FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
台所の流しには

汚れた食器と 一緒に

むき出しの 寂しさと

無防備な 孤独とが

置いてある





食器の汚れは

すぐ落ちるのに

孤独も

寂しさも

いくら磨いたところで

落ちやしない





こんにちは 

さようなら

そう言って

すれ違うだけの 近所の人





気づかないでしょう?

顔見知りでしかない

あなたにさえ

踵を返して

すがりついて行きたくなる

私の気持ち





春なのか

冬なのか

はっきりしない

この気候は

まるで

私の 心にかかる

もやのよう




青空が覗いても

私の心に

陽は ささない





こんにちは 

さようなら




こんにちは

さようなら


フリー画像・口紅









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/05/11 00:03】 | 考えるより感じること
トラックバック(0) |
今日書こうと思ってたことを、すっかり忘れてしましいました。
なので、再掲載記事でさーぜん。。

世の中が汚いとか

みんなエゴイストだとか

そんなこと

言っても仕方ないじゃない?





みんな そう思ってるのよ

自分だけは違うって

世の中が汚くて

他人が エゴイストだって





そうよ

私も あなたも

エゴイスト

だけど

あなたの白いシャツの

襟もとから

ときおり覗く

優しさや温かさは

本物で

それがあれば 十分なの





その優しさに

救われる

私が いるのだから






自分の手の中に

垣間見られる ぬくもりは

本物で

それがあれば 十分なの






そのぬくもりに

安心してくれる

誰かが いるのだから





そうよ

あなたも私も

エゴイスト

特別な自分なんか

いない





だけど

あなたの胸も

私の手も

温かい





特別な自分なんかいない

だけど 私たちは

いつでも 誰かに

助けられながら

生きている




おんなじ空を

見上げてる





そのことを 感じるほうが

世の中の汚さを

嘆くより

他人のエゴイズムを

憂うより

ずっと いいとは

思わない?


フリー画像青い街並み







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村








FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2018/04/29 00:03】 | 考えるより感じること
トラックバック(0) |
滅多に返信をくれない

あなたからの

久しぶりのメールの


たった 一行が




私の心を突き刺しました




やらなくてはいけないことは

山ほどあるのに

動けなくなりました




活字は諸刃の剣 

と言われるけれど

あなたからの一行は

いつも

短くても 温かく

私を支えてくれる 一行でした




だから

余計に深く

私の胸に

突き刺さりました




ごめんなさい

私が あなたを

突き刺したのかも知れません




だけど もう

動けません

あなたにメールするのは

これきりにします




さようなら

活字のあなた


フリー画像・女の影の顔







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/04/25 00:03】 | 考えるより感じること
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
私が全幅の信頼を置いている、A氏という
職場の上司がいる。

親しい友人にも、自分の苦しみを話せない私は
このA氏に頻繁に長文メールすることで、
何とか自分をキープしている。

A氏は、常に超多忙で、過密なスケジュールに追われているのに、
他愛もない私のメールを、いつもちゃんと読んでくれる。
私が本当に危ないときは、それを察知して電話をくれたり、返信をくれる。

以下、今日のA氏へのメール

【不思議だね。

Aさんには、こんなにバンバン迷惑メールしてるのに、
全然返信がなくても、Aさんは全部ちゃんと読んでくれてる
という確信 みたいなものが私にはあってね。


広い世界に立ち向かっているAさんにとって、
狭い狭い世界の中で、やれ、絹の体調がどうこうだの、
職場でこんなことがあって、どうこうだの、と
バカバカしいほど些末な事柄の筈なのに、
Aさんはきっと、その些末な事柄にも、
ちゃんと向き合ってくれると感じる。


世界はもっともっと広いと知っていながら、
みじんこみたいな事柄に怒ったり、悲しんだりしてる自分は、
ホントにバカじゃないかしら?と思うけど、
みじんこの視界でしか、私はものが見えなくて。

だから、みじんこの気持ちまで、
いつもちゃんと考えてくれるAさんには感謝してる。

ありがとう


A氏は、いつも私を見守っていてくれる。
そういう人が、一人でもいるだけで、
私は、感謝しなくてはならないだろう。







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/10/09 13:35】 | 考えるより感じること
トラックバック(0) |
自分の欠如を

おおやけに

晒して生きる






傷ついても

傷ついても

自分の欠如を

晒しつづける





この欠如を

誰かに埋めてもらうのでなく

依存や 支配や

幻想で

埋めるのではなく

欠如は 欠如のままで






だって 欠如している私が

わたし なのだから






そしたら きっと

欠如した わたしのままでも

世界を 

真っ直ぐに

見られるはずだから



フリー画像・湖に向かう女








ぽちで救われる私がいます 




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/09/01 00:04】 | 考えるより感じること
トラックバック(0) |