ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
もう30年以上、精神科の病に苦しみつづけて来ました。

そこで私が思いついたのが

詩 という表現方法で
自分の苦しみ、悲しみを綴る ということでした。


皮肉なことに

より苦しいとき、より悲しいときに
私の中に、様々な言葉やフレーズが浮かぶのです。

そんな負の感情を「詩」として、
この場に吐き出しています。


当然のことながら、出来上がった詩は
その殆どが ネガティブ です。

でも、そのままでいいんです。


無理にポジティブになる必要はない。
つらいときはつらいまま
悲しいときは、存分に悲しんで
それらの感情を「なかったこと」にはしない、

ひとは、とかく「いつまでも悲しんでいてはいけない」
と思いがちですが、
悲しむということ は、実は己の成長のために
非常に大切な心の働きです。

私は、病気と無理に闘って克服するより
上手につきあって行きたい、

そして無駄な努力をするのはやめて
今の自分の現実を受け容れて、あきらめる生き方をしたい
「ネガティブのままでいい」には、そんな意味が込められています。

この場は、私の感情の吐き出し場です。
しかし同時に、私の文章は、拙いながら
「詩」という創作でもあります。
私が吐いた感情を、深いことばとして紡ぎ、様々な表現として
この場にひと粒ひと粒、零して行くことができたら、と思っています。


現在、片目の白猫と二人暮らし。
この白猫は、都内のある保護シェルターから里親として引き取って
絹 と名づけました。
絹は、右目が悪いです。
目の瞬膜が癒着しているために、あまりよく開きません。
でも、私は、絹の その目に惚れました。

既に犬6頭、猫3匹を見送っています。

また、絹は体が弱く、生まれつきの猫ウイルス性鼻気管炎で、
様々な症状に苦しめられて来ました。
絹には、死ぬまで、毎日、一生
欠かさず服用しなければならない薬が、4種類あります。
この薬で、絹の「げんき」は保たれています。

でも、ケモノはどんなに苦しくてもただ「生きる」。
その姿は、人間より立派だと思っています。


日々の溢れる感情や、愛しきイヌネコへの思いを
詩や散文に綴っています。

興味のある方は、是非お立ち寄りください。




きぬ携帯画像74修正版



こちらはトップページです。(だって何かいつもの記事みたいなんだもの~



・新着記事はこの下からお読みください。

・興味のある記事がございましたら、カテゴリからお入りください。

・好評だった(?)記事をお読みになりたい方は、
「人気の高かった記事」からお入りください。
(ていうか、私が読んで頂きたい記事 というのがここです)

・アップしたものの、気に入らない記事は、数日で削除致しますので
ご了承ください。





スポンサーサイト

FC2blog テーマ:お知らせ - ジャンル:小説・文学

【2030/04/01 00:03】 | ご挨拶
トラックバック(0) |
しよっかなあ、と思い始めています。(はやっ!
何て言うのか・・・・・・

ある事情があって、もうバカバカしい!暫くやめる!
と思ったのも事実です。


でも、やっぱり私には、この場に感情をぶつけられないというのはキツい。
記事を書かないでいるのが、ちょっとキツくなって参りました。

ただ、これからは
毎日毎日、強迫的に更新するのではなくて、

気が向いたとき、感情が爆発したとき、
日記みたいに、どーーーでもいいことも自由に
書いて行きたいなあと思っています。

何だか大袈裟に「休止のお知らせ」なんて書いたけど
そろそろ再開します。

今後ともよろしくお願いします。



冬布団を出さなくちゃ


秋の風に せかされる


ナレイ


フリー画像・緑の中の古いブランコ








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ


にほんブログ村

FC2blog テーマ:お知らせ - ジャンル:小説・文学

【2017/09/25 00:04】 | ご挨拶
トラックバック(0) |
いつも、こんな私の拙い文章を読みに来て下さっていた方々、
コメントをくださった方々、

本当に、ありがとうございます。

この度、一身上の都合により、ブログ更新を暫く休止することに致しました。

私がブログを始めたのは、そう・・・もう6年くらい前からでしょうか。
入院などで、家にいないことがない限り、一日も欠かさず、
毎日記事をアップして参りました。

しかしながら、もう、全てに疲れてしまいました。

自分の苦しみ、悲しみを「詩」という表現にすれば、
いくらでも書ける、皮肉なことに
苦しい時や悲しい時ほど、あらゆることば、フレーズが浮かび、
それをメモ帳に書きとめ、この場に吐き出して参りました。

この場は私にとって、負の感情を吐き出せる、唯一の場 でもありました。

私は、友達には、どんなに親しくても、
この場に書くようなことは言えません。

その私が、ブログ更新を休止したら、
私は一体どこに、この思いをぶつければいいのか、
家族もなく、喋る相手もいない中、途方に暮れているのも事実です。

が、ある事情により、やむなく休止することと致しました。

ですが、あくまで「休止」であり、
当ブログそのものを閉鎖するわけではありません。

なので、また近いうちに書き出すかも知れません。
当分書かないかも知れません。

それはまだ、私自身にもわかりませんが、とりあえず
これまで応援してくださった皆さまに
お知らせしようと思い立った次第です。

皆さま、本当にありがとうございました。
皆さまの応援が、私にとってどれだけの励みになったか知れません。

再開する時が来たら、また、お知らせ致します。

もしかすると、今度は 詩 はなく、散文中心になるかも知れません。

いずれにせよ、本日2017年 9月16日を以って
私の記事は一時休止となります。




皆様には、心から感謝致しております。

本当に、ありがとうございました。


ナレイ


フリー画像・ありがとう


尚、ツイッターは継続しておりますので、そちらで絡んで頂けたら幸いです。

追記:なんだかヘンなカンジ・・・・・。
私は予約投稿していたので、仕事のある日もない日も
どんな日も、今頃せっせと翌日の記事を編集していたのに
もうその必要がないなんて・・・・・。
17:13






ぽちで救われる私がいます 




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/09/16 00:04】 | ご挨拶
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
昨日、父が亡くなったと連絡がありました。

父は、私が高校生の頃に母と離婚。
その後、父は再婚をして、奥さんも娘
(腹違いの妹に当たります)もあったので
私はたまに、父と外で会うことにしていました。

その奥さんからの連絡でした。


悲しみは、さほどありません。
もう85でしたし、
晩年は一緒に暮らしていませんでしたから。

でも、知らない家庭に、
実の娘としてひとり向かうという
何とも複雑な思いと、心細さでいっぱいです。


遠方なので、本日の通夜、明日の告別式には
泊まりがけで行って来ます。


そのため、数日の間ブログ更新はお休みします。


母のときも、ひとりぼっちで葬式を全て仕切りました。
(小さな葬式でしたし、助けてくれた友達は勿論いましたが)
父のときも、ひとりぼっちです。

こんなとき、パートナーがいてくれたら、と思っても
いないものは仕方ありません。

私はいつも、ひとりです。

どんなに立てなくても歩けなくても、
その場にうずくまってしまっても、
おぶってくれる人も、肩を貸してくれる人もいません。

自分ひとりで起き上がって、歩くしかないんです。

辛くて苦しくて、どうにもならないとき、
自分を必死で奮い立たせるために、
前向きなことを書く方は多いです。
きっと、「もうダメ・・・」という自分を認めてしまったら
二度と起き上がれないかも知れない不安から、
そうするのでしょう。

でも、私は違います。
「もうダメ・・・もうダメ・・・」逆にそう思って
自分に存分に甘くしてあげなければ、
窒息してしまいます・・・・・。

だから、せめてこの場では「ネガティブのままで」
いたいのです。

今日、明日は文字通り 「頑張って」、
父を見送ってあげたいと思います。







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2016/08/24 00:05】 | ご挨拶
トラックバック(0) |


カプチ
ナレイさんがいいと思うやり方で送ってあげてください。

Re: カプチさん
ナレイ
コメント、ありがとう。

とうとう父は、逝ってしまいました。

でも、私が向かった場は、
私が想像していたような、心細く感じるような
そんな場ではなく、とても温かな場でした。

父をみんなで見送ることができて
良かった・・・と心から思えました。

コメントを閉じる▲
雀の子そこのけそこのけ

スナックやけくそ2

なんだか今日はママが
「ムカつくから今日は店じまいだよ!」
と、言っております。
どうやら、初めてのお客さんが、
自分の素性も明かさず
ママの酒の飲み方がいかに悪いか、
を指摘して来たようです。


ママは「一元さんにそんなこと言われたかねえー」
と、不快だったそうで。


さて、、
今回は、小林抹茶の有名な句で御座います。
これは、ママがお客さんの接待もしないで、
勝手に酒をがぶ飲みしているという、
人間のエゴイズムに鋭くメスを入れた
一句になっております。
(ちょーてきとー)


ま、お店のお客さんも、もちろんママも
マナーを守って、楽しく飲みましょう
ということです。


最近、ホットカーペットを買ってもらって、
夜中もあったか、ゴキゲンちゃんな絹ちゃんです。
おねーしゃんも安心です^^
きぬちゃん携帯画像5








ぽちで救われる私がいます

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

FC2blog テーマ:ご挨拶 - ジャンル:小説・文学

【2016/02/07 06:02】 | ご挨拶
トラックバック(0) |