ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
冷蔵庫を開けて

荒れ果てた中身を見ると

まるで

自分の未来を

見ているようで

すぐに閉める




押入れの中から

出て来た

過去の私は

いつも

満面の笑みを浮かべている






誰も

過去には 戻れないという

過酷な現実が

攻めて来る






孤独が

無造作に 散らばっている

その中に埋もれた私は

動けない





なぜ 過去には戻れないの?

そんな当たり前のことさえ

理不尽なことのようで






気持ち でもない

未来 でもない

過去 でもない

私の中の何か が

音を立てて 崩れた






なぜ

なぜ

なぜ

なぜ



なぜ?




子供のように

素朴な なぜを

繰り返すばかり


フリー画像・ガラスのひび









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/05/31 00:03】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
この

心に ぽっかりと

空いた 穴は

年を負うごとに

大きくなって行くようで




いつしか 私は

心を 失うのだろう





不信や誤解や

すれ違いの中で

傷ついて 傷つけられて

生まれた 理解は

きっと 

揺るぎないものに

なれるはずなのに





ダブルバインドに

引き裂かれても

そこから

いつか きっと

解放されるはずなのに




もう 遅いのかも知れない





心を失ったら

私は 

だれでもない 

わたし すらない

だれか になって

きっと ずっと

落ちて行く





永遠の不信を

この部屋に

置き去りにして



rose-on-ice_21131983.jpg








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/05/10 00:03】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
休日は

家の中で

ずっとひとりで

苦しみと 戯れる






苦しみは

甘い

甘い

スイーツみたいで

私は 口のまわりに

生クリームを

いっぱいつけるようにして

苦しみを 舐める






苦しみを 舐めて

苦しみを 転がして

苦しみを 抱っこして

苦しみに 浸る





苦しみと戯れる

たのしい たのしい

私の休日




休日が 終わったら

私にはもう

苦しみを

苦しいと 

ゆっくり思うゆとりさえ

なくなるの





だから

今のうちに

苦しみと 戯れておくの




たのしい たのしい

苦しみと 戯れる休日






苦しみの甘さを

存分に 味わうの

苦しみと 戯れるの

まるで 自慰行為のように



フリー画像・ミルクの雫








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/05/05 00:03】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
悪い夢を見て

目を覚ました

目を覚ましても

また

悪い夢のつづき





ああ 夢だったのか

良かったと

安堵できる時が

私には ない




悪い夢のつづきを 見ながら

不安に心を

支配されながら

みんなと同じに

朝 支度をして家を出て

通勤ラッシュの電車に

おとなしく乗る






息ができないほど

物と化して

詰め込まれるのは

嫌いじゃない

悪い夢のつづきだから

息ができないことも

いっそ 心地よい





仕事をしていても

帰って来ても

一日が終わるまで

悪い夢のつづき

眠りに就いても

また 悪い夢のつづき





明日 目覚めても

また 悪い夢のつづき




生きてる限り

悪い夢を

見つづける





悪い夢から

目覚める うつつが

いつ やって来るのか

私自身にも わからない


フリー画像・モノトーンの街







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/03/02 00:03】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |

孤独の呼気を 

道連れに

旅する道は

険しくて





くだらない男たち

あなたたちとは 

ただ いっとき

互いの体を 重ねただけ

ほんのいっとき

寂しさを 忘れたかっただけ

お互い様ね

さようなら




大事なことは

誰にも言えない

泣きたくても

すがりつく胸は ない

心細くても

支えてくれる肩は ない





痛い

痛いよ

ひとりの旅は

心が 血を噴いても

自分の手で

抑えるしかないから






曇天の空

虚ろな瞳

熱いコーヒー

未明の街




フリー画像・ヌード






ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/12 00:03】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |

久し振りに
なごやん
絹ちゃんに起こしてもらえたのね。
良かったね、ナレイさん!
しかし、絹ちゃんの青い瞳の美しさったら!

Re: 久し振りに
ナレイ
なごやんさーん

そうなんよ~普段は毎日なのに
ここんんとこパッタリと起こさなくなったから
寂しくて・・・

そしたらゆうべひさびさ起こしてくれたのー!

ブルーの瞳より、ヘンな片目のほうが私は好きよ~

コメントを閉じる▲