ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
ひとつ

私の大事な いのちたち




ふたつ

あんなにも愛したのに

私が亡くした いのちたち




みっつ

私に 多くを遺してくれた

いのちたち




それは

真昼の寝息だったり

夢の中のおしゃべりだったり

背中の体温だったり

頬つたう涙の熱さだったり





強き いのち

弱き いのち

ちさき いのち

どの いのちも

宝石より まばゆい光を放ってた






大事な大事な いのちたちを

私は いつも

この胸に

そっとずっと 抱きしめる




そっとずっと

この胸に





私が この世に

いとまをもらう その日まで

そっとずっと

この胸に




再び 会える

その日まで

そっとずっと

この胸に





そっとずっと

この胸に


フリー画像・いくつものろうそく








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ


にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/04/23 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
人間は

本来 自然の法則の中で

産まれ 生かされて

死んで行く

ただ それだけです





生きることに

意味も 価値も

特段 ありません

虫や 草木と同じに

ただ在る だけです





但し 人間は

なまじ

知能が高くなったせいで

それだけでは生きてゆけず

誰かに必要とされているとか

何かの役に立っているとか

生きることに

何とか意味や価値を 見出す

合理化という防衛の中で

我々は 虫けらとは違うのだと

単に 自分の現状を

キープしているに過ぎません





死にたいと思うのは

人間だけです

ケモノたちは

どんなに苦しくても ひもじくても

死にたいとは思いません

自然の流れのまま

生きつづけます







自然の流れに 逆らわず

全てを あきらめましょう

どんなに苦しくても 辛くても

今の自分を 

そのまま 受け容れましょう





しかし

凡夫の私は

そんな境地には

到底なれず

まだまだ 苦しみの中で

日々 喘いでいます





あきらめなさい

そして

ただ在るだけ の

今の自分を

受け容れなさい





そしたら

その先に待っているのは

幸せとか不幸とか

そんな二元論を超えた

本物の楽 なのですから




残された時間が

どれだけあるのか

わからないけれど

「特別なオンリーワン」

なんかでは あり得ない

「One of them」

でしかない 自分を

受け容れなさい






本物の楽 に

辿り着くために





本物の楽 に

辿り着くために









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/01/31 00:04】 | いのちの桜
トラックバック(0) |


sado jo
確かに全ての生き物は、産まれ出て、食って、寝て、死んで行くだけです。
でも、その意味を考えてしまうのが人間の人間たる由縁なんですね。
動物はそんな事は考えもしないから悩みませんし、苦しみの意味も知りません。

Re: sado joさん
ナレイ
コメント、ありがとう。

そうなのよね。
人間って、必ず生きる意味とは、とか考えては
悩んでみたり、「どーせ自分なんか」とか卑屈になったりするけど

本当はそこらの虫や草と同じなの。
産まれて、生かされて、死ぬだけ。

心底、虫と同じに生かされているだけだと思えたら、
絶対的に揺るぎない「楽」が待っているんだと思う。


ところでちょっと聞きたいんだけど
sado joさんのブログには、メールフォームってないのね・・・
いや、教えて欲しいことがあるんだけど、公開では書けないことなの。

sado joさんのブログ、ときどき見させてもらいながら探したけど
なかったのよね。

コメントを閉じる▲
この世なんて

人生なんて

死ぬ その日までの

暇つぶし

仮の宿




みんなは 上手に

暇をつぶしているけれど

私は暇つぶしが 下手で

時が 余りにも長くて





そんな仮の宿で

何を 抗うことがあろう

誰と 闘うことがあろう

意味がない





この世の 価値の全ては

幻想に過ぎないことを 知ろう








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/01/05 00:04】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
真冬の静寂

冬眠した 生きものたちの

寝息が

聞こえて来る

広大な大地の

寝息が

聞こえて来る





生きものたちを

起こさぬように

大地の静寂を 

破らぬように






大地の呼吸に 

この白い息を

そっと重ねてみる





いつか 私が

自然の法則に

忠実になったとき

ただ「生きる」ことを 

得ることができたとき

「知識」という

邪魔な代物を 捨てたとき





私も きっと

ただ静かに

春の訪れを待ち

眠りつづけることができる





土の中の

生きものたちと

同じように









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/12/18 00:04】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
頑張らなくていい

と いくら思っても

ひとりだから

頑張るしかないんです




どうしていいかわからない

と いくら悩んでいても

ひとりだから

どうにかするしかないんです




また 今年も

やれクリスマスだ正月だと

街は浮かれていています

どうぞ存分に 楽しんでくださいな

だけど

私には 無縁なことだから

楽しむ姿は

私の中から どうか 

削除させてくださいな





結婚しました とか

家族が増えました とか

写真入りの年賀状・・・・・・・・

あれは 一体誰のためですか?

相手のためではなく

ご自身の幸せ自慢ですよね?

どうぞ存分に 幸せな日々を

謳歌してくださいな

だけど

私には 無縁なことだから

他人の幸せは

私の中から どうか 

削除させてくださいな





毎年の 

浮かれた 恋人たちの姿に

家族の姿に

耳を塞ぎ

目を塞ぎながら 生きてます






狭い人間で すみません

小さい人間で すみません

でも

今の私は

自分の存在さえ

削除したいと思いながら

それはいけません いけませんと

必死で 生きているんです





どうか

ご勘弁くださいな




隣りの芝生が青いのは

客観的事実 です



ごめんなさい

イベントに 浮かれるなど

無縁な私にとって



とにかく うるさいんです

わたしは ひとりです

わたしは たったひとりです

いつも

いつも

いつも









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/12/06 00:04】 | いのちの桜
トラックバック(0) |