ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
地中から噴き出すように

地響きのように

土が唸るように

悲しい





この身を引き裂かれて

ざくりと胸を裂かれたように

辛い





あの子は 生きてるのに

ちゃんと生きてるのに

もう会えない





あのあどけない姿が

愛苦しい姿が

近くにあるのに

私にはもう 見られない





生まれて初めて知った

死に別れより

生き別れのほうが 辛いということ





轟音のように

悲鳴をあげる

あの子に この声は届くはずなのに

会えない

生き別れの 悲しみ






死に別れなら あきらめがつく

でも

生き別れは あきらめがつかない





この空の下に

私と同じように あの子もいるのに

もう会えない

生き別れの 悲しみ





生まれて初めて知った

死に別れより

生き別れのほうが 辛いということ





肉を 削がれ

骨を 断たれたように

辛い



事情があって、みゃらんは
保護主さんの元に引き取られました。
何の別れもしないまま
あっけなく連れて行かれてしまいました。
事情は明かせませんが、
みゃらんにとって
何がいちばん幸せなのかを考えて、苦渋の決断をしました。
あの子への愛情がどんどん湧いて来る中での別れは
余りにも辛いものでした。
悲しくて悲しくて、あの子を思い出させるエサ入れや
フードやおやつやタオルや、それらをすぐに洗って片づけました。
死に別れは何度も経験していますが、
生き別れのほうが何倍も辛いです。







ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2015/03/31 16:38】 | 愛しいイヌネコのいのち
トラックバック(0) |