FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私のツボ な映画は、
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」に次いで
「ミリオンダラーベイビー」。

一般的に救いがない と言われるモノが、やはり私には良いみたい。
いわゆる「感動」モノでは全然感動出来ないし、
普段あまり映画を観ないので、
私向きの映画を探すのにいつも苦労する。

「ショーシャンクの空に」なんて、夢中になって観てたけど、
ラストがハッピーエンド・と言うだけで
なーんだ・・とがっかりしてしまうくらいな私なんで。

ハマると何度でも観る私のことだから、DVDを買った。

ボクサーを目指す孤独な女性マギーと、
心に止血出来ない古傷を持つ、名トレーナーとの出会い。
モーガン・フリーマンのあの深く染み渡るやうなナレーションで
物語は進行して行く。

観客は殴り合いを楽しむ。事故現場を覗き込み、血を好む。
だがわかっていない。
ボクシングとは、相手の尊厳を奪い、それを自分のものにする。
尊厳のスポーツ。


相手の尊厳を奪うと言うことは、常に自分も、
自分の尊厳を奪われる危険にさらされていると言うこと。

それでも勝ちたいと思うのは、相手の尊厳を自分のものにしたとき、
自分の尊厳は今まで以上に賛美され、
栄光を勝ち取り、名誉を手にし、
英雄 として認められるからなのだろう。

自分の尊厳を奪われるリスクを侵してまで、
そこまで凄まじいトレーニングを、続けて来ているから。

悪い癖は、頭ではなく骨が忘れるまで叩き直す。
疲れ果て、やがてトレーナーの声しか聞こえなくなる。
全てを繰り返し繰り返し繰り返し、自分の一部にしてしまう。


好きなことなら、そこまでしてもやると言う気持ちが、
私のような軽い変態にはどこかわかる気がする。

マギーも何よりボクシングが好きだった。
他に何もない彼女には、
そんな過酷なトレーニングも苦ではなかったのだと思う。

そして彼女は、トレーナーであるフランキーに、
亡き自分の父親を重ねて、信頼しきっていた。

男女とも親子とも違う、
この頑固な二人の間に流れる何とも深い繋がりに、見入ってしまう。

彼女の選択が正しかったのか、間違っていたのか、ではなく、
彼女ならではの選択が好き。


あんな一生なら、短くても悔いなどない。
現実ではあり得ないお話・とは言え、マギーのように生きられたらな~
なんて思ったりした。
どこが 救いがない のか 私にはわからない。

心からフランキーを愛し、そのフランキーによって、彼女の尊厳は
最期まで奪われなかったのだから。
心から感謝するだろう、私がマギーだったとしても。

映画と違ってそうは問屋が卸してくれないのが現実だけれど、
犬死にも覚悟してはいるけれど、

出来ることなら、人生の幕引き時は、自分で決めたい。

マギーは、「モ・クシュラ」の名で、ボクサーを続けた。

その意味を、マギーの最期にフランキーはそっと伝える。
My darling, my blood
(愛する者よ お前は私の血)

良い。凄く。


ミリオンダラーベイビー








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/08/06 00:03】 | 映画、ドラマ、音楽 favorite
トラックバック(0) |

ミリオンダラーベイビー
なごやん
主役のヒラリー・スワンク自身が
マギー同様トレーラーハウス暮らしで
貧しさと野心が体現されていましたね。

「愛する者よ お前は私の血」
  言われたい?言いたい?

私は言いたい派!
絹の小っこい身体で何でダブルベット?

コメントを閉じる▲
絹の具合があまり良くありません。
数日、鼻づまりに苦しんでいます。

でも、いつもこういうときに
思い出す台詞があります。

映画・ポセイドンアドベンチャーの中で
若き日のジーン・ハックマン扮するスコット牧師は
転覆したポセイドン号から、生き残った人たちを連れ
じわじわと船が沈みつつある中
何度もの爆発に堪え、激しく増して行く水に堪え
助けが来るであろう船底へ、必死で辿り着こうとします。

しかしその間に、一人、また一人と死んで行く。

アーネスト・ボーグナイン扮するロゴが、
魅力的な役柄で、大好きでした。

そのロゴの、最愛の妻リンダが火の中に落ちたときの台詞

「ちくしょう~っ!!牧師!このペテン師野郎のインチキ牧師め!
俺は貴様を信じかけてた!助かると言った貴様を!
貴様が殺した!世界に一人の最愛の女を奪われた!
貴様が殺した!!貴様が殺したんだ!
俺のリンダを・・・俺のリンダを・・・」

そのあとのスコット牧師の台詞をいつも思い出すんです。

「神よ!まだいけにえが必要ですか?!
エイカーズの命を奪い、ベルの命を奪った!
そして今度はリンダ!
まだ必要ですか?!なら私の命を!

我々は自力でここまで来た!あなたの助けは借りなかった!
助けてくれとは言っていません!!
ただ邪魔だけはしないでくれ!放っておいてください!!

必ず助かる!ロゴ!!!あとを頼むぞ!!」


そう言って、火の中に落ちて行くスコット牧師。


苦しそうな絹を見ていると、
その台詞が何度もリピートされます。


「邪魔しないで!
返して 絹のげんき
なぜそんなに罪のない子を苦しめる?
どこまで苦しめる?!
なら私を苦しめろよ!」

誰かに向かって、そう言いたくなります。

独り、キツいっす。








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/11/20 00:04】 | 映画、ドラマ、音楽 favorite
トラックバック(0) |
「笑っていいとも!」昼の最終回
テレフォンショッキングのゲストはたけしでした。

私は特に「笑っていいとも!」に興味ないんだけど
この表彰状にはハマりました。
以下全文です。

【じょうひょう……あ、表彰状、タモリ殿。
長らく『笑っていいとも!』の司会を務めてきたタモリさんに、
私から表彰状を贈りたいと思います。
ちなみにこの表彰状は、すべてゴーストライターが書いたものです。
私とは一切、関係のないことをご了承ください。
本日は、32年間続いた国民的長寿番組『笑っていいとも!』
の最終回という晴れの日に、
社会的人気映画監督であり、高額納税者タレントでもあり、
さらに総理大臣にしたい男5年連続ナンバーワン、
上司にしたい男3年連続ナンバーワンという、
人気と実力を兼ね備えた超一流タレントである私を呼んでいただき、
誠にありがとうございます。

 私の、『笑っていいとも!』の思い出と言えば、1983年2月、
理屈ばっかり言っていた田中康夫が気に入らず、
生放送中に乱入し、首を締め上げた。
その結果、翌日のスポーツ新聞に
「たけし、心身症」と書かれたことは、今となってはいい思い出です。

 いいとも青年隊を忘れるわけにはいきません。
かつて女を騙し、金をせしめ、恐喝で訴えられたH賀研二さん、
パチンコでマンションを買ったといばっていたK保田篤さん、
未だ『世界(ふしぎ)発見』でしか姿を見ることのないN村真さん、
いいとも青年隊卒業後、ホームレスになったK田健作さん、
そしてまったく売れなかった、萩本欽一さんのところのあさりど、
などなど、数々の一流タレントを輩出したことを忘れてはいけません。

 そして、なんといっても
この番組の名物コーナーであるテレホンショッキング、
友達を紹介するという名のもと、いきなり電話をして、
出演をお願いするという斬新な企画でありました。
しかしながら、女優の矢田亜希子さんが、
大竹しのぶさんを友達として紹介した時、
思わず「はじめまして」と言ったその日、それを聞いた時、
私はショックのあまり耳が聞こえなくなりました。

そしてまた、
得意の作曲活動を諦めなければいけない事態に陥ってしまいました。
改めて芸能界というのは、
ヤラセの世界だなあと痛感した次第でございます。

 そして、『笑っていいとも!』を語る上で、
32年間の間、初めて新宿に来た番組観覧の田舎者を相手に何もやらず、
間抜けな芸人に進行を任せてきた
タモリさんに触れないわけにはいきません。

かつてあなたは、ヘルスの呼び込み、オレオレ詐欺の出し子、
パチンコ屋のサクラ、フィリピン人との偽装結婚の斡旋などを経て、
芸能界に入り、イグアナの形態模写、四カ国語麻雀、
意味不明なハナモゲラなどの卓越した芸で、
一部の似非インテリの集団から熱狂的な支持を受け、
あれよあれよという間に、
国民的人気番組の司会者まで上りつめました。
しかし、そんな『笑っていいとも!』も、
今日をもって終わってしまうのかと思うと、
私としては残念ではありません。

ただ明日からは、O倉智昭さんの『被っていいとも!』
という番組が始まると知った時、
私はその時思わず、聞こえなかった耳が回復し、
今ではゆがんで聞こえるまでになりました。
新垣さんとの一度壊れた友情も復活し、
今では2人で元気に作曲活動に勤しんでおります。
ですからタモリさんも、なんの心配もすることなく、
二流とも三流ともつかない芸人しか出ないといわれている
『タモリ倶楽部』に全精力を注いで、
頑張っていただきたい!

2014年3月31日 『A女E女』復活を望む会会長・イジリー北野 】

さいこーですね!余計な解説はいらんでしょう。
これを聞いて、私の聴力も回復しましたー(笑







♪ぽちもダーンスダーンスダーンスするほどむ~ちゅ~になれないなーんてね・さーびしい~~

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2blog テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

【2014/04/04 04:25】 | 映画、ドラマ、音楽 favorite
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: guestさん
ナレイ
コメント、おおきに♪

まあまあ、あんま難しく考えないで。
you tubeにアップされてるから、ただ見て笑えばええのよー

私はたけしのこの表彰状に、ほんと、癒やされたわー

コメントを閉じる▲
お も て な し  
が、すっかりブームになったけど
私は日本独特の「お客様は神様です」的なあの対応は好きじゃない。
きもちわりい、悪いけど。

一方で、ファストフード店なんかは
「イラッシャイませこんにちは~」みたいに
もはや 台詞と化してるし。

まあ滝川クリステルは各国を知ってるから、
日本特有の「おもてなし」の良さを感じたんでしょうけど

本当の「おもてなし」って、実はとっても難しくて
バカ丁寧な言葉遣いとか、
マニュアル通りには行かない所にこそあるんだと思う。

でも、昔から日本の文化には「客は上」であって、
売る側はひたすらへりくだる側面がある。
滝川クリステルは、その辺を混同して語ってる気がした。

だったら、私はもっと対等でフランクなほうが好き。

で、こういうことは、絶対!日本ではやらないだろうなあと思う。
良いのにねえ~これ。

こんな型にハマらない、楽しいことやってくれたら、
私はJALでもどこでも選んで乗るなー

機内アナウンスが楽しみになる。
さすがアメリカ。ナイス!



ラップで機内アナウンス








Clap!!Click!Clap!Click!

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ


FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2014/02/06 04:26】 | 映画、ドラマ、音楽 favorite
トラックバック(0) |
「命の尊厳」だとか

「命の尊さ」だとか

そう言う言葉は 好きじゃない

皆が 余りに安易に口にするので

いのちが 却って軽く聞こえる


少なくとも

消えゆくいのちを 目の当りにした者は

「尊厳」なんて言えないと思う



尊厳もクソもなく

自分もいつか 

この三文芝居を終えて

舞台から降りる時



上っ面の言葉はいらない

ただどこかで一人でも

悲しんでくれる人が いれば良い




それまでは

ショーを続けなければならないんだね



大好きなQUEENの1曲 ↓

♪The Show must go on↓


ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ


FC2blog テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

【2013/09/01 01:54】 | 映画、ドラマ、音楽 favorite
トラックバック(0) |