FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
むごい・・・なんてむごい

と思いながら

ようよう 起き上がる




お湯を沸かさなきゃ・・・

疲れた

ああ・・今日は確か燃えるゴミの日

流しを洗ってゴミをまとめる

ああ・・・

疲れた

あ、それから

猫に薬一式飲ませなきゃ・・・

疲れた






お腹が空いたけど

冷蔵庫は空っぽ

何を食べよう・・・?

考えるだけで

疲れた




もういい

何も食べずにいよう

疲れた




疲れた





冬の冷気が 棘のように

幾つも幾つも

背中に 刺さって

痛いのに





私は 

一日の流れに

逆らうことさえ

できなくて



フリー画像シャンデリア









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/01/15 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |
苦しみの連続、不運の連続な人生。

苦しいよお、つらいよお・・と思いながらでいいから、
無理に元気に振る舞う必要はないから、

この胸を引き裂くような痛みに、身悶えしても、
ひとつひとつ、不運も苦しみも受け容れて、
ひとつひとつ、クリアして行くしかないのだろう。

苦しみ抜いたその先に、楽 が待っているかも知れないと
せめて、信じたい。


一体何の試練なのか と考えてしまうと、
性根がどんどん捻じ曲がって行くから、
そのことは考えずに。

精神科の患者がときに厄介者扱いされるのは、
病気そのものではなく、病気による苦しみが精神にあるので、
自分でも気づかぬうちに、
「なぜ私ばっかり」とか「私なんか生きていても」
などと思うことで、どっぷりと主観の世界だけにハマり
周囲が見えなくなってしまうからだと思える。

だからどんどん、性根が捻じ曲がって行く。
「もっと愛して」と、心の隙間を、他者によって埋めようとする。
そして嫌われる。
自己と他者とは、別な人格なのだから。

物事を客観的に、
俯瞰で見ることができなくなってしまう。


私はそうはなりたくない。

ナレイズムとは

どんなに苦しくても、どんなに病んでいても、
物事を真っ直ぐに、ニュートラルに
見られるということ。

どんなに苦しくても、
捻じ曲がらずに生きること。

泣きながらでいいから、
ダメダメな自分のままに
安心して、ひとに迷惑をかけていいから、

頑張らなくていいから
ネガティブのままでいいから、

のろのろと、歩く

それこそが ナレイズム。

ハンドルネームは、なるように なれぃ。

ナレイストとして、私は生きる。


きぬ携帯画像195のんびじ3








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/12/06 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |
うつが・・・・・
うつが・・・・・
うつが酷くて、動けない日がつづきます。

まともに眠れなくて

思考もできません。


鉛を背負っているように
体中が重たいです。



フィルターのかかった
この目で、歪んだ現実を見ています。

本物の現実 は見えていないのだと思います。
主観の世界にだけ生きているから、苦しいのだと。


死にたい衝動を
それでも、必死で抑えます。

私に明日は見えません。
私に夢は見られません。



生きている
息をしている

ただそれだけです。

とっくに乾いた洗濯物が
もう何日も、ぶら下がっています。

絶望するだけの気力も、ありません。






ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:お知らせ - ジャンル:小説・文学

【2018/10/27 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |
私の病は

もしかすると

辛かったことや

悲しかったことしか

記憶できない

病かも知れない





あったでしょう?

楽しかったことや

嬉しかったことだって




そう自問して

目をつぶって

探してみても

見つからない




今日の秋晴れのように

暖かな陽射しと

やわらかな風に

包まれてたときが

たまには あったでしょう?




ないの

ないの

見つからないの

そんな時は

どこにもないの

覚えてないの





辛かったこと 

悲しかったことしか

記憶できない この病は

重症だ







そんなことを

思考できない頭で

ぼんやりと思いながら

私は

今年もまた

冬の入り口に立つ


はだか木








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/10/25 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |
死にながら 生きています




死にながら 生きていると

景色が

全てモノトーンに見えます





青空の青も

日に輝く緑も

白と黒にしか見えません





死にながら 生きていると

行き交う人が

眩しく この目に映ります

私にはない

オーラを放っていて

とても眩しく





死にながら 生きていると

心のあちこちが ほころびて

その ほころびから

わたし が少しずつ

零れ落ちます





死にながら 生きています


死にながら


フリー画像・モノトーンの街







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/10/22 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |