FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
運がない・・・ほんとに私ってミス厄日・・・

カビが大発生したのも
マンションの中でなぜかうちだけだった。

やっとそれが落ち着いたと思ったら、
新たに大変なことが・・・

またかよ?!と思うと同時に

もう疲れました・・・


その内容を公開では明かせないのが
残念だけど、

とにかく運がないのは昔から。

例えば、
若い頃からバイト先なんかで
同じミスをしても、私だけが怒られるとか、

PSW国家試験のときも、
私の受験する年から、急に試験の傾向が変わって
めっちゃ難しくなって、平均点のボーダーが
がくんと下がるとか、

そんなのまだまだぬるいほう。

小学生時代、友達と並んであぜ道を歩いていたら、
肥溜めの肥をを積んだトラックが通過。
私だけが全身!肥を浴びました・・

並んで歩いてた友達のほうは、無傷。
子供心にも、酷く惨めになって、
家に帰ると、
母はそんな私の気持ちをわかっていたのでしょう。

優しく、服を脱がせてくれ、余計なことは言わず
「お風呂沸かすから入りなさいね」と。

あのときほど、母の存在が大きいと感じたことないくらいでした。



挙げたらキリがないんでやめとくけど。

友達は
「その分運をためてて、どこかで
物凄い強運になるんだよ」

と言ってくれるけど・・・

とにかく今日は
これ以上書く気力がありません。 絶筆

(って、結構長々書いてんじゃん)

♪運がいいとか~わーるいとか~
ひとはときどき~く~ちにするけど~
そういうことって~たーしかにあると~
わたしをみてて~そうおもう~♪

(ヤケを起こしている)







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/10/10 00:03】 | ぼやき
トラックバック(0) |
まだ暗いけど起きちゃった・・・

薬がアタマにまわってる

   
    (死にたい)


お湯を沸かして

ああ、絹のおくすりおくすり

一式 飲ませなくちゃ・・・


    (死にたい)

お腹空いたなあ・・・


朝ご飯・・・昨日の残りでいいか・・・


    (死にたい)

コーヒー飲みたい


    (死にたい)

    (死にたい)




テレビうるさい



買い物・・ めんどくさい

でも野菜が何にもないし・・・・



    (死にたい)


冷蔵庫の中 何にもないじゃん

めんどくさい・・・


    (死にたい)



今日も空が青い

洗濯・・・・・・いいや明日で


    (死にたい)


休みなのになあ・・・

寝たいなあ・・・・

眠れたらなあ・・・・


    (死にたい)



テレビつまんないね・・・まったく・・


You tubeでいいや


    (死にたい)



ちぬ げんきちゃんだねー

嬉しいよおー


    (死にたい)



あーあ・・・・なんかしんどい



    (死にたい)


西日 うざいよお・・・

遮光カーテン欲しい


     (死にたい)

      (死にたい)



もう寝たい


      (死にたい)



フリー画像・口紅


これが私の心の中身です。
これが日常です。
私の中に転がっているのは、こんなくだらんものばかり。
いつでも死にたいと思いながら、
でもそれをしてはいけないのだと、
自分で自分の感情や衝動に必死でブレーキをかけながら
苦しいままで、死にたいままで、生きてます。







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2018/10/03 00:03】 | ぼやき
トラックバック(0) |
カビにやられた家具を
粗大ゴミに出す日がつづいてます。

私は、女一人なもんで
自分ひとりで、一階の入り口まで出す。
うちのマンションは、5階建てで

エレベーターがないんだよ!

勿論重たい家具は、知り合いの人(男性)に
手伝ってもらって運んだけど、

今日が回収の日なんで
夜中にガタガタと、和ダンス、和机を
1階まで運びました。

私は女にしては、力はあるほうです。

でも、きつい・・・・!
こういうとき、いつも思います。

みんな冷たいねえ・・・ってね。

まあそれでも、うちのマンションは
世帯数が少なくて、結構ご近所づきあいはあるほうで
同じマンションの人とうちでお茶したり、
私がお邪魔したりしています。

皆さん、良い人で「何かあったら言ってくださいね」
と言ってくださいます。

でも、いざとなるとねえ・・・やっぱり頼めないよ・・・

基本、自分の家族以外のことは、みんな
ひ と ご と だ も の・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

もしも私に家族がいたら、
私もおんなじになるかも知れないしね。


共同体がなくなった今、唯一の共同体は
「家族」なんでしょうから、仕方ないとあきらめてます。

でもこれから、年を取れば取るほど
できないことは増えて行きます。

周囲の他人に恵まれた人は
長生きしても安心でしょうけど、

私は、長生きなんかするもんじゃないねー!と思います。

秋の気配など吹き飛ばすように
汗を噴き出させて、大きな家具を
ひとりで運んだ夜でした。

孤独です。
56年生きました。

もう十分なんじゃないっすか?

いい加減、解放してくださいよ・・・・・

秋は、もうそこまで来ている。


フリー画像夜の街・縮小版










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村


FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/08/30 00:09】 | ぼやき
トラックバック(0) |


ヘビメタ
はじめまして。

他人に「粗大ごみ運ぶの手伝ってください」とは、少し言いにくいですね。
でも私がもしこういうこと頼まれたら手伝うので多分他人も手伝ってくれるはずだと考え、どうしようもないときは頼んでしまうと思います。
たまには断られるでしょうが、みんながみんな親切というのもそれはそれで気持ち悪いので、そう気にはしません。

Re: ヘビメタさん
ナレイ
はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

そうですね。
私も、見ず知らずの人に頼まれても、きっと手伝うでしょうね。
人は、結構な確率で親切なものだと私は思ってます。

ただ、私がいつも思うのは、
物理的に、ひとりでできる・できないということより、

何かある度、孤独を感じるってことなんです。

何て言ったらいいのか・・・・・

記事にも書いたけど、うちのマンションの方たち
皆さん、良い人ですよ。

でも、ここからは自分一人でやらないといけない訳ね、
という空気を感じるんです。

いつもね。


ヘビメタ
「本当はね、私だってね」を読んで、ナレイさんが言わんとしている事がなんとなく分かったような気がしました。生きるのが苦しい人は「本当はね、私だってね」に書いてある事と同じような事を考えているのでしょう。ただこう言うことは、いわゆる健全な人にはなかなか伝わらないような気がします。できれば今後もこのような貴重な記事を書いて頂けたらありがたいです。

Re: ヘビメタさん
ナレイ
再コメント、ありがとうございます。

最初にコメントを頂いたとき、正直私の言いたいことが
上手く伝わっていないんだなあと思いました。

仰るように、いわゆる健全 な人には
なかなか伝わりにくいのだと思います。

まあ、本当に健全 なんて人は一人もいなくて
皆どこか 多少なりとも病んでいるのだと私は思っていますが。

でも、ヘビメタさんのように
「本当はね、私だってね」のような記事を書いて欲しい
そう言ってくださることに感謝しています。

いつだったか、やはり初めての方に
「ひとの病気のことなんて、他人は興味ないと思いますよ」
と、暗に「病気のことなんて書かなくても」という趣旨のコメントを
もらったこともありましたから。

精神疾患は、目に見えない病なので
なかなか周囲に理解されません。
そのことで誤解を受けては傷つく方も多くいらっしゃいます。

だから、という訳ではないけれど
私は、自分の記事には常に本音しか書きません。
勿論、全公開ですので友人知人のプライベートに関しては
具体的な書き方をしなかったり、仮名にしたりと配慮しています。

ただ私の場合、本音を書いている、と言っても
その表現は主に 詩 という表現方法になっています。
詩では、比喩や象徴という手法を使うので
わかりにくいと思います。

だからたまには散文として「ゴミ出しの孤独」のような記事も書きます。

「本当はね、私だってね」は、本当に思いつくまま
自分の気持ちを綴ったものです。

それをわかってくださって、本当に感謝しています。
今後も「本当はね、私だってね」のような記事も
どんどん綴って行きたいと思います。

ありがとうございました。


コメントを閉じる▲
24時間テレビ「愛は地球を救う」
改め「金は日テレを救う」
やってるわね!


やらせ感 満載!ね!毎年。

前にも24時間テレビについての記事は書いたし、
偽善とか偽善じゃないとか、
まともに議論するほどの価値もない番組なんで
どーでもいいんだけど

せっかくだから、
今日はちょっと24時間テレビをお借りして
毒吐きさせてもらうわね!

毒吐きにはさいこーの番組よ!

だーって~そもそも出演者に、
相当高額なギャラが支払われてるって

それじゃチャリティーじゃないじゃん。

はい!そしてジャニーズとかを客寄せパンダにして
金のない、一般市民から金をとる仕組み・・・・・
相変わらずでつね


大御所の芸能人、明らかに高額所得者と思われる人が
なんでブタさんの貯金箱持って来るんだよ!
あれ、もうほんと草生える~~wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

もう嘘でもいい、かごいけさんみたいに
表と裏だけ万札にしてもこの際いいからさあ、
どっかの銀行の分厚い封筒持って来なよー



かつてマラソンランナーを務めた杉田かおるが言ってますた。
他局の番組で、ロンドンブーツの淳が、
「500万ぐらいもらってんの?」と問うたら
「いや、そこまで・・ではないんですよ」

さすが杉田かおるちゅわん!やっぱりねーとウケますた。

何より、日テレがべらぼうに儲かること自体
もう チャリティー番組 と言ってはいけません!

ねえ、「ノーマライゼーション」という言葉を知らないの?
これもう60年代に提唱された考え方なんだけど・・・

「障害を持つ人も持たない人も対等であって、障害を持たない人は
障害者を支援するものである」という考え方。
でも、この番組は違うのね~

選ばれし障害者 の方々が出演なさって、
美談を演出して、ただ泣いている・・・


障害者は特別 でVIP扱い・・・・

そうねえ・・・・昭和50年代にタイムスリップ番組
時代錯誤番組 だわねー
儲かっていいわねーーーー

とにかく!もう30何年以上も前から
「障害者には、上から何かほどこして あげる」
「ベタベタ優しくして あげる」
という、一貫してこの番組に漂う空気が
たまらなく キモいんです。

「この子ら を 世の光に」の糸賀が泣いておる。
ミケルセンさんも泣いておるだろなーきっと。

あとはもう訴えたいことは何もない。


べつに私は1円も!寄付なんかしないので

やりたい人たちが、好きにやればいいんじゃなーい?
ってカンジでせうか?

うわっ!背後で

♪わたしの~~おはかの~まーえで~~
なかないでください~~~♪

とか歌っておる~~~

いつの歌だよ!キモい!でももう大草原wwwwwwwwwwww
チャンネル変えませうね~





ところで、みやぞん ってだれ?


こんな真面目に書くこともないクズ番組だったわ~↓
相変わらずな24時間テレビ


あ、そうだ。これは言っておきます。
この番組は「障害者を見世物にして」と言われていますが
見世物 というのは
障害者本人の 意に反して 人前にさらすことを 強要 するものであって
24時間テレビに出演している障害者の皆さんは
少なくとも自分たちの意志で出演しているので、
見世物 とはまるで違います。誤解のなきように。







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/08/26 00:03】 | ぼやき
トラックバック(0) |

24時間TV
なごやん
『募金は日テレを救う!』

まさに名言だわw

Re: 24時間TV
ナレイ
> 『募金は日テレを救う!』
>
> まさに名言だわw

なごやんさーーん
でしょう?

20億も儲けててさあ、同じ人間なら
そのほんの一部でも寄付しようって気にならんもんかね?
日テレは。

結局、金のない素人だけが募金してる・・・

みんな「24時間テレビは偽善か否か」とか言ってるけど
そんなまともに議論するのもアホらしい

クズ番組です!



コメントを閉じる▲
「苦しみ」

たったひとつのこの感情から
私は、どれだけ沢山の言葉たちを
紡いで来ただろう。

苦しみに 色を塗ったり
苦しみを 花で飾ったり
苦しみを 陽にかざしたり。

もうブログを始めて久しいから
実に 何千単位という記事の中で
その殆どが、苦しみを紡いだ言葉。


だって しょうがないじゃない?
わたし=苦しみ なんだから。


昨日は、セラピスト・ハッチのセラピーの日だった。
ハッチとの会話は、あくまで治療としての会話なので
普通の会話とはまるで違う。

厳しいんだよなあ・・・最近のハッチは。


でも、ハッチの言葉は
いつも、私の深層をわかりやすく表現してくれるし、
またそれがいつも、その通り!と言うしかない内容なので
認めざるを得ないんだよね。

確かに厳しいけど、
でもね、この年になると
もう誰も叱ってくれなくなるから、
厳しくしてくれる人がいるって、幸せなことだと思う。


その代わり
ハッチの前では、苦しみを飾る必要はない。
そのまま訴えればいい。
怒ってもいい。
泣いてもいい。
何を言ってもいい。


わたし=苦しみ として生きる。
でも、ハッチは楽になれると言う。

それも私次第なんだけど、
どうしても、受け容れ難い自分がいるから
なかなか楽になれないんだよね・・・・・。




秋の気配が、桜並木の緑を揺らしてる

ざわざわと、その気配が
私の肩にのしかかる。

今年もまた、夏よりもずっと
苦しい秋冬が、私を待ち受けている。

大きな苦しみを携えて、また秋がやって来る。


フリー画像枯れ葉









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/08/22 00:03】 | ぼやき
トラックバック(0) |