ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
昨日の朝、
いつも体だけは丈夫だと言っていた私が

嘔吐、下痢で1時間ぐらいトイレから離れられず、
寒ささえ感じず、喘いでいました。
噴き上げるように何度も嘔吐、
血便で、便器が真っ赤になりました。

その後も腹痛で、やはり便器は真っ赤に。

QQ車要請?入院?が脳裏をかすめたとき

自分の体より、先ず絹を置き去りには出来ない、
自分のことより絹を預かってもらわないと、と
奈美先生の病院に電話して確認しました。


私は、幸いなことに、自分の体のことには至って冷静です。
まあ、べつにどうなっても良いとどこかで思っているからで。
むしろ、大腸がんとかだったらラッキー!くらいに思ってるもんで。
(ま、残念ながらそれはないでしょう。
急性大腸炎とかじゃないっすか?)

ただ、絹だけは置いて行けない、
そのことばかり考えていました。


こういうとき、家族がいる人は、
絹のことも家族に任せて、
安心して「病気になっていられる」でしょう。

でも私はいつも独り。
交通事故に遭ったとき、24時間、HCUに経過観察入院。
その後、血染めの湿った寝巻きとつっかけで、血で固まった頭が
ネットを被されていた形そのままにとんがって、
その姿で帰されました・・・
具合が悪くて「恥ずかしい」とは全く思いませんでした。

ただ、余りに哀しかったです・・・・・・・・・。

なので、入院になるならその前に絹を預けてえ、
で、最低限の着替えを用意してえ、それを持って病院・・・
とか、様々なことを想定しては、
先手を打っておかねばなりません。


独りであらゆることを想定し、
独りで考えて独りで判断する、
独り・というのは、本当に哀しいです。

どんなにケツから血を垂らしても、
どんなに口から血反吐を噴いても、
冷静な頭が、いつもどこかで働きます。

もうそこらのオバはんでもおじさんでも誰でもいい、
誰か!と思ったりします。

私には、絹を任せられる家族も、
着替えを持って来てくれる身内もいません。

体が二つ欲しい・・・!といつも思います。

改めて、独り を痛感した一日でした。

お陰様で今朝起きてみると熱もないようで
腹痛も嘔吐も治まりました。

とりあえず、絹を置き去りにしなくて済みそうです。

私はいつも、独りです。
私はいつも、独りです。


でも、どんなことがあっても、
この子だけは、守ります。


きぬ携帯画像102修正版

今朝もまた腹痛と下痢。
でも今日は血便ではありません。
こんなに痛いのに、病院へはまだ行きません・・・!
だって、念のために絹を預けてからしか、病院には行かれないから・・・!







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2017/11/30 00:34】 | つくづく思うこと
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: Guestさん
ナレイ
コメント、ありがとうございます。

非公開コメントにつき、
内容には触れませんが

ただ、感謝・・・・!

書かれていたマル秘情報、使わせて頂きます。

本当に、ありがとうございます。



コメントを閉じる▲