ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
朝、目を覚ます度、

今日も一日また生きるのか・・

と本気でつらくなる。恐怖さえ感じる。
夢の中では、私は独りだということを完全に忘れていて、
目を覚ます度、自分が独りだったのだと思い知らされる。

だから私は夜中に起きる。

外が暗いうちはまだ、
生きる恐怖や辛さを感じずに済むから。


「生きなくちゃいけない・死にたい」この狭間で、
私は膨大なエネルギーを消費していると感じる。
いつも言う、「生きてるだけで私は頑張っている」 の所以である。


凍りつく冬のような 一日一日を重ねることに
果たして何の意味があるのかと 考えてしまいがちだけれど、

生きる意味 なんか考えても仕方ない。

誰にも必要とされてない とか、
自分なんか生きる価値がない、とか
よく企死念慮のある人は言うけれど、

それもまた、いくら考えても仕方ない。

ただ、生かされているのだから。

だったら、甘んじてそれを引き受けるしかないのだろう。

絹を見習え。

イヌネコを見習え。

そう思うしかない。


きぬ携帯画像68すやすや~






ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/11/13 00:04】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
あの子が三つになる年に

私の心が 死にました

心が死んだ わたしは

苦しみそのものになり

ただ 闇をさまよい

ただ 規則的な呼吸を

繰り返すだけになりました





あの子がはたちになりました

私の心は 死んだまま

はたちのあの子の

艶やかな着物姿を

遠くから 見つめながら

苦しみそのものとして

未だに 空(くう)をさまよっています





苦しみそのものになった私に

一体 何ができるでしょう

せいぜい 

ひとに 苦しみが降りかからぬよう

この 木枯らしと同居して

枯れ葉を飛ばすか

ひとが排泄したものたちと一緒に

地下に潜むくらいのことしか

できません





あの子が三つになる年に

私の心が 死にました





あの子が三つになる年に

私の心が 死にました







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/11/09 08:20】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
ひとり寝

ひとり夜

ひとり飯





「生まれてすいません」

太宰の思いと

同じな思い

「すいませんねえ、存在しちゃって」

と 万人に謝罪する





だけど べつに

好きで生まれて来た訳じゃない

などと 訴えたくもなる






尊厳を持たぬ いのちは

ただ この世の隅っこで

息を潜める








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/11/08 01:19】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
      ♪いのち みじかし

          恋せよ 乙女

          紅き くちびる

          あせぬ間に♪


                    (ゴンドラの唄)

若い頃は

自分の 紅き唇に

気づかない

褪せて 初めて知る

紅き くちびる



                 




                           花の いのちは

                             みじかくて

                        苦しきことのみ 多かりき


                                (林 芙美子)








自分が 花開いているうちは

その花に 

気づかない

朽ちて 初めて知る

自分の花





もう遅い

全てが 遅いと

つぶやきながら

褪せた くちびるの上に

紅を 引き





苦しきことを 抑えては

かつての 花のように

振る舞う




フリー画像・ショートの女





「生きる」、好きな映画です。
志村喬の、押し殺した演技に、涙が出ます。

今日は、小学校時代の同窓会です。
褪せた唇に、口紅を引いて出かけます。
ジャーナルスタンダードの、赤いワンピを買いました。





ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/10/28 00:04】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
ひとりで 生きるということ

それは

吹雪の中に咲く 花を

見抜くということ






ひとりで 生きるということ

それは

流した涙を

一滴も 

無駄にはしないということ






ひとりで 生きるということ

それは

木枯らしにも

春一番にも

身を 任せられるということ





けれど

夜空の 北極星のように

周りの星々が

どんなに回っても

ぶれない ということ





ひとりで 生きるということ

それは 過酷だけれど

私を育てるということ




ひとりで 生きるということ




ひとりで 生きるということ


フリー画像・夜の湖









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/10/25 00:04】 | いのちの桜
トラックバック(0) |