ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
きっと やっと出た

芽だったと 思うんだ

わたしの可能性 と言う芽




だけど その芽は摘まれたの

靴底で 踏み付けられたの





それでも

また 芽を出そうと

きっと 必死だったと思うんだ




でもー

彼女は私に

養分を与えるのではなく




私から 

むしろ養分を 吸い取って

その輝きを どんどん増して行った




ずっと見てたよ

世の親子とは まるで逆だなあ・・・と

思って

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/01/31 03:11】 | 深層心理
トラックバック(0) |