ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
寒いのか 暑いのか

晴れなのか 雨なのか

春なのか 冬なのか

そんなことさえ 

忘れ果て





ただ 今日という日を

ながらえる


フリー画像・かすんだ窓








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2017/11/03 00:04】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
冬の風は

毎年 毎年

性懲りもなく

私に 孤独を

告げに来る





私は ただ

耳を 塞いで

堪えるのみ





やむことを 忘れた

雨の 雨音に

せめて 

孤独の便りを

かき消して と懇願しつつ






私は

雨のように 鳴く


雨のしずく







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/10/29 09:21】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
絶望したまま 朝起きて

絶望したまま 台所に立って

絶望したまま 飯を口に入れて

絶望したまま 着替えて

絶望したまま 電車に乗る







たった ひとりでは






甘い 絶望に

どっぷりと浸かり

指に絡め取った その甘さを

舐めている 暇がない



フリー画像・カーテンを開ける女








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/09/26 00:04】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
明日が来る

また 明日が

日は 昇る

また 目に痛い日が




世代は 替わる

子は 育ち

その子が 

また 子を産み育て





なのに

1分も 1年も

私には 同じこと

ただ

やがては私も

過去の産物に





いや 

産物などに なれぬほど

忘れられ

誰も 気にとめない






そう

あの

道端の石ころの如く

転がっているだけだろう





土足の足に 踏まれても

もう 叫ぶことさえ

できずに


フリー画像・ヌード







ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/05/02 00:04】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
まいにち まいにち

死んでいく

わたしの中の

大事なものが

いくつも いくつも

死んでいく




ひろっても ひろっても

死んだものは 

わたしの心に

もどってこない




大事なものは

思い出か

未来か 過去か

きらめく夢か

大事なものって

なんだったのか

それすら すっかり

忘れ果て





惰性 という名の

かわいた たましい

長すぎる 尻尾のように

もてあまし





まいとし 遠くに

春を 見て

大事なものが これ以上

死なないように

胸 おさえる




16006502.jpg








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/04/19 00:04】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |