FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私は わたし を捨てて行く

流れる月日や

巡る季節と

おんなじに








私は わたし でなくなって

伸びやかな木々の間に光る

木漏れ日になる

春という名の

風になる






私は わたし でなくなって

大河の一滴になる

上流から下流へ流れ

水平線の 海に出る

そして私は 空になる





私は わたし でなくなって

大地のほんのひと粒になる

人の足に 幾度も踏まれ

それを喜ぶ 土になる







母から 流れ出た

血に染まって

名前も身分も何もない

産まれ直した

赤子になる

この世界に抱かれる

赤子になる






私は わたし を捨てて行く

流れる月日や

巡る季節と

おんなじに



フリー画像・風に揺れる麦









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/06/03 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
泣いたり笑ったり怒ったり

悲しんだり喜んだりすることで

ヒト は

人 に進化するのだろう





感情を

封じ込めていては

ヒト のまま

進化できない





私は

自分の感情を

生き生きと

この初夏の景色のように

輝かせたい





どんな いのちも

生まれ

やがて

死にゆくことを

忘れたくはない






ひとつひとつの いのちを

真正面から 見つめられる

私でありたい







生き生きとした 感情は

大雨に濡れたあとの

陽に照らされた

若木のように

今日も きらめいている




フリー画像グラデーションの空








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/05/26 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
へその緒が 切れなくて

私はまだ

母体とつながっている





半身が 死んだまま

残った半身だけで 

生きつづける






へその緒を 切らない限り

私の苦しみは つづくのさ





へその緒を切れ

自分の手で

へその緒を切れ






そして 全身

自分 になって

ただひとりで 歩き出せ



フリー画像女のシルエット炎








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村


FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/05/19 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
太宰の言う通りです

本当に

生まれて来ちゃってすいません




わたしという人間は きっと

生まれて来る予定では

なかったのでしょう




だから

苦しむという「役割」を

担っているのだと思います

あらゆる人の罪を

背負っているから

死ぬその日まで

苦しむのでしょう






ごめんなさい

ごめんなさい

ごめんなさいと

何度 あやまり倒せば

赦してもらえますか?






37年 苦しみつづけました

まだ足りませんか?

どうか

どうか

もうそろそろ

赦してはもらえませんか?




私も

好きで

生まれて来た訳ではないんです

そこを

わかってはもらえませんか?




あと何年 苦しんだら

赦してもらえますか?




ごめんなさい

ごめんなさい

ごめんなさい

私は

プライドなんか

かけらも持ち合わせてはいないので

いくらでも謝ります




だから どうか

もうそろそろ

赦しては

もらえませんか?




フリー画像有刺鉄線









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/04/28 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
正義ほど

ひとを

傷つけるものはない






ひとを殺傷できるのは

銃やナイフだけではない





正義は ひとを助け

同時に

ひとを 殺す

善意は ひとを慰め

同時に

ひとを 殺す






平和を守るために

戦争は起きる

それは まるで

負の スパイラル






名もなき いのちを

幾つも 幾つも

大地に塗り固め

踏みつけて

成り立ったこの世を

「平和」と呼ぶ



tuitter用無料画像・ブログ用







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/04/16 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |