ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
泣くこと と言うのは
皆わりとマイナスの感情として、日頃「いけない」と思いがちだけど
時と場所を選べば、泣く と言うのは
カタルシス作用があって、良いことなのよね。

と、絶対泣けない私は思う。

思い切り泣いたあとって、サッパリするでしょ?
少しは気が晴れるでしょ?
あれが良いんだよね。

どんなに辛くても悲しくても泣けないと、
胸の中にいつまでも鉛がつかえたようになってて
それはしんどいものなのよ。

で、自分のプライベートでどうしても昔から泣けない私は
泣きたいときは、
仕方がないので
録画してあるDVDのドラマとかを引っ張り出して来ては
その役になり切って泣く と言う、
実に哀しい行為をしてる。

それは演技なんだけど、
たとえ演技でも、何でも
泣けると、とてもサッパリするから。

この感情ブロックも凄まじいと思う・・・我ながら。
そりゃあ震える と言う症状にもなるよね・・
人間は、生き生きとした感情を
自己の内に封じ込めては決して生きられないのだから。

何と言うか・・・
そう思えるようになってから
私の症状、
震えることでこんなにも号泣しとるんやなあ・・
嗚咽しとるんやなあ・・
泣けない私の代わり、一生懸命やってるんやなあ・・と
思ってあげられるようになって。
「忌むべき症状」から「けな気な症状」
と思えるようになった。

いつか、演技じゃなく、症状じゃなく
自然に泣ける私になりたい。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2012/02/27 05:54】 | 深層心理
トラックバック(0) |