ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
心に穴が 空いたまま

歩いていると

寂しくて 寂しくて

どうしても

他の誰かで

その穴を 埋めたくなる





でも

人格を持った者で

穴を埋めてはいけないの

それは やがて

破綻するだけだから




心の穴は

自分で

修復するしかないの

というか

穴の空いた心のままで

生きるしかないの





それが どんなに

痛くても

寒くても




何だかね

年甲斐もなく

ここんとこ少し

夢見てしまったの

もしかして 

この人なら

私の心の穴を

そっと 埋めてくれそうな

なんてね

でも

夢は夢





心の穴を

他の誰かで

決して

埋めてはいけないの

それはやがて 互いに

傷つけ合うだけになるから





心の穴を

他の誰かで

決して

埋めてはいけないの


14615733.jpg








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/06/22 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |
【苦しみやつらさが一つに限局できず、
より深い問題を抱える例がある。

このような患者は慢性的、かつ複数の症状を抱えており、
抑うつや不安感、厭世観や希死念慮などの、

人生を幸せに生きることができないという
広範囲に及ぶ問題を持ち、
「自分が自分であることそのもの」
「生きることそのもの」、
つまりパーソナリティが
苦しみやつらさの中心であるとしか表現できないような状態】



これ、前にも引用したんだけど、
いやあ、たまにはウィキも良いこと言ってくれるわー
と思って。

まさにこの通り。
私の場合は、この上に社会不安障害という神経症があって
それが主訴。

だけどその背後には引用した通りの
パーソナリティがあるので

つまりもう わたし=苦しみ ってことなの。

「生きることそのもの」が
苦しみやつらさって言うんだから
そりゃあもう苦しむために
生まれて来たようなもんでしょう?

だから、完治することはない。
でも、症状が軽くなって、楽になることはできると
長年セラピーをつづけてるんだけど


楽 は、まだまだ遠い。

どうすれば楽になるか、
わかっていても、それがお腹に落ちて感じられない自分がいて、
知性化ーせめて知的には知っているーという防衛が邪魔をして、

余計に楽になれない。

私は一体、何のために生まれて来たのか、
そんなこと、考えても仕方ない。

けれど生きるしかないのなら
穏やかに、楽しく、楽に生きたいと思うのは自然なこと。

なのに、楽 に手が届かないの。
どうしても。

そんな病理を、今日も明日も抱えて生きる。

苦しいね。

ちなみに、以下が神経症のメカニズム。
随分前に書いた記事で、リンクも貼ってあるけど
興味のある方は、読んでみてくだせえ。

症状の意味


フリー画像夜の横断歩道








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/05/13 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |
雨の日に

安堵するのは

街が 私と同じ色に

染まるから






グレーに染まる
 
雨の日の 街が好き





この世 という

懲役の中で

いつまで経っても

出所を許されない

私の心と

同じ色






懲役色に染まる

雨の日の 街が好き






海も 空も

私の明日も 懲役色






懲役色の 街が好き


14_m.jpg









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村


FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/04/26 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |
わたし独りの世界では

わたし という

一人称さえ いらなくて





私の呼ぶ あなたは

いつも

とっくに過ぎ去った

昨日の あなたや

この世から

もう消えた

向こうの あなた




一人称の わたしさえ

いらない世界

私しか いないのだから

わたし という言葉すら

必要ない






言葉も いらない

わたし もいらない

そんな世界で

私は 言葉を綴り

わたし と

自分を 呼んでいる


フリー画像・カクテルグラス








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/04/04 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |
白猫の

私を見上げる

あどけない表情が

たまらなく 愛おしい




この子の存在が

私を

人間たらしめている




そう 遠くない

春の宵が

街を包む

私を包む




生きている限り

苦しみは 

途切れることがない

一体何の試練なのかと

叫びたくなる




だけど

季節を感じられるなら

まだ 大丈夫

白猫を愛おしいと

思えるなら

まだ 大丈夫




苦しみの余り

人の心を失うのが 

怖くって

恨みや憎しみだけに

心を支配されてしまうのが

怖くって





何度も 白猫の頭を撫でて

窓を開けて

風の香りを感じて

まだ 大丈夫と

自分に 言って聞かせてる


きぬ携帯画像156ちぬ・うんちしてしてー










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/03/25 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |