ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
明日が来る

また 明日が

日は 昇る

また 目に痛い日が




世代は 替わる

子は 育ち

その子が 

また 子を産み育て





なのに

1分も 1年も

私には 同じこと

ただ

やがては私も

過去の産物に





いや 

産物などに なれぬほど

忘れられ

誰も 気にとめない






そう

あの

道端の石ころの如く

転がっているだけだろう





土足の足に 踏まれても

もう 叫ぶことさえ

できずに


フリー画像・ヌード







ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/05/02 00:04】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
まいにち まいにち

死んでいく

わたしの中の

大事なものが

いくつも いくつも

死んでいく




ひろっても ひろっても

死んだものは 

わたしの心に

もどってこない




大事なものは

思い出か

未来か 過去か

きらめく夢か

大事なものって

なんだったのか

それすら すっかり

忘れ果て





惰性 という名の

かわいた たましい

長すぎる 尻尾のように

もてあまし





まいとし 遠くに

春を 見て

大事なものが これ以上

死なないように

胸 おさえる




16006502.jpg








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/04/19 00:04】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
私に届く 何通ものメールは

その殆ど全てが

ただの広告で

それが 忌々しくて

片っ端から

削除する





あれやこれやの

支払いを済ませては

通帳の残高に 眩暈を起こす





ほぼ それしかない生活が

忌々しくて

母親の腹の中から

今現在までの自分を

片っ端から

削除したくなる




私の 全ては

「なかったこと」

誰も 私を知らない

だったら

削除しても きっと

何の問題もない




メール広告と同じ

人生

読まずに削除されるだけ








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/10/29 00:04】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
見えない未来を

過去の自分に

問い続け




失ったものたちを

振り返っては

いないとわかって

追い求め




死に化粧を

施すように

淡いピンクの紅を引き





棺の中に 横たわるように

ベッドの眠りを

恋い慕う




そして 今夜も

私はまた

ほんの束の間 死人になる









きぬちゃん携帯画像ネクタイ3

また泊まりで、父の四十九日法要に行って来ます。
絹は、またお留守番。

猫は、ひと晩くらい誰もいなくても大丈夫ですが、
絹は悪い方の目が、目やにだらけになってしまうので
ちょっと心配です。

毎日こうやってちゃーんと「礼服」を着ているのに
なんで絹は法要に参列できないのでしょう~?
ネコ手で、たぶん、たぶん、お焼香もできるのに~~
あ、なむ~~ならぜったいできまふ!(笑






ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/10/08 00:04】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
自分の姿は やっぱり

どこにも ないね




ただ 皮肉なことに

孤独という激痛に

この身を

よじらせているときだけ

私は

自分が 生きていることを実感する






色とりどりの日常を

みんなが

おはようとか おかえりとか

悲しい!とか 泣きながら

でも翌日には ごめんねとか

言い合って 笑って

零した涙が まだ熱いうちに

拭い合ってる

私には踏み込めない 世界を

背伸びして

指をくわえて 垣間見る





そして私は

たったひとつの 救いもない

独房な日常に

意地悪な微笑みを

向けられながら

凍った涙を 頬に張りつけたまま

灰色だけつづく景色に

埋もれ

埋もれて




また 自分を見失う








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/08/29 00:05】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |