FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
若い頃
随分長く、つきあっていた彼と
よく一緒に、うちの犬の散歩に行った。


犬のうんこを拾う 私を見ながら
彼は 言った。

「世の中なんて
犬のうんこ踏んじゃったあ~やだあ~!
くらいのほうがずっといいんだけどな」と。

私は彼のその言葉に、いたく同感だった。


そりゃあマナーは大事だよ。
でも、何と言うか・・・・・

今の世の中って
マナーやルールを過剰に守ろうとする余り、
何か、こう・・・

キシキシと音を立てるみたいに
ここまではOK!ここからはNG!
と、しっかり線引きされてしまって、
本来なら、もっとみんなが楽だったはずの社会が
どんどん住みにくくなっている気が。

犬は、したい所にうんこをする、
したい所にオシッコをする、
それはごくごく自然なことなんだよね。


それを放置して良いとは言ってない。


けど、世の中今やルールとマナーに縛られた結果、
人は却って、おかしくなっているような。

私が幼かった頃は、こんな社会じゃなかった。

ルールなんか決めなくても、
少々マナーなんか守らなくても
社会がちゃんと、まわって行った。

だから、もっと自由だったし、
人との繋がりも、他人の優しさも実感できた。

当時は共同体の中で
子供は育ち、うるさいおじさんやおばさんが
近所にいてくれた。

ルールルール!マナーマナー!ばかりの社会は
息苦しくて、住みにくい。
でも、現代は皆、バラバラ。
なので社会がそれを決めなくてはならなくなった。

その結果、人の温かみも何も、実感できなくなった。


彼が、どんな意味で
「世の中なんて犬のうんこ踏んじゃった
くらいのほうが良い」
と言ったのか、そのとき私は聞かなかったけれど


私がせっせと犬のうんこを片づける姿から、
もしかしたら、そんなことを思ったのかも知れない。


彼は、
実に、シャープな感性の持ち主だったからね。

今でも、彼のあの言葉が
印象に残ってならない。



ちろと一緒7才










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/06/17 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
老後二千万必要と 

不安を煽る一方で

やれ東京オリンピックまで

あと何日とカウントダウン





人生100年時代なんて

私には

拷問 以外の何者でもなくて





なぜ そこまで

生きることを強要するの?

私は この国に

虐待 されている

としか思えなくて






100才まで

国民が健康で

国中で 老いた人を助け

病の人を 大事に守り

社会で活躍できるなんて

とんでもない「妄想」を

押し付けられて





この国丸ごとに

私は

モラハラ パワハラを

受けている






いい加減にしてよ

生きる権利 ではなく

生きる義務 を

お願いだから

私に

押し付けないで




すべて国民は、

健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。



生存権なんかいらない





もういい加減

耳に心地良いだけの言葉を

吐かないで





腐った根っこで

首を絞められているようで

いつも 苦しい





不適切国家 ニッポン








フリー画像大きな窓








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/06/10 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
禁煙ファシストたちの
あの感情的な、喫煙者に対する攻撃、

これは 差別ー被差別 の問題です。

結局のところ、禁煙ファシズムとは
いわれなき、喫煙者に対する差別ですから、
理屈じゃないんでしょうね。

障害者差別、性差別、人種差別、部落差別
(被差別部落のことは若い人はもう知らないね?
島崎藤村の「破戒」を読みたまえ。私は高校時代にこれを読んで、
それまで何も知らなかった自分を恥じました)
と同様に

喫煙者は分煙で良いと言ってます。
屋外でも良いと言ってます。
電子タバコに替えても良いと言ってます。

ここまで!譲歩してもダメなのは

いわれなき差別があるからです。

禁煙ファシストたちは言うでしょう。

「じゃあ排ガスはどうなの?」と問うても
「排ガスはべつに自分のそばでけむりを吐く訳じゃないから」と。
「じゃあ空気中の雑菌・ウイルスはどうなの?」と問うても
「それはべつに見えないし部屋も汚れないし」と。

つまりファシストたちは、「けむりを吐く」というだけで
「有害」だの「殺人けむり」とまで言うんです。


100歩も200歩も譲って、電子タバコなら
タールは出ないから、と私は紙巻きに別れを告げました。
「殺人けむり」で誰かを「殺害」しないように(笑

それでも結局タバコと同じ扱い・・・・
これはもう、「いわれなき差別」です。

私は、プルームテックを吸っていますが、
その中に入れるリキッドを自作しているので
プルームテックのけむりの成分をよく知っています。


リキッドに入れるのは、
グリセリン、プロピレングリコール、ハッカの結晶
煙草カプセルに含まれる僅かなニコチン、それだけです。
プロピレングリコールは、食品などにも使われています。
つまり、ほぼ無害なんです。


無知が差別を生むんです!


とりあえず 口からけむりを吐いてるヤツら を片っ端からひっくくり、
除菌国家になったこの国は、激しく喫煙者を差別し、
「健康増進法」をタテマエに弾圧されています。

非喫煙者たち嫌煙者たちは、
自分たちが「健康依存症」に侵されているという 病識 さえ持ちません。

健康のためなら、死んでもいい!
立派な 病者 だと思いますが?


外出の移動中は勿論吸えない、
職場の休憩時間でも吸えない、
ホームでも電車内でも当然吸えない、
ちょっと疲れたね、お茶しようかと
喫茶店に入れば「全席禁煙」!

じゃあ、どーーこーーでぇ、吸えるんですかあ?!

と思いながら喫煙者は、堪えて来たのです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とか、いろいろ述べたところで、
喫煙者は「奴隷扱い」ですから、聞く耳も持って頂けません。

口からけむりを吐く というだけで
蔑まれ、軽蔑され、虐げられつづけてるんです!

だから私は、敢えて
禁煙ファシズムの隷属下に入ると決めました!
いずれ禁煙致します!

そしたらご満足でしょう?ね?


国中で差別されている訳ですから、
被差別部落の人と同様に、人種差別されている人と同様に
喫煙者の意見など、だっれも聞きやしません。

「口から殺人けむりを吐くクセにww」と、嘲笑されるだけです。


喫煙者に、「基本的人権」はありません。
憲法改正してくださーい!


もっと早く産まれ、こんな除菌国家になる前に
死にたかった・・・と切に思う、今日この頃です。

わたくしは、非国民です。
申し訳ございません!

一日に、たった一杯の泥のようなスープでも構いません。
で、で、でも!私の銀歯だけは奪わないでくださいっ!

プルテク2
これが私の吸ってるプルームテックです。
透明な部分を、アトマイザーと呼びます。
この中の成分は、上記の通りです。
これを吸うことで、熱したリキッドが気化され
けむりとして吐くのです。








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/05/20 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
呆れます・・・・

うちの最寄りの駅前の喫茶店が
最近、次々

全席禁煙全席禁煙全席禁煙全席禁煙全席禁煙!
になっておる・・・

どうやら忌々しい健康増進法とやらの
改正のためのようです。

私は、この禁煙ファシズムの奴隷になると決めました。

もう議論をするのも疲れたし、
何より、吸える場所を探すことに疲れたし。

禁煙ファシズムの隷属下に入って
禁煙すればいいのだと。

しかしなかなか完全禁煙は難しいので
電子タバコを吸い始めました。

当初、電子タバコなら「禁煙席でも吸える?!」
なんて思っておった私がバカでした・・・・
紙巻きタバコと全く同じ扱いになるのなら、

べつに紙巻きのままで良かったじゃん・・・
禁煙ファシストたちがあれっだけ!殺人けむり とまで呼んだのは
副流煙じゃなかったんですかぃ?!
電子タバコは、タール一切出ないの!ね!出ないのよ!



なにゆえ禁煙ファシストたちは、そこまで?
喫煙者の受動喫煙だけを「有害」として弾圧するの?

私は禁煙ファシズムの奴隷となったので
本来ならこのようなことを語る資格はないですけどね。

「原則屋外での喫煙は禁止」?「屋内のみ喫煙可」?
て・・・・・

それってもうどこでも吸えないってことでつね?!

あのねえ!
空気中には、実に様々な雑菌、ウイルスが
いるのですよ。
目に見えないだけで、大腸菌も結核菌も車の排ガスも
あるんですよ。


じゃあ良いんだね?煙草のけむり以外は!
吸うんだね?え?じゃあ排ガスでも深呼吸してねー


それに、
わたくしたち人間は、そんなにまでケガレなき者なの?
風呂に入って垢を流し、ウンコもオシッコも
してるぢゃないかっ!



わたくしたち喫煙者は、
自分がニコチン依存だという「病識」があります。
しかし禁煙ファシストたちは、

自分たちが、健康依存症 だという
病識 がありません。だからあ!厄介なんですっ。


いっそ無菌室で暮らしますか?
そしたら満足ですか?


そもそもこんなことになるんだったら
なんで 煙草 なんて作ったの?


すいませ~ん、煙草は違法 ですかあ?
私は、シャブでもやっているのですかあ?


ピエールナレイ ということですかあ?


インフルエンザが流行った季節に
テレビで、ある医者が言ってました。

「我々なんて、毎日患者さん診てるから、
インフルエンザの生ワクチン打ってるようなもんですよ」と。
そうです。この先生こそ!健康なんです


 
日本国憲法
   第14条

すべて国民は、法の下に平等であって、
人種、信条、性別、社会的身分
または門地によ り、政治的、経済的又は社会的関係において
差別されない。


奴隷に人権はない ので、憲法も改正しないとねえ~

※2019年ー強制的健康増進法改正

※2017年ー禁煙ファシズムの台頭・喫煙者弾圧
※2016年ー神奈川県に於いて 妄信的受動喫煙防止条例制定
※2014年ー厚労省による強制的健康増進法施行


はい、ここ↑試験に出ま~~~す!


禁煙ファシストの奴隷として生きる







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/05/17 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |

国際運動会TOKYO
なごやん
壮大な無駄遣い、国際運動会2020で
東京はヒステリックに加速度ついてますね。

酒に増税すっと「庶民の楽しみを奪うのか!」
覚せい剤並みの極悪喫煙者には、どんだけ
課税したって、肩身狭くしてて文句は出ない。

要は被差別民なんですよ、喫煙者は。

煙草をくゆらし、語り、読書し、考えごとを
するのも、間違いなく文化なんですけどね…

Re: 国際運動会TOKYO
ナレイ
>覚せい剤並みの極悪喫煙者には、どんだけ
>課税したって、肩身狭くしてて文句は出ない。

なんで肩身を狭くするのか、私にはわからん!
分煙して、マナーを守って吸ってるのに
それでも皆、自分の健康のことも心配なんでしょうね。
だから肩身が狭いばかりで、文句を言わないんでしょう。

私はべつに煙草で自分の健康の心配なんかしない。
むしろどんどん吸えなくなる、と思うだけでストレスかかって
無性に吸いたくなります。

国際運動会を控えてると言っても、
例えばアメリカでは、屋外は基本OKなんですよ。
アメリカより酷い・・・!
「屋内に限る」で全席禁煙。つまり自分ち以外では吸うな!
と言われてるのと一緒!

まさに被差別民。
禁煙ファシズムがこれだけ台頭して来たので
私は奴隷になりました。

こちらはちゃんと譲歩して「分煙」で行こうと言っている・・
お互い様 という考えは、禁煙ファシストたちにはないみたいね。
ファシスト だから。
煙草 となるとなんでこうも非・喫煙者はヒステリックになるのか・・


だからさあ、もう無菌室で暮らせっつの!

>煙草をくゆらし、語り、読書し、考えごとを
>するのも、間違いなく文化なんですけどね

そうそう!文化ですよ。
ゆったりと煙草のけむりを吐き、
珈琲を飲みながら一人過ごす、というのもね。

「健康のためなら死んでもいい!」
これが、「健康依存症」の患者の特徴です!病識はありません!


シイタ
ナレイさん、冴えてるね〜♩
読んでいて気持ちいい!

Re: シイタさん、おひさ~~
ナレイ
ブログ、読んでてくれてたのね?!
嬉しいわ!

いやもうね、禁煙ファシズムについては
私は「禁煙軍」の隷属下に入ったので
本来なら、「表現の自由」もないんだけどね(笑)、

冴えてる?ありがとー
考えるとイライラするから思い切り書いちゃった~

でも私は喫煙者の
「肩身が狭くなったねえ・・確かに健康には良くないし・・」
的な姿勢、これにもムカついてるんだよね。

吸うなら堂々と吸え!と思えて。

だって 違法薬物 でもやってるかのようだもの。

差別ー被差別 と構造が似てるんでしょうね。

だってもう電子タバコなんて禁煙ファシストたちが最も嫌った
「殺人けむり」とまで呼んだふくりゅー煙、
つまりタール、つまりヤニ、これは一切出さないのよ。

それでも結局紙巻きと同じ扱い、
もうくたびれ果てたから早く 完全禁煙したいわーー

ファシストたちは「健康のためなら死んでもいい!」
「健康病」だから、入院でもしてとっとと無菌室で暮らせよな!


コメントを閉じる▲
文明が

進歩すればするほど

ひとのいのちは

軽くなる





やがては

いのちに

値札がついて

「わすれない」

という 商品として

ただただ 消費され

やがて わすれ去られてく





でも 誰にも

止められない




人間が

禁断の木の実を

食べて 食べて

食べ尽くすことを






この有り様を

「平和」と呼ぶのなら

狂っているのは

わたしなのか

社会なのか

一体 どっちなのか


フリー画像・ゴミ箱行き







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/05/12 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |