ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
秋なのに

秋とは思えぬ

暖かな陽射しだった




お願い

光よ

逃げないで



また

いつものように

私を 置き去りにして

行ってしまわないで




冬の 氷に

閉じ込められるのは

もう嫌なの




暖かな 陽射しの中に

いさせて



生きることの 楽しさを

私に 教えて



生きることは

楽しいんでしょう?

幸せと言うものが

あるんでしょう?

春は 暖かいんでしょう?

花が 沢山咲くんでしょう?


私が知らないことを

教えて




お願い

光よ

私を 置いて行かないで



私は 闇に

長く 居過ぎたの

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

【2013/09/30 06:25】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |