ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
なかなか完全禁煙は難しくて、
どうしても一日に8~9本はまだ吸ってしまう。

まあ、一日ひと箱吸っていたのだから
本数が減っただけでもよしとしたい所だけど
早く完全禁煙したい。
絹の健康のためにも、煙草代を浮かすためにも。


きちんとマナーを守って、公共機関では勿論吸わない。
歩き煙草も、吸い殻のポイ捨てもせず、職場では屋外の喫煙所。
携帯灰皿を持ち歩いて、隔離されたような路上の喫煙エリアで吸う。
それでも犯罪者扱いされて、

ずっと吸いたいのを我慢しながら
吸える場所を、探すことにつくづく疲れたの。

もう怒る気持ちもすっかり失せて
「煙草を吸わせない社会」に疲れたの。

「肺がんになる危険性を高めます」?
「肺気腫を悪化させる危険性を高めます」?
ほっとけよ。
肺がんになっても良いと本人が思ってるんだから、
自己責任でOKなはずでしょう?
なのに、
なぜここまで「健康」を押しつけるの?
逆に「病気」が増える。


東京オリンピックも私には迷惑なだけ。
また街がどんどん整備されまくって
どこも同じような街並みになっていくだけだから。

「健康」を押しつける社会・・・・・
「禁煙」を押しつける社会・・・・・
健康ファシズム、禁煙ファシズムの奴隷。

こんなこと書いてると、無性に煙草が吸いたくなるけど、
もうとっとと完全禁煙して、
禁煙嫌煙独裁国家 の奴隷から解放されたい。


私はもう、疲れました。
先立つ不幸をお許しください。
なーんてね。

健康ファシズム









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/03/14 00:04】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
ああ、また国中を敵にまわすようだけど

国民は今や 健康イデオロギーに蝕まれている。

私には、「健康であること」」に異様に固執し、こだわる人々が、
とても「不健康」に思えてならない。
まるで神経症の構造と同じだ。
私が社会不安障害なら、多くの国民は、健康不安障害という所か。


健康イデオロギー の厄介な所は、
右翼と左翼とか、保守と革新とか
何しろわかりやすい、体制と反体制がないということ。
(まあ今はもう体制と反体制なんてないとは言え)

病気は苦しいから、
そりゃあ健康のほうが良いに決まってる
という、元々ごく自然な認識の上に

昔っから最低な体質の厚労省が、「健康増進法」なるものを作って
「国民は生涯にわたって
健康の増進に努めなければならないとする」とか
「受動喫煙防止」とか、とんでもなくバカな条文まで謳ってる。

やれメタボだの何だのと
健康にどんどん固執させるように国民を煽ってしまうから
国民は、健康イデオロギーに
洗脳されているようにしか見えない。

そして、もはや健康依存症としか呼べないほどに
皆が、高い健康サプリに夢中になり、徒に紫外線に怯え、
風邪でもないのに、花粉から身を守るようにマスクをして
健康中毒になっているのに
健康イデオロギーに反対する勢力がないことが
余計に健康中毒者を増やしてる。

不健康な私には、そんな今の風潮が恐ろしい。
養老孟子せんせが「健康ファシズム」と言ってるようだけど
まさにその通り。

まあさしずめ私は、禁煙ファシズムに弾圧されたようなもんだ。
絹の健康と医療費のためもあるけど、
とにかく煙草を吸える場所を探すことに、もう疲れ果てた。
いずれにせよ、もう煙草を吸える場所なんてなくなるし。

勿論、煙草が嫌いだという人がいて当然だ。
そう言う人の前では、私も吸わない。
しかし、禁煙ファシズムは、喫煙者を激しく糾弾しているとさえ感じる。


「国民は生涯にわたって
健康の増進に努めなければならないとする」なんて
なんでそんなことを 強制 するんだよ?
「健康の増進」を、
まるで「納税の義務」や「勤労の義務」みたいに
義務にすんなよ。

私は、自由に「不健康」でいたいんだよ。
好きに「不健康」なことをしたいんだよ。

この「健康ファシズム」が、私の病気を悪化させる。

このままじゃ、私はいずれ窒息死するだろう。

人間は、そこそこのウイルスや細菌の中にいるほうが
自然と体内に抗体ができてむしろ健康になるんだよ。
花粉症や熱中症 なんて昔はなかったでしょ?
こんな病気ができたのも、健康ファシズムの賜物だよ。

それを片っ端から除菌しまくるもんだから、
却って弱くなっている、健康ファシズムの落とし穴。
ああ恐ろしい。恐ろしい。

ドーする?ドーなる?!除菌国家ニッポン










ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/03/01 00:04】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
「ドーする?ドーなる?!除菌国家ニッポン」
とかのタイトルで、
朝生でもやってくれないかしら?

こないだ絹の記事で禁煙すると言ったけど、

ちょっと今日は、今のこの
一億総健康依存症、
一億総ヘルシージャンキー な社会について
思いつくまま書いてみたい。

まあ、もう大半の方々が
既に「健康依存症」を罹患している訳だから
国中を敵にまわす記事になってしまうけど。

アンサイクロペディア、ウケるわ~
おもろいね~あれ。
アンサイクロペディアによると
「不健康をめざすような頭がイッテル人は感染しない。」
ので、私は感染しないのね。

「健康のためなら死んでもいい」

ほんと、そんなカンジ(笑

健康依存症の人たちにとって
煙草のけむり というのは
「殺人けむり」とまで呼ばれて、

よほど!殺傷能力が高い!らしい~~~~

で、いつも不思議なのは、
「殺人けむり」と言ってるその本人が
車を運転して、排気ガスを出してたりするんだけど
それはいいわけね?

「いやそんなことはない!車も今やハイブリットカーだ」
と、「全面禁煙」みたいに
「全面ハイブリットカー」になるんだ?へえ~!すごいねー

どんだけ除菌したって、
空気中には様々なウイルスや細菌があるんだから、

いっそもう防護服着て、毒ガスマスクを装着して
街に出て行くことにすれば?

家中を除菌しまくって、
どんなに不味いサプリでも、
体に良いと聞けば、毎日飲む。
洗濯物に花粉がつく!と大騒ぎ。
紫外線は良くないからと、サンバイザーだの手袋だので
完全武装。

道端には「犬に糞をさせるな」の文字・・・・・。
犬や猫は、うんこする自由もない。

我々がさんざん自然を破壊しまくって来たことは
都合良く忘れて、
「自然との強制共生」とかと言っていれば、
何となく強制共生できてる気分になる。

マスコミの情報というのも健康依存症の人々には
多大だから、感染はどんどん拡大。
もしかして、マスコミの上層部というのは
皆××××だというから、
××××が情報操作しているのかも。

「依存」というのは「病気」だから仕方ないけど
「除菌国家」になればなるほど、
人間が持ってるはずの抵抗力や免疫力がどんどん落ちて
余計に病気に罹りやすくなると思うけど、

まあ「健康のためなら死んでもいい」
と言うのだから、健康に固執する余り、病気になって
死ぬかも知れないけど、しゃあないわな。

とりま、不健康なことが大好きな私には
生きにくくてたまらん!ので

できれば、東京オリンピックが始まる前に、
窒息死したいと思いま~す!

どーぞ、「豊かな除菌国家ニッポン」を国外の皆々様に
存分に宣伝して、除菌しまくりながら
ついには「無菌国家」!目指してがんばってくだせえ~

私のような不心得者から見ると
人間が生存すること自体、そもそも不潔で有害なものを
最もばらまいてると思うけど、
そういうことは、忘れるのがとっても上手な
「健康依存症」という病。

ほんま、はよ死にたいわーーーー

また貼っておきます~
↓これね、これ。ちょーウケる~
アンサイクロペディア・健康依存症






ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ


にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/01/21 00:04】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
東と西を

飽きもしないで

行ったり来たりする

日の下で






この世の

不条理や 矛盾に 

いつでも

息を 詰まらせて

流す涙も

すぐに渇いて 胸を抑えて

終わりにしたくても

終わらせてはいけないもので





それでも

ひとの命は尊い

と 言われてしまうのならば

私が持っているのは

生存の権利 ではなく

生存の義務








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/01/09 00:04】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
一億総活躍と ぬかしては

老人までも働かせ

生きがいとか ほざいては

ひとの人権を 踏みにじり

安心安心と 歌っては

人の不安を ますます煽る






腐った社会は

やらせと シコミの

もはや

エンドステージで

手の施しようがない






不安と絶望しかない社会で

信じられるものなど ないから

自分もサクラに 成り下がって

騙されたフリをする





バカバカしいほどに

画面から

誇大妄想みたいな見世物ばかり

垂れ流され

寒さの中で

しらじらしい

春の歌を 仕方なく聞く





いつまで経っても

極寒の

窮乏生活に堪えながら





腐った社会に

来る春は

ほんの一部だけを 暖かに照らす

底辺に

陽射しが差すはずもない





画面から 垂れ流される

誇大妄想を 眺めながら

底辺の 被害妄想に

限りなく 堕ちて行く









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/11/23 00:04】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |