ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
木枯らし

冬の夜

除夜の鐘





飽くことのない 祭りの深夜

遠く 遠くに 

微かに 聞こえる

煩悩の音

108つの 苦しみの音

108つの 悲しみの音



きぬ携帯画像おねむ


今年一年、大変お世話になりました。

いつも、こんな拙い記事を見に来て下さっている方々、
本当に、ありがとうございました。
とても励みになりました。

来年も、よろしくお願い申し上げます。

ナレイ
三女 きぬ







ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2016/12/31 00:03】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |