FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
冷蔵庫ヲ 開ケルト

イツモ ソコニ

あるノハ

空虚ナ 価値観ト

ワタシが 零シタ

悲シミ だけナノニ

捨テラレナイ まま

放置サレて イル




古イ 古イ

悲シミガ

出口ヲ 求メテ

体中ヲ 巡ル

巡ル






赤い 血の色ハ

イツモ

苦シミノ 色ダカラ

ワタシの 体内 は

苦シミ ダラケ で

少しモ 

治まるコトが ナイ






自分が 零シタ

苦シミ ト 悲シミ 二

埋モレテ

掃除スル 気力 モ ナク

悲シミだらけの コノ部屋ハ

星ノ ナイ 夜空に

ポツリ 浮カンデル





オオン オンオン

オオンオン

苦シイヨオ

悲シイヨオ ト

ただ 吠エル





誰かノ 耳ニ

ワタシ ノ 吠エ声ガ

届クコト だけヲ

イツモ

イツモ

願いナガラ






フリー画像・ランプ








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/10/24 00:03】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
朝と夜とを

本気で 間違えた




白んだ空を

夜明けと思って

カーテンを開けたら

辺りは日没前の街だった






現実は いつも

残酷に 正確に

時を刻む

私は 着いて行かれない






日没を

夜明けと勘違いするほど

私の時計は

現実とずれている






まだ夜だったのかと

ショックを受けては

進まない

時計の針に

部屋中を転げ回る







独房に 叩き込まれたた囚人は

泣こうが

わめこうが

決して 出してはもらえない





今日もまた

独房人生

生きている

刑の執行を

ひたすら 祈りながら


フリー画像大きな窓










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/08/14 00:03】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
人は よく

しあわせ と言う




今 とてもしあわせです とか

しあわせな気分です とか




それって

どんな感覚なの?





経験のないことは

わからない

しあわせ という

言葉の意味が

わからない





だから 私は

しあわせという 

言葉は もう

捨てました






いつまで経っても

わからない

言葉を

持っていても

仕方ないから





しあわせという 

言葉は もう

捨てました


フリー画像夜の通り









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/07/29 00:03】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
ひとつ積んでは 父のため

ふたつ積んでは 母のため♪

賽の河原の積み石 だっただろうか


まるでそんなカンジね


ストレスの積み石を 

わざわざ自分で 拾って来ては

♪ひとつ積んでは 今日のため

ふたつ積んでは 明日のため♪



幾つも幾つも 積み上げて

ストレスの積み石が 気づいたら

崩れそうなほど 高くなり

ぐらぐら風に 揺れている 



ストレスの積み石じゃ

何の供養にも ならなくて

父も 母も 誰も

喜びはしないのに






三途の川は

楽に 渡れるのだろうか


フリー画像闇の中の窓







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/07/10 00:03】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
空の青さに

戸惑います

優しい風に

気を使います




いいのです

いいのです

そんなに優しくしてくれなくて




冷たい闇に

放り出されることには

慣れていますから






皆と同じ空の下に

いさせてもらうなんて

申し訳ない気持ちで

いっぱいになります






闇に棲むことに

慣れました

闇に棲むことに

慣れました





だから

空の青さに

戸惑います

優しい風に

気を使います




こんな 柔らかな風が

私の頬を撫でてくれる

陽の光が

私を照らしてくれる







それを真っ直ぐに

受け取れないほど

私の性根は

捻じ曲がっているのです


フリー画像・ヌード










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/07/09 00:03】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |