ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
ゴミを出す日も 忘れて

苦しみに 没頭している




当たり前の日常が

私には 一丁目一番地の地獄で

辺りの穏やかな光景とは 裏腹に

苦しみ喘ぐ





不安という地獄

強迫性という地獄

抑うつという地獄




あと幾度 

地獄の角を曲がったら

私も

あの穏やかな光景に

混じることができるだろう




あと幾度

地獄の角を 曲がったら




あと幾度

地獄の角を 曲がったら










ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2016/10/31 00:04】 | 神経症
トラックバック(0) |


sado jo
心のゴミを収拾袋に入れて捨てられたら楽でしょうね。
こればっかりは役所が回収してくれません><

Re: sado joさん
ナレイ
コメント、ありがとう。

いやあ、私はもう「心のゴミ」どころか
この全身 を粗大ゴミに出したいです。

苦しみだけの体や心は
もう本当に

いらないっ!!!のです。


コメントを閉じる▲