FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
闇の中

「静寂」という名曲を

聞きながら 横たわる





闇は 優しい

現実を 束の間

見えなくしてくれるから







贅沢な ひととき




フリー画像・古い時計



ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2019/06/12 00:03】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
野菜くず

魚の骨

汚れたTシャツ

水に浸けた食器




燃えるゴミも

燃えないゴミも

溜まっていく





日常という名の 地獄は

いつまでも つづくんだね






生きようと言う 体と

生きたくないと言う 心が

おもいきり 

反比例したままで



谷川の水








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2019/06/07 00:03】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
自分にも まだ

ひとを愛せる心が

残っていたことに 

この胸を 撫でおろす






だって私は

老人たちの 濁った瞳の奥に

澄んだ心根や

古い書物が積み上げられたような 歴史や

何十年も流して来た 汗や涙を

見ることができたから




それは 何より愛おしく

私の心を掴んで 離さなかったから

ブルーグレーに 白んで行く

夜明け前の 空の向こうに

彼らの いのちたちが 

見えたから




そして

その ひとつひとつの

重みを

この両の手に

しっかりと

感じることが

できたから



candle-light-reading_21058605.jpg








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村







FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2019/05/11 00:03】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
重たい

重たい

この体




地球の1Gが

重たくて




自分の罪が

重たくて





両の乳房まで

重たくて


フリー画像・地球







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2019/04/14 00:03】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
新元号で

お祭り騒ぎ

特番組んで

カウントダウン







元号が変われば

この国は 変わるのですか?

元号が変われば

社会が 変わるのですか?

元号が変われば

人々の心が 変わるのですか?





腐り切った この社会に

上っ面の キレイごと

そんなもん いらねえよ






春のかすみの その中で

先も見えない 私には

元号なんて

どれでも同じ


フリー画像・砂時計

若い人はきっと、昭和から平成になったときとは
まるで違うこと、知らないんでしょうね。
今回は今上陛下の生前退位だったから、
お祭りムード一色で、アホくさーと思ったけど、

昭和から平成になったときは、
昭和天皇崩御 だったから、お祭りはなく
それどころか、
街中が、異様な空気に包まれていた。
デパートもスーパーも、喪章を掲げて
静まり返る中、新元号も大急ぎで決まった。

雨の降る中での大喪の礼(昭和天皇のお葬式)。

あの異様な数日は、もう二度と体験できない。
ただ、べつに私は全然!天皇制支持派じゃないけど、
一人の人間として、今後も今上陛下は
生前退位をして、ゆっくり休んで頂きたいと思う。








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村



FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/04/02 00:03】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |