ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
昏々と 眠り続けた一日

薬を飲んで

眠り続けた一日





生きるとは とか

幸せとは とか

そんな面倒なことを何も考えず

ただ 眠り続けることは

快感だ






傷つけられたことも

涙したことも

夢の中では

忘れられる






無意識の中では

傷つくことも

考えることも

何もない

この無意識を

むさぼった一日







愛するとか

生きるとか

幸せだとか

そんなこと考えるのは

面倒なだけだ







そんなことを 考えることが

自分が人間であることが

私には 忌まわしい






人間は 考える生きものだけど

私は

何も考えたくない

ただ 眠りをむさぼっていたい





快感だけの 眠りを

ただ むさぼっていたい

どんな悪夢を見ても 構わない

何かを心配したり

傷ついたり

それよりは

悪夢を見るほうが ずっと良い





悪夢は どんな恐ろしいものでも

いっときの夢に 過ぎないから

愛するとか

生きるとか

そんな面倒なことを考えるなら

私は 喜んで

悪夢を 見よう




喜んで

悪夢を 見よう







ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/11/30 00:26】 | 不眠地獄
トラックバック(0) |