FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
寝ている私の

頭を 横断する

私の頬を

踏みつける





それは

白猫の 

貴重な げんきの証

真白なダイヤが

きらきら きらきら

ゆきつ戻りつ





この世で ただひとつの

私の喜び



ちぬ・タワー2

私が疲れて、絹を、
お鼻がつまったままにさせてしまい
ネブライザーをしてお鼻が良くなってからも
元気がありませんでした。
でも、夜になってやっとげんきちゃんになって、走り回っています。


それは、苦しみに生きる私の、唯一の喜び
と言っても過言ではありません。






ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2019/01/17 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
おはよござます、
きょうはわたしはおねーしゃんがきーきわるいから
ちぬがかわりにかいてとゆわれたのでかきます。

きょうはわたしは、ねこてでおねーしゃんのくちびるを
もちあげておこしました。
それからうしろにいっておねーしゃんあたまのけを
たべておこしました。

おねーしゃんにどこがきーきわるいの?ってきいたら
おかぜだよ、ちぬとおんなじおかぜとゆいました。

わたしはげんきちゃんです。
じゃあおねーしゃんもげんきちゃんだとおもいました。

おぞうにってなあにってまえにおねーしゃんにきいたら
おしよがつにたべるものよとゆいまいた。
おぞうにみておとなのしとのたべるおぞうにのえかきました。

おとなのしとはいろんなものをたべるんだなあとおもいました。
わたしは、ろいやるかなんしかたべません。

きぬより

きぬ日記お雑煮


きぬ携帯画像201ちぬお嬢様だぶるべつと2










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/01/03 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
ねこが はしる

ねこが はしる

ちいさな かぜを

まきおこして





ねこが はしる

へいわというなの

かぜを

まきおこして





そのかぜを

むねいっぱいに

すいこむ




ねこが はしる

ねこが はしる


ちぬ・タワーたのちい2








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2018/12/17 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
絹が、我が家に引き取られて
もうすぐ4年が過ぎようとしています。

この子は、生後2日でシェルターに保護され、
マシュちゃん の名で、4年の月日を過ごしました。

もうすぐ、シェルターで生活していたのと同じ、
うちの娘 になって、4年が経ちます。


引き取って1年目くらいで
もう慣れたかな、と思っていました。
でも、2年経って思い返すと
ああ、去年はまだまだ慣れてはいなかったんだ、
そんな風に、年数を経る毎に
「慣れた」と思っていたこの子が
まだこの家に慣れていないのを実感しました。

人間の1日が、
犬や猫にとって何日くらいになるかご存知ですか?
1週間 だそうです。

それを思うと、絹にとって
シェルターでの4年間は非常に長いものだったと言えます。

でももうすぐ、
シェルター生活と同じ4年間が過ぎようとしています。


本当に絹は、少しずつ慣れて、
顔つきまで変わって行きました。

シェルターにいた、マシュちゃんは、
もうどこにもいません。
どこか物憂げでアンニュイで上品なマシュちゃんではなく
甘えたり、私を起こしたり、
美人さんだけど、 何だかへのへのもへじみたいな
我が家の子らしい、絹 になって行きました。

それでもまだ、5年経ち、6年経つうちに
益々慣れて行くのでしょう。

いずれにしても人間の都合で、
いきなり新しい環境に置かれたことは
この子にとって、大変なことだったと思います。

風邪の症状が酷く、口内炎がなかなか治らず、
毎週のように病院に通いました。
痛みのために餌を食べられず、
一時期はガリガリに痩せました。

心配で心配で心配で、
仕事場みたいに病院に通いました。

良い薬のお陰で、口内炎も良くなり、
多少の波はあるけれど、最近の絹は、
お陰様でげんきちゃん!です。

ただ、お鼻だけはすぐにつまるので
ネブライザーは欠かせません。

新しい環境で、不安な思いを沢山させたと思います。

だからこれからも、絹が、少しでも気持ち良く、痛くなく、
元気に過ごせるよう、
愛情を沢山注いで、大切な 娘 として、絹のげんきを何より大事に
この子と暮らして行きたいと思っています。



劇的ビフォア・アフターみたい~~

↓我が家に来たばかりの頃の絹(まだマシュちゃんのお顔です)
おお~~美人さんですね!

きぬ縮小版24

↓我が家の娘 になってからの絹
(美人さんだけど、へのへのもへじ みたいですね)(笑

きぬ携帯画像179げんきちゃん!です







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/12/15 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
絹を引き取って、
もうすぐ4年が経とうとしています。

いろんなことを想定して、
相当の覚悟をして、里親になりました。

しかし、まさかここまでこの子が病弱で、
病院通いが日常になり、
ここまでお金がかかるとは思いませんでした。

一生飲ませなくてはいけない薬があるなんて
想像もしていませんでした。

もう慣れましたが、
何種類もの薬のことが、
いつも、この肩にのしかかっていています。

絹の爪を切る余裕さえ無くなりました。


「後悔をしていない」と言ったら
嘘になります。


でもー
子供が親を選べないのと同じように、
猫は、里親を選べません。

私も、沢山いる猫たちの中から
一匹を選ぶ というのがとても嫌です。
どの子も同じ いのちだから。

だから、シェルターに見学に行ったとき
真っ先に目に入った成猫の白猫を引き取る、と
即決しました。
子猫はすぐに貰い手がつくので、せめても、という気持ちでした。

その4才だった白猫の、名前もいろいろ考えて
絹 と決めました。

シェルターで手続きを済ませて
絹を連れて帰るとき、見送ってくださったスタッフの方々に

「はい!これで今日からこの子はうちの子になりました。
絹 と名づけます。終生、愛情と責任を持って育てます。
4年間、本当にお世話になりました」

そう言いました。

スタッフの方々は
「絹ちゃん という名前ですか?可愛い~!」

と言ってくださいました。

自分がどんなに具合が悪くても、
絹の世話だけは欠かせません。

正直 しんどいです。

でも、それ以上に
私は絹を、あいちています。

首輪を手作りして、おこたを作って
キャットタワーを買ってあげて、毛布を敷いて・・・
蝶よ花よとばかりに大事に大事にしています。

ちょっと大事にし過ぎだろ?とも思えます。
やたら、子供に過干渉な母親みたい~(笑


でも、どんなに苦しくても、痛くても、
それをそのまま受け容れる絹を見ていると
不憫で、不憫で、愛情が溢れます。

頑張る のは嫌いです。
でも、絹のことだけは頑張らないと。

これからもこの子を、あいちて行きます。

あいちています。
愛おちいです。


ちぬ・蝶ネクタイ

ちぬ・キャットタワーお気に入り











ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/10/19 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |