ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
「ひと様にご迷惑だけはかけないように」

とよく言うけれど

ひと様に 思い切り

ご迷惑をかけながらしか

生きられない 私は

どうすればいいの?





ひとは

互いの欠如や

心に空いた 小さな穴や

心に負った 小さな傷を

埋め合い

癒やし合えるからこそ

ひと と呼ぶのではないの?




ときに

傷つけ合い

憎み合ったとしても

ひとの心に 吹き込まれた

「ご迷惑」が 小さな灯りとして

受け止められるとき

私の心は 温まる




互いに 思い切り

迷惑をかけ合いながら

生きる




それを 

ひと 人

人間(ひと) と呼ぶのではないの?







ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ


にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/09/30 00:04】 | 考えるより感じること
トラックバック(0) |