ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
なんて言うか・・・・不自由なんだよね。
映画とか観たいの、凄く。特に泣ける映画。
でも探しようがなくて。
「泣ける映画」で検索すると
びっくらこいてしまう・・・・・。

私にとって、げ・・・・!どこが?なんで・・?
みたいなのがズラリと並んでて・・・・。

じゃあじゃあ日本のドラマでなんかない?
と思っても
私の好きなドラマはDVD化されてないのが多い・・・・。

最近ネットで買おうと思って何本か検索してみたら
ことごとくDVDになってない訳ね・・・とがっかりしたわー

私の感覚が一般的じゃない だけじゃないんだな、どーも。
メディアの自主規制もあるんだろうと思う。

昔はもっと規制が緩かったのでオンエア出来たドラマも
とてもじゃないけど今じゃ流せない、DVDにも出来ない、
お蔵入りになったんだろなーと思われるものもある。
それが皮肉なことに物凄く良いドラマだったりするのよね、また。

事なかれ主義じゃなくて、タブーに切り込んでくからこそ
良い作品が出来るってことなんだと思うけど。

お笑いとかバラエティ番組観てるともう芸人さん自身が
自分で規制してて、言いたいことも言えなくて
朝はここまで・昼はここまで・夜はここまで・と
ガチガチに縛られちゃってるのがわかる。

あれじゃあ笑えないなあ・・・私はね。
たけしなんかも、最近じゃすっかりおとなしくなっちゃって~
もっともっと言いたい放題だったから彼は面白かったのに~

そう言う意味では、島田紳助氏も、上岡龍太郎氏も
辞めて正解だったのかも知れないし
談志師匠も良い時期に亡くなった、と言えるのかも知れない。
談志師匠は、言うな!と言われても絶対言ってくれちゃうから
そこが良かったんだけど~

ミッツもマツコも面白いけど
物凄く言葉選んでるの、わかるもんね。

些末なことでクレームつける視聴者も問題だけど
それを見越して先回りして
どんどん回避しようとするメディアにも問題あるよね。

一方では誰かさんがファシストみたいな言動をへーーきでやってるのに~

おかしな世の中よね~

あー息が詰まるわーー
昭和世代の軽い変態としては
凄く~

変態な感覚






スポンサーサイト

FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2013/01/30 04:49】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |


カプチ
>それを見越して先回りして
何事これに尽きると思います。
今の日本は神経症ですね。
「このくらい言っちゃえー(やっちゃえー)」
って言う感覚が失われていると思います。
これならまだある意味戦時中のがましだった(?)。

Re: カプチさん
ナレイ
のちほど返信しますが

拍手できなくなってません?
今朝からずっと・・・なんです。

私、新たに強迫神経症併発しさふ~~

Re: カプチさん
ナレイ
コメント、おおきに~

拍手ボタン、治りました~
最近えろえろと障害が多くて強迫神経症的な私です~

>今の日本は神経症ですね。
ホントにそう。

なんでこうもビビるのか、
お笑い なんてもう痛々しいくらい。

お笑い と言うのは、極論すれば
どこかに差別的要素を含んでいると思いますよ。
でも、それらを全てやめてしまったら
お笑い なんて成立しません。

>「このくらい言っちゃえー(やっちゃえー)」
こうしてくれないと、見る側も
つまんないですよね。


コメントを閉じる▲