ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
苦しみが つづくと

人の心は 歪んで行く





他人を羨み 世間を恨み

自分がいかに無価値かを

主張することで

ますます自らを 貶める





苦しみは

世間のせいじゃない

自分が無価値だと

主張することに

一体何の 意味がある?






苦しみに 歪んだ心は

本来の 

いのちの在りようまで

自らの手で 

もみ消してしまう

そして ますます歪んで行く

悪循環に陥る






私もきっと

歪んでいるのだろう

でも これ以上

歪みの悪循環に

はまりたくない





たとえ

どんなに苦しくても

たとえ 闇の中に

棲みつづけたとしても

自分のいのちを

素直に 公平に

見つめられる心を

私は 失いたくない






自分のいのちに

価値があっても

なくても

今日が 過ぎ

明日は やって来る






それが たとえ

苦しいだけの

明日だとしても

この空の下では

皆 平等に生かされている

そのことを しっかりと

受け止められる

自分でありたい





苦しみは

世間のせいじゃなく

自分のせいだということを

知れ





草や 虫と

同じように

生かされていることを

知れ


フリー画像・デニムの少女

これを今日書いたのは、ネット検索していろいろ見ていたら
社会で上手く行っている人はみんなずるいヤツ、イヤなヤツみたいに
ねちねちと書いている人がいたので、胸が悪くなったからです。
せめて 自分が歪んだものの見方をしている、という
病識だけは持っていたいものです。











ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/09/06 00:04】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
流れる 時は

わたしを 

待っていてはくれない





気がつくと いつも

置いて行かれて

わたしは

古(いにしえ)の者になる





8月の空に

毎年 毎年

大切な人たちを見て

心は 余計に

古へと戻る






人も 車も

流れ 流れて

待って 待って

行かないで と

この手をいくら

伸ばしても

置いて行かれる




夏の心のままで

あの人たちと

一緒にいたい





そう思えば 思うほど

わたしは 

古の産物になる



フリー画像・レースのカーテンの窓









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/08/29 00:03】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
色とりどりの景色に

グレーのフィルターが

かかるから

物語が 作れません






隣りに

誰もいないから

物語が 作れません





物語が 作れません





この 余りに無常で

悲しいばかりの 

一日一日でも

重ね 重ねて

ささやかな

物語を 作れたなら

私はそれで 満足です





もう

緞帳を 降ろしましょう

無名な私に

カーテンコールは 

ありません





それでも ちっとも

構いません





当たらない

スポットライトも もう消して

緞帳を 降ろしましょう





緞帳を降ろしましょう



フリー画像・ソファの女


「赤色エレジー」あがた森魚











ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ


にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/08/19 00:03】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
真夏の空に 見えるのは





 

立ちはだかる 嘘を

殴りつづけて

血の滲んだ

あの拳





重ね合わせた

互いの体に

戦慄が 走った 

その瞬間







そして






くさびが 打ち込まれる胸を

抑えるように 堪えた

愛する いのちが

這って 這って 

向こう岸へ 逝くまでの

短くて長い 時間



フリー画像・グラスの雫








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2017/08/06 00:04】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
正義という名の

刃に 傷つき

何気ない

人の言葉に 傷つき

余りに 無力な

自分に 傷つく





どうしたの?

私は

強いはずじゃなかったの?






ああ そうだっけ

みんなに

「あなたは強いね」と

言われる度に 傷ついたっけ





強くなんかない

ほんとは弱い

よわっちい

私の心



フリー画像・肩を抱く女









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/07/22 00:03】 | 感情の発露
トラックバック(0) |