ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私に届く 何通ものメールは

その殆ど全てが

ただの広告で

それが 忌々しくて

片っ端から

削除する





あれやこれやの

支払いを済ませては

通帳の残高に 眩暈を起こす





ほぼ それしかない生活が

忌々しくて

母親の腹の中から

今現在までの自分を

片っ端から

削除したくなる




私の 全ては

「なかったこと」

誰も 私を知らない

だったら

削除しても きっと

何の問題もない




メール広告と同じ

人生

読まずに削除されるだけ








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/10/29 00:04】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
見えない未来を

過去の自分に

問い続け




失ったものたちを

振り返っては

いないとわかって

追い求め




死に化粧を

施すように

淡いピンクの紅を引き





棺の中に 横たわるように

ベッドの眠りを

恋い慕う




そして 今夜も

私はまた

ほんの束の間 死人になる









きぬちゃん携帯画像ネクタイ3

また泊まりで、父の四十九日法要に行って来ます。
絹は、またお留守番。

猫は、ひと晩くらい誰もいなくても大丈夫ですが、
絹は悪い方の目が、目やにだらけになってしまうので
ちょっと心配です。

毎日こうやってちゃーんと「礼服」を着ているのに
なんで絹は法要に参列できないのでしょう~?
ネコ手で、たぶん、たぶん、お焼香もできるのに~~
あ、なむ~~ならぜったいできまふ!(笑






ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/10/08 00:04】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
自分の姿は やっぱり

どこにも ないね




ただ 皮肉なことに

孤独という激痛に

この身を

よじらせているときだけ

私は

自分が 生きていることを実感する






色とりどりの日常を

みんなが

おはようとか おかえりとか

悲しい!とか 泣きながら

でも翌日には ごめんねとか

言い合って 笑って

零した涙が まだ熱いうちに

拭い合ってる

私には踏み込めない 世界を

背伸びして

指をくわえて 垣間見る





そして私は

たったひとつの 救いもない

独房な日常に

意地悪な微笑みを

向けられながら

凍った涙を 頬に張りつけたまま

灰色だけつづく景色に

埋もれ

埋もれて




また 自分を見失う








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/08/29 00:05】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
私には

明日の出来事も

あさっての出来事も

20年前の出来事に 感じられて





20年前の出来事も

30年前の出来事も

つい昨日の出来事に 感じられて





人生という

時計の針が 

錆びついて 動かないから

全ては 20年前のまま

全ては つい昨日のまま





亡くした者たちを

この胸に 抱きしめ

若い頃の 未熟な夢を思い

今はない喫茶店で コーヒーを飲み

ひたすら過去を 生きている





何年経っても 20年前

今 何が起きても 

20年前

未来のない毎日が 苦しくて

ひたすら過去を 生きている









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村


にほんブログ村



FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/07/22 00:05】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
明けない夜が

私を笑う





そんなにおかしい?

そうね

不安と一緒に

生きるしかないと

わかっていたのに

逃げたくて





何枚もの 不安という皿を

叩き割っても

その欠片が

体のあちこちに刺さるから

結局 逃げられないの






明けない夜が

私を笑う







独房人生

不安付き

この世の出来事なんて

全て 茶番とわかって

それでも

愚鈍な一人芝居を

つづけなければならないなんて








「明けない夜はない」なんて

大うそ

朝は 見えない









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/03/10 04:00】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |