ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
先日、友人に会った。

久しぶりだからゆっくり過ごしたいと
スーパー銭湯みたいな所に行って
食事して、お風呂に入って
のんびりしながらいろいろ喋った。

久しぶりの彼女の
あの一見、高飛車にも聞こえる物言いに反した
内心の心配りに触れて、楽しかった。


でも・・・・・・・。
何て言ったらいいんだろうか・・・・。

友達とかもう大していないんだけど、
それでも数少ない、親しい友達の前で
私はいつも自分のままになれないんだなあ・・と実感した。


私は常に、相手に合わせた会話を、心のどこかで探してる。

サチコの前では、サチコに合う話題を、
アキコの前では、アキコに合う話題を、
探して、見つけて、話してる・・・・・。


でも、それはべつに健康な人だって
ある程度は相手に合わせて会話するんじゃないの?
無論、親しさの程度にもよるけど。

♪ありの~ままの~~~~すがたみーせるのよ~~
とかさ、「素顔のままで」とかさ、
やたら言われるのは、

やっぱり健康な人も、なかなか♪ありのーままの~~
にはなれないから、
いつもそう言う言葉が歌になったりするんでない?


となると、どこからが健康でどこからが病気か、
その境界って凄く曖昧で線引き出来ないんじゃない?
てか、♪ありの~ままの~~すがた になれない=病気
ではないんだけども

そうだねえ・・・・はだか ではなかなかいられないけど
みんなせいぜい ♪下着姿み~せるのよ~~~
くらいにはなれるんでしょ?

私の場合、下着の上にTシャツを10枚くらい着込んで
その上に着ぐるみ着て、その上に甲冑(かっちゅう)?!
まで着てるもんで、重たくて脱ぎたい!んだけど脱げないの。

まあ私のように、そんな調子で
また一年中苦しいのは明らかに病気だし、
もう♪ありの~ままの~~~すがた
なんて、どこにあるのかさえ忘れたわ。
♪ありの~~ままの~~すがた?
どこに置いて来ちゃったのか、自分でもどれが
♪ありの~~ままの~~すがた なのかもわかんない。


あら、だらだらと書き綴ってしまったけど
結局、何が言いたかったか忘れた~

でももうブログ再開してからは
テキトー を心がけてるからいいの~~


そうそう。
「どこか欠けてる」「どこか足りない」って意味では
みんな病気なんじゃね?

というのが私の持論だす。

だからこそ、ひとは、ひとを求めるというね。
お互いっこ 支え合ってしか生きられんよね。


と、ちょと無理矢理締め括る。










ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ


にほんブログ村







スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/09/29 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |
胸の内から

ドコドコと叩かれるように

拍動が この耳に響くと






空が 

血の色に染まる





街中が

静止画像になる






青い空が 見たいのに

いつもの街が 見たいのに





このカラダが 邪魔で

見えない



フリー画像・ガラスのひび










ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/09/28 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |
不安の暗雲が

突然 心に立ち込めて

大雨が降り出した





錯乱しそうな心を抑えて

乱れた呼吸を

ひとり必死で整える








自分は病んでいるんだと

実感した一日


フリー画像・雨に濡れた街









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2017/08/25 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |
ゴミを出す日も 忘れて

苦しみに 没頭している




当たり前の日常が

私には 一丁目一番地の地獄で

辺りの穏やかな光景とは 裏腹に

苦しみ喘ぐ





不安という地獄

強迫性という地獄

抑うつという地獄




あと幾度 

地獄の角を曲がったら

私も

あの穏やかな光景に

混じることができるだろう




あと幾度

地獄の角を 曲がったら




あと幾度

地獄の角を 曲がったら










ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/10/31 00:04】 | 神経症
トラックバック(0) |


sado jo
心のゴミを収拾袋に入れて捨てられたら楽でしょうね。
こればっかりは役所が回収してくれません><

Re: sado joさん
ナレイ
コメント、ありがとう。

いやあ、私はもう「心のゴミ」どころか
この全身 を粗大ゴミに出したいです。

苦しみだけの体や心は
もう本当に

いらないっ!!!のです。


コメントを閉じる▲
誰かと

心が通い合ったときの

喜びより

誰かと

心が通わなかったときの

痛みのほうが

強すぎる

そんな私は 病んでいる





小さな痛みを

後生大事に 抱え込んで

小さな痛みが

幾重にも重なって

大きな痛みとなって

私の胸を 押し潰す

そんな私は 病んでいる





「傷つけられた」「傷つけられた」

と 声高に言う人ほど

自分がいちばん

誰かを 傷つけている

それが わかっているのに

被害感で

いっぱいになるときがある

そんな私は 病んでいる





せめて

病んでいることを

言い訳にしない

胸の痛みに

押し潰れても

冬の冷気に

負けそうになっても

傷つけられたと 訴えない

「自業自得」その言葉の意味を

せめて 知っている




傷んだ胸を 押さえながら

「まだ私には健康な心が残っているの?」

と 夜空の月に

問いかける








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/10/24 00:04】 | 神経症
トラックバック(0) |