ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
知 という鎖に

縛られている限り

苦しみつづける





もう30年前に

気づいた 事実





明けない夜を

幾晩も 呼吸しつづけ

暖かな 春の風に

よけられて

寒さの冬を 歩きつづけた





この鎖さえ 

ほどけたなら

私は 楽になれるのに





知 の鎖を ほどいて

感情の 大海原に

出られたなら

私は 解放されるのに






わかっていても

気がつくと

私は

知 の鎖で

自らを 縛ってる





錆びついた鎖が

余計に体を

絞めつける






この鎖さえ 

ほどけたなら

感情の 大海原に

出られたなら

私は 楽になれるのに


フリー画像・闇に見える扉








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/09/07 00:03】 | 深層心理
トラックバック(0) |
自分が

どんなに病んでいても

たとえ歪んだ心でも

どんな自分であっても

その心の奥底を

理論で 

いじるのではなくて






どんな自分のことも

ダメな自分も 醜い自分も

その 丸ごとを

ちゃんと 

腹の底から 感じて

引き受けてあげられる

自分でありたい







星のない 闇空に

涙しても

秋風に 震えても

そのままにいられる

自分でありたい






幾つもの 雨粒が

ただ

土に 染み込んで行くように

空の雲が

ただ 流されて行くように





絶えず 変わって行く

自分を

そして

目の前の あなたの丸ごとをも

引き受けてあげられる

優しさを

持っていたい






本物の優しさは

わたしの心も

あなたの心も

そのままに

受け容れることから

始まるのだろう





ほら

もう 日が暮れる






沈んで行く太陽を

焦って 追うことなく

静かに見送ることのできる 心は

やがて

楽 へと

つながるのだろう



フリー画像・キャンドルのともる部屋








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/09/03 00:04】 | 深層心理
トラックバック(0) |
痛い

痛い

日常が 痛い






痛い

痛い

現実が 痛い






何事もない 日常のはずなのに

なぜ

私の心は いつも

戦時下のように

血が 噴き出るの?

なぜ

私の心は いつも

死と向き合っているの?





私の日常に

平穏の風が

吹くことは もうないの?





周囲を見回しても

喜びや 楽しさは 見えない

ただ 黒い雨が降る

黒い雨が

黒い雨が








痛い

痛い

日常が 痛い






痛い

痛い

現実が 痛い



フリー画像・女のシルエットと光










ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/08/31 00:04】 | 深層心理
トラックバック(0) |
「わたし」が ここに

いられるのは

「あなた」が ここに

いてくれるから




もしも「あなた」が

いなくなったら

「わたし」は 

「わたし」でいられずに

消えて なくなってしまう




そんな 

一人立ちできない私を

あなたは いつも

見守ってくれる





暖かな 風が

この髪を 揺らすように

朝 一枚一枚

静かに 開く

花の 花びらのように

あなたは 私を

見守ってくれる






広い広い視野から

些末な 私を 

決して

とりこぼさずにいてくれる





そんな あなたの視線は

まるで

街中を 染める

夕陽のように

優しい




まるで

アリアの調べのように

優しい




フリー画像・夕陽








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/08/10 00:04】 | 深層心理
トラックバック(0) |
私の見ている

空の青と

あなたの見ている

空の青は

きっと ちがう




私の見ている

信号の赤と

あなたの見ている

信号の赤とは

きっと ちがう





私はこんな青

「青」と呼んでいるけれど

もしかしたら あなたはこんな青

「青」と呼んでいるのかも知れない





人の数だけ

空の青は あるのかも知れない






私には 私の

「赤」や 「青」しか見られないけれど

それでも

他人の見ている「赤」や「青」を

想像できる 私でありたい





そして

本物の赤や青は

もしかしたら

誰にも 見えないのかも知れない


フリー画像・青い花










ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/06/15 00:04】 | 深層心理
トラックバック(0) |