ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
「1995年かあ。

21世紀もうすぐじゃん。

ノストラダムスの大予言なんて
みんな信じてるの?

世界が滅びてくれるなら
私は嬉しいけど、滅びるわけないし。


今、職場では、
日勤より断然、夜勤のほうが好きなんで
月7回ぐらい夜勤やってまーす。

こないだ、はるみと一緒に
シャ乱Qのライブに行った。
ナースの白衣着て、ナースキャップに
網タイ履いて。

普段はアムラーなんだけどね。

30過ぎて何やってんの?わたし~

戦後50年記念の朝生はさいこーにおもろかったねー」



本気で そう思う

あの頃のままの 自分がいて

思い出に ならなくて

生々しい「あの頃」が

私の心を 支配する





見えなくなった

あの人の姿を 追い

骨になった

あの人を 生かし

過去に どっぷりと浸かって

まだあの頃を

生きている




時計の針が 残酷に

凄まじいスピードで

回るから

私は 着いて行かれない








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/11/15 00:03】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
昔、観た映画やドラマや
歌った歌や、
そういうものって、

そのときにその映画やドラマを
一緒に見た人や
そのときの景色が、
思い出になって、いつも着いて来るんだよね。

だから私は
ついつい、昔の映画やドラマばかり
何度も何度も観てしまう。
「あの頃」に浸りたくて。


「ちいさい秋みつけた」という歌は

若い頃つきあってた彼が言ってた。

「この歌って1番ばっかり有名だけど
2番の歌詞がいいのにな」って。

私も同じことを思っていて、
「うん・・・2番、うつろなめのいろ のあとに 
とかしたミルク だよ。凄くいいよねえ・・・・」と言った。

彼と同じ感性を共有できることが、ただ嬉しくて。
彼は、とてもシャープな感性の持ち主だったから。

そんな些細なやり取りでも
思い出はいつも、着いて来る。


私の思い出は、そう・・・・もう17年前くらいで
止まってしまった。
時計の針が、そのときから動いていないから。

もう、新たな思い出は、作れない。


だから、自分がこんなに年齢を重ねても
今が2017年だと言われても、
全然ピンと来なくて、
1995年くらいのテレビの番組とか、映画とか、
その頃人気のあった役者とか歌手とかが出て来ると

ああ、これ2~3年前にやってたよな・・・なんて
本気で思ってしまう。

そしてずっと、そこに耽ってしまう。
そんな癖が、抜けなくて。





「ちいさい秋みつけた」

♪だれかさんが だれかさんが だれかさんが

みつけた

ちいさいあき ちいさいあき ちいさいあき

みつけた

おへやは きたむき くもりのガラス

うつろなめのいろ とかしたミルク


わずかなすきから あきのかぜ

ちいさいあき ちいさいあき ちいさいあき

みつけた♪


作詞:サトウハチロー
作曲:中田喜直










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/10/30 00:04】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
わたしの心に

朝はない





わたしの心は

夜になる

わたしの心は

夜になる





心の夜に 見る星は

消え入りそうに

ようよう微かに

光るだけ



フリー画像・夜の森縮小







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2017/10/18 00:02】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
苦しみが つづくと

人の心は 歪んで行く





他人を羨み 世間を恨み

自分がいかに無価値かを

主張することで

ますます自らを 貶める





苦しみは

世間のせいじゃない

自分が無価値だと

主張することに

一体何の 意味がある?






苦しみに 歪んだ心は

本来の 

いのちの在りようまで

自らの手で 

もみ消してしまう

そして ますます歪んで行く

悪循環に陥る






私もきっと

歪んでいるのだろう

でも これ以上

歪みの悪循環に

はまりたくない





たとえ

どんなに苦しくても

たとえ 闇の中に

棲みつづけたとしても

自分のいのちを

素直に 公平に

見つめられる心を

私は 失いたくない






自分のいのちに

価値があっても

なくても

今日が 過ぎ

明日は やって来る






それが たとえ

苦しいだけの

明日だとしても

この空の下では

皆 平等に生かされている

そのことを しっかりと

受け止められる

自分でありたい





苦しみは

世間のせいじゃなく

自分のせいだということを

知れ





草や 虫と

同じように

生かされていることを

知れ


フリー画像・デニムの少女

これを今日書いたのは、ネット検索していろいろ見ていたら
社会で上手く行っている人はみんなずるいヤツ、イヤなヤツみたいに
ねちねちと書いている人がいたので、胸が悪くなったからです。
せめて 自分が歪んだものの見方をしている、という
病識だけは持っていたいものです。











ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/09/06 00:04】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
流れる 時は

わたしを 

待っていてはくれない





気がつくと いつも

置いて行かれて

わたしは

古(いにしえ)の者になる





8月の空に

毎年 毎年

大切な人たちを見て

心は 余計に

古へと戻る






人も 車も

流れ 流れて

待って 待って

行かないで と

この手をいくら

伸ばしても

置いて行かれる




夏の心のままで

あの人たちと

一緒にいたい





そう思えば 思うほど

わたしは 

古の産物になる



フリー画像・レースのカーテンの窓









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/08/29 00:03】 | 感情の発露
トラックバック(0) |