ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文


片目の天使

何の罪もないのに

病を持って産まれて来た

お前が 不憫で






お前が 苦しいときは

私も 苦しい

お前が 痛いときは

私も 痛い

お前の苦痛は

私の苦痛







片目の天使

ケモノのお前は

どんなに苦しくても

ただ生きる

苦しいまま

それでも生きる




そんなお前を

どうか 苦しめないで

私のいのちを 

削っても構わない

この丈夫な体を

私は

お前に全て 差し出そう





いくらでも 

私を苦しめていい

だから

どうか この子を 

苦しめないで





この子の 「げんき」のダイヤモンドを

その いのちの輝きを

どうか どうか

奪わないで




どうか この子を

苦しめないで


きぬ縮小版63

絹は元気ですが、ときどき鼻をつまらせて
苦しそうにしています。
これも風邪の症状です。
猫は、普段口を開けていないので、
鼻がつまると息が苦しいんです。
見ていられません。
点眼薬の非ステロイド剤を、点鼻に使って
何とか鼻が通るようにしています。






ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/03/19 00:32】 | 愛しいイヌネコのいのち
トラックバック(0) |