ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
本日は、毒吐きな文章でございます。

不快になりそうだと思う方は
どうか、お読みにならないで。
ここまででおやめくださいませ。



まぢ しゃらうるせえ!!
てめえはただの、カルト教団信者だよ!

困るねえ・・・・
わたしは いろいろ言葉を選んで

「自分の倫理観や道徳観だけでアドバイスするのはやめて」
と言っただけなのに

結局 通じないわけね?

んで?怒るわけね?
ちょーうぜ!

バカじゃね?

毎日の生活が良くなるように努力しろ?だと?
そんな「努力」なんてしたくねんだっつの!

わたしは生きてるだけで努力してんだからほっとけ!

自分の価値観だけが「絶対」だなんて
どーして思えるんだよ?え?
他人の価値観は全部 排除かよ?

だからあ!カルトだって言ってんだよ!

てめえの抹香臭いババアみてえな説教に
わたしはずっと堪えて来たんだよ!
「若いのに姑かよ?」
「ああ~~~~説得力ゼロ・・・!」
「なんでそう説教したがるんだよ?」
と、思いながらもな!

そんで初めて本音を言っただけで、なにキレてんだよ?

上等じゃねえか?
もう二度と会わねえよ!

せいぜいその、抹香臭い説教をみんなに押しつけて
嫌われるんだな。

ばいばい!Bitch!
Oh~~~Shut Up!









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/03/28 00:04】 | ぼやき
トラックバック(0) |
しゃらうるせえーーーーーーっ!!!

もう説教はやめろ!

やれ「逃げてちゃダメ」だの

「もっと前向きに」だの

その手の

つまんない説教こくなっ!!

ええ加減にせえよ!!

聞きたくねんだよっ!!




なぜ皆

自分の倫理観や

一般的な道徳観を

ひとに押しつけるのが 

あんなに好きなのだろう?

なぜあんなに

自分の価値観だけが正しいと

思えるのだろう?

ふ し ぎ





倫理や道徳なんか

私にとっちゃクソだ!

てめえの価値観だけで

ひとの気持ちを動かそうなんて

傲慢も甚だしいとは思わんのか?!

退屈なクソ坊主の説教にしか 聞こえねんだっつの!

黙れ黙れ!!黙りやがれ!!

You busterd!!

Asshole!!!













ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2016/12/13 00:04】 | ぼやき
トラックバック(0) |


sado jo
何だか気持ちが痛いほど伝わってきますね~
本当にへこんでる人に気休めを言ったり、励ましたりするのは却って毒になります。
一緒に泣いてあげるのが一番…それを知らない人が多すぎますからね(嘆)

Re: sado joさん
ナレイ
コメント、ありがとう。

んもう~~~~~ムカついてムカついて
どーしたろうかと思いましたわー

> 本当にへこんでる人に気休めを言ったり、
>励ましたりするのは却って毒になります。
ほんと!その通り!なんです。

その人、私がそのことを指摘したらキレてました。
バカなんだなあと思いましたわーーー(呆)


Re: 追伸
ナレイ
そうです。

つらいときというのは、
何も言わなくても、ただそばにいてくれる、

それだけで良いんです。

「激励」というのは、却って相手を傷つけるだけですね。


コメントを閉じる▲
廃墟をねぐらにする

ノラ猫みたいに

この季節は

寒さが 身に染みてなんねえや





廃墟のねぐらだから

いつ

更地になるかも知れない

不安に襲われてらあ






飼い猫が 

窓の向こうで

ぬくぬく 

あったまってるのが見える

いいねえ 

お前ら  一年中あったかくて





寂しさに 

心は飢えているけれど

人の優しさが

本物か 偽物かを

嗅ぎ分けることはできるのさ






だけど

偽物の優しさとわかっていても

つい 乗っかりたくなる

それほど心が

飢えてるんだよ





子猫じゃないから

今更 誰にも飼ってもらえない

いつねぐらを

追われるかもわからない

ノラ猫人生 生きるのさ





都会でも真冬は 寒い

この寒さで 

眠れない日がつづくのさ







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/01/22 13:37】 | ぼやき
トラックバック(0) |
砂上の楼閣とわかっていても

私は

その楼閣に

住んでみたかった

住めるんじゃないかと思った





蜃気楼とわかっていても

私は 遠くの景色に憧れた

あの景色の中に

住めるんじゃないかと思った




子供の頃に返って

海辺で

砂の山を作った

満ちて来る潮に

少しずつ

砂山は 削られた





それを見つめる

私の心も 削られた

私を見下ろす 月も

半分に 削られた




削られた心は 痛い

ひとと関わっては

心を削った

いつもひとりで

その痛みに堪えるしかなかった

堪えるしかなかった








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/11/21 08:24】 | ぼやき
トラックバック(0) |
不穏な暗雲が

部屋中に充満すると

私は 逃げ場を失う

パニック発作の恐怖は

一瞬で 汗だくになる

悪魔の恐怖







3月

卒業 入学 新入社

みんなが忙しい忙しいと言う

忙しいから何日しか会えないと言う

私に会うことより

他の用事のほうが大事な訳ね とか

まるで若い恋人同士みたいな 被害妄想






みんな 

ヒマ人の私になんか かまってられないと

知っている

だから一人 暗雲の垂れ込めた部屋で

不穏な空気に 堪えられるだけ堪える






堪えられなくなると 決まって闇に潜る

布団をかぶって 妄想の世界に行く

闇に落ちた私は

忙しいみんなの 邪魔にならぬよう

妄想しながら 息を潜めて闇に棲む





妄想を 膨らませれば膨らませるほど

私は孤独になって

みんなから 置いてけぼりを食う






そうさ 私は社会不適合者

社会から 落ちこぼれているだけでなく

この世界中から 落ちこぼれて行く






だからそうさ

私には 闇がお似合いなのさ

忙しいみんなに

さよならを言おうか

闇の中で

妄想は 被害から誇大に変わる





今夜は

悪魔の恐怖に 襲われる前に

眠らせて欲しい







ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/03/19 16:57】 | ぼやき
トラックバック(0) |