ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
胎児のような 

月 ひとつ

両手に包んで

優しく 愛でる





この世に

生を受けなかった

いのちへ




せめて私の

残りの いのちを

吹き込んであげたくて






世界がこんなに広いことも

空の色も

海の色も

この世の何もかもを

教えてあげたくて





胎児のような 

月 ひとつ

両手に包んで

優しく 愛でる


ピンクのガーベラ








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/06/14 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |