれと思って言ってるのはわかるけど
本人としては、もう十分頑張ってるから苦しいのよ。

なのに「もっと頑張れ」みたいに励まされると
物凄く本人は傷つく。

励ますのが好きな人たち は
どうもそのことが全くわかっていないらしい。

「頑張って」とか「もっと前向きに」
とかと言うのは簡単だからね、安易にそう言う言葉を
使いたがるんだろうね。

苦しんでいる人に必要なのは
「激励」ではなくて、「見守り」なんだよね。
でも、「見守り」というのは
実は、非常に難しくて、根気のいることなの。

悩んでいる人というのは、
何とか、その解決策を求めているように思えるけれど、
ただ話を聴いて、解決策を提案するのではなく
その悩みに共感するだけで、とても安堵するものなの。


私は、相談されても、絶対に「頑張って」とは言わない。
強引なアドバイスもしない。
まあ一応、わたしPSWなもんで、
その辺は当然わかってなきゃいけないし。
と言っても、名ばかりのPSWだけど・・・・。

例えば、悩む人の話を聴くとき、
悩んでいると、論理的な思考ができなくなるから
その混乱した頭の中を整理するように
「そっか・・・つまりあなたはこれこれこういうふうに思っているんだよね」
と、悩みの内容を明確に整理して言葉にしてあげるだけで、
悩んでいる人は、驚くほど安定したりする。
自分の間尺だけで、妙なアドバイスをしたところで
その人は、余計に傷つくだけだから、
「ああしたら?」「こうしたら?」とも言わない。


「励ます」のは、他人事で簡単なことだけど、
「見守り」は、話を聴きながら、
その人が、自分で解決策を見出すまで、
いや、たとえ解決に至らなくても、
悩む人の気持ちに沿って、
その人が自ら新たな道を見つけ出すまで待つこと。

だから、とても難しいし、根気のいることなの。

だけど大切なのは、「安易な励まし」ではなく
「本当の見守り」なんだよね。

ネガティブで何が悪い?








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/03/29 00:04】 | PSW(精神保健福祉士)
トラックバック(0) |


sado jo
マジで落ち込んでいる人を励ますのは、毒にこそなれ、何の慰めにもなりません。
そんな行動しか出来ない人は、ギリギリの体験をした事がない人だと思います。
或いは「触らぬ神に祟りなし」で、他人の深い傷に関りたくない傍観者かも知れない。
一緒に泣いてくれる人は、本当に人間が分かっている人だと思いますよ。

Re: sado joさん
ナレイ
コメント、ありがとう。

この内容を短く、詩のように書いてた人がいて、
その人にコメントしたかったんだけど、
アメブロって、アメブロ会員しかコメントできないのね・・
残念だったわ。

そうね、励ます人って、結局、

>ギリギリの体験をした事がない人だと思います。
これなんだろうね。

だから、何を言ってあげたらいいのかわかんないんでしょう。

辛い人、苦しんでいる人の前では、
何も言わなくてもいい、
ただ、一緒にそばにいてくれるだけでいいんだけどね。

自分に経験がないから、
何か言わななきゃ=頑張って!=元気出して!
みたいになっちゃうんだろうねえ・・・・。

私は、友達に相談は基本しないけど、
悲しかったこととか、苦しんでいることとか、
話 としては、話すよね。親しければ。

確かに、私の数少ない友人は、人間がわかっている人だと思う。
やたら励ますことなんかしない人たちだよ。





コメントを閉じる▲
久しぶりの友人からメールがあったので
「猫3匹立て続けに亡くしました」と返信すると

「そんなことがあったんだ?大丈夫?
今『抱きしめたい』を再放送でやってる!」と返信。

まるっきり 他人事・・・・・


この世には 
ありとあらゆる悲しみがあるけど
悲しみの度合いを測るキカイなんかない。

その人にとって 
大したことでなくても

私にとっては
深い悲しみであることもある。

同じように

私にとって 
大したことでなくても

その人にとっては 
深い悲しみであることも。


それを忘れたくないなあ・・・と思った。


共感する と言うのは
実は、物凄く難しいことなのだけれど

せめて 想像力を働かせて
人の苦しみ、悲しみに

沿っていける自分でありたい。


悲しみに沿う

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ


FC2blog テーマ:散文 - ジャンル:小説・文学

【2013/09/20 04:12】 | PSW(精神保健福祉士)
トラックバック(0) |
狂った彼女に言葉を尽くす

彼女はまるで寄せつけず

鋼のように跳ね返す

その滅裂な怒鳴り声が

ひとりで寂しい・・そう聞こえる

やがて瞳からぽろぽろ涙

彼女の心に深く積もっていた根雪

心の根雪が解けた夜



ミカさんの悲しみ

fuyu_033.jpg

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ


FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2013/03/17 03:24】 | PSW(精神保健福祉士)
トラックバック(0) |
昨日、遺された家族の方から電話をもらった。
一緒にいて下さって心強かったです
とのことで、心底、良かった・・・と思った。

一人きりで骨を拾うことほど切ないものはないからね・・・。
私が行かないと、その方はそうなってしまう状況だったから。

あまりいつまでもメソメソしてちゃいけないのですが・・
と、仰っていたので
メソメソして良いんですよ。今は沢山メソメソして下さい
と応えた。

そして、
また話相手が必要なときは、いつでも言って下さいね
と付け加え、電話を切った。

春真っ盛りの空の下、
悲しみの中にいるその人を思った。

FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2012/05/26 05:31】 | PSW(精神保健福祉士)
|

頑丈な松葉杖
ホヌ
見えない部分を見せられる相手って限られている。

「これは甘えじゃないだろうか」と自問自答しながらも、「やっぱりお願いしてみよう」と言うことにも 少し勇気が必要だったりもする(私の場合)


そんな 見えない部分の「松葉杖」になってあげられたナレイさんは 「気持ちの側近」だと思いました。

しかも 相手さんにとっては、かなり頑丈な松葉杖・・・


そんな存在って、居てほしい・・・と「考えて」現れるものでなく、「なってあげたい」と思って なってあげられる存在ではないから。

すごく すごく 温かいもの。

すごく すごく 深い御縁だわ・・・


Re: 頑丈な松葉杖
ナレイ
ホヌさん
コメント、ありがとう。

その方のことは、以前から
こういう事態になったら一体どうなっちゃうだろう・・
と、気にかけてました。

そしたら、余りに突然の知らせ・・・。
ただ「・・・・来てくれますか?」と。
消え入りそうなその声に
私としては何を置いても駆けつける・それしか頭になかったです。

>そんな 見えない部分の「松葉杖」になってあげられたナレイさんは
>「気持ちの側近」だと思いました。
ありがとう。そんなふうに言って頂いて。

そんな大きなお役目は出来なかったとは思うけど

ただ、一人で骨を拾う これほど切ないものはない・・・

これに近い経験をしたことのある私は、
これだけは避けたい・・・!と思ったんです。
火葬される罐の前では、せめて私がいるだけでも違う・・
その一心でした。

その思いが、通じたなら、
私も心底
あのとき、一人にならずに済んで本当に良かった・・と思えるのです。



コメントを閉じる▲
浅い夢の中で見るのはいつも
生き生きとした私。

空を飛ぶのも久しぶり。
そうそう。
上空2000フィートくらいから飛ぶと
そのままぐんぐん飛べるんだったっけね。
どこまでも。

何故ひとは皆、空に憧れるんだろう。
空を飛びたい、と思うのだろう。
あの空に。

目を醒ますと、いつもの朝。
いつものように顔を洗い、歯を磨き
いつものように着替えて
いつものように長い時間を過ごす。

今日は、
息子さんを亡くしたばかりで悲しみの渦中にある人の元に向かう。
昨日
「・・・・・来てくれますか?」と
消え入りそうな声で言われ
「お伺いします」とだけ応えた私。

そんなときはいつも、自分の無力を感じるけれど
せめてその人のそばに寄り添って
ただ話を聞くことだけでもしたいと思う。

無力な私だけれど、
ひとの深い悲しみを癒せるのは、
やっぱり
ひとしかいないから。


悲しみ、苦しみ、怒り
ひとの負の感情と向き合うのが
PSWの仕事。

自分のハンディを抱えたままであっても。

FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2012/05/18 06:14】 | PSW(精神保健福祉士)
|


ホヌ
こんばんはナレイさん。
今日も、「想い人」だったのですね。

ナレイさん、ナレイさんは無力なんかじゃない。 絶対にない。

>せめてその人のそばに寄り添って ただ話を聞くことだけでもしたいと思う。


ご遺族の悲嘆の深さは計り知れない。
そして、慰めて欲しい訳でもなく、泣いて欲しい訳でもなく、ただ ただ 「想いの丈」を聴いてくれ、受け止めてくれるだけで どれ程楽になれるか。

後々の 再出発にも影響する、とても大変なお役目です。 (これは、釈迦が本来していた行いと同じ行いですよ)


>自分のハンディを抱えたままであっても。


ナレイさんは ご自身のハンディの苦しみと引き換えに、ご遺族の内に秘めるハンディをフラットになさっておられるんですね・・・

そして、もしもナレイさんにそのハンディが無かったなら、今のナレイさんは居なかったのでしょうね・・・

そう考えると、やはりすごいことだと・・・。


私なら ナレイさんの様な 嘘のない方に、大切な時を共有して頂きたいです。


Re: ホヌさん
ナレイ
おはようございます。になってしまいました。
コメント、ありがとう。

「想い人」
そう、昨日も一日、様々な思いが去来しました。

ご遺族は、まだまだ張り詰めていて、
実感が湧かない様子でした。
全て終わってからが、辛い時間になる・・と思えました。

それでも「来てくれてありがとう。とても頼もしかった」
と言ってくれました。

少しでも役に立ったのなら良かった、と思ったけれど
やはり、私は無力です。
と言うか、悲しみに寄り添って行くことの大切さを感じながらも、
自分に出来ることは限られている、と知ることが大事なのだと思っています。

> そして、慰めて欲しい訳でもなく、泣いて欲しい訳でもなく、
>ただ ただ 「想いの丈」を聴いてくれ、受け止めてくれるだけで どれ程楽になれるか。
そう。無駄に言葉をかけたり、励ましたり、泣いたりするのではなく、
悲しむ人の前では、常にこうありたい、と私も思います。

> ナレイさんは ご自身のハンディの苦しみと引き換えに、
>ご遺族の内に秘めるハンディをフラットになさっておられるんですね・・・
無自覚だけど、もしかしたらそうなのかも知れませんね。
遺族や悲しむ人の前で、私は、なんと言うか・・・・・
昔から、静かな共感 のようなものを覚えます。

> そして、もしもナレイさんにそのハンディが無かったなら、
>今のナレイさんは居なかったのでしょうね・・・
そうかも知れません。
そう考えると、「こんな病気にさえならなかったら・・!」とさんざん思って来た
若い頃の自分がウソのようです。(笑

> 私なら ナレイさんの様な 嘘のない方に、大切な時を共有して頂きたいです。
ありがとう。
楽しい時間を共有することはたやすいですが、
悲しい時間を共有することは難しいです。
でも、悲しい時間を一人で過ごすことほど切ないものはありません。

悲しい時間・大切な時間・だからこそ、
共有したいと思いました。
五月の空に逝った人を、一緒に見送りました。

コメントを閉じる▲