ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
余計なお世話かも だけど

たまには「情報」として
犬・猫の死後の処置の仕方なんか書いてみます。

友人の犬が亡くなったときも
「どうすれば良い?」と聞かれたりしたのでね。
可愛がって来た犬が死んだらどうするの?
猫が死んだらどうするの?
と思っている方は多いと思います。

以下はあくまで犬猫を「家族」や「仲間」として
一緒に暮らしている方向けです。

犬猫の飼い方も様々ですから、
死んだら「生ごみに出す」
と言うような方は読まないで下さい。


亡くなったら、硬直が始まる前に 
遺体を綺麗にしてあげましょう。

ぬるめのお湯で濡らしたタオルを、きつく絞って
全身を優しく拭き清めてあげます。
これを清拭(せいしき)と言います。

目ヤニなどがついていたら、優しく取ってあげて下さい。
目や口をしっかりと閉じ、姿勢を整えてあげましょう。

人間と違って、犬や猫は、顔の脂肪が少ないので
臨終の際に開いていると、
そのままでなかなか目を閉じないことが多いです。
綿花を僅かに取って、眼球に乗せて閉じてあげるとすぐに閉じます。が
私個人は、あまりそれはせず、ひたすら手で上下の瞼を押さえています。

段ボール箱で構いません。
棺代わりの箱にタオルを敷いて
前肢、後ろ肢をそっと折り曲げて、
楽な姿勢にしてあげ、遺体を納めてあげて下さい。

夏場は傷みが早いので、
保冷剤を体に沿って入れてあげて下さい。
(本当はドライアイスが良いのですが、
なかなか手に入らないので)
冬場は、何も要りません。

体液があとから出て来る場合もあるので
ガーゼやタオルで拭いてあげましょう。

私は、タオルを小さく折りたたんで
枕代わりにして、頭を高くしていました。
こうしておくと、体液の逆流を防ぐことが出来ます。

線香、お花、その子が愛用していたもの、
好きだったものを供えてあげて下さい。

人間とは違いますが、やはり旅支度ですから
使うタオルは、出来れば新品に近い、綺麗なものが良いですね。

動物霊園、ロッカー式納骨堂、ペット移動火葬車等、
今では沢山の業者があります。

墓地を買うことは、個人的にはあまりお勧め出来ません。
大体20万~と、非常に高額になります。
そう言う我が家は墓地を買いました。が、それは30年以上前、
まだこんなに業者がなかった時代であり、また既に複数頭の犬がいたため
一度買ってしまえば、あとの子たちもみんな入れると思ったからです。

お陰様で、犬6頭・猫3匹、全員このお墓に納めることが出来ました。
霊園の方たちは皆さんさり気なく優しくて、大変お世話になっています。

いずれにしても、あらかじめどこか用意しておくと、いざと言う時
慌てなくて済むと思います。
また、お金がかかる、と言うのであれば
行政で火葬してくれる場合もあります。
正確には、行政が委託している霊園があって、
そこでは比較的安価で火葬をしてくれる、と言うことです。
しかしこれは自治体によってかなりの違いがあるようですので、
あらかじめ調べておくと良いでしょう。
東京23区では、ゴミとして焼却されるようです。
自治体で火葬した場合、
お骨は返って来ない場合もあると思っておいて下さい。
まとめて火葬するので、返せないのだと思います。
勿論、個別に火葬して、返してくれる自治体もあります。
しかし現状、自治体では ゴミ扱い が主流のようですので、
出来れば避けてあげたほうが良いかも知れませんね。

その他の火葬の方法では、値段は一概には言えませんが、
最低でも2万~4万は必要になると思って頂いたほうが良いと思います。

個人的には、遺体を、あまり何日も置いておくことはお勧めしません。
亡くなったら、翌日一日程度置いて
お通夜代わりに、それまで愛して来たいのちと語ったら
業者に引き取ってもらうほうが良いと思います。

人間にはいろいろ、
暦上の事情などがあって何日か経ってしまう場合も多いですが、
私は、基本的には、通夜、告別式(火葬)と言う儀式の通りにしています。

これから犬や猫を飼おうとしている方、
「犬を飼う」「猫を飼う」と言うことは、
ここまで を含めて「飼う」と言います。

どうかここまでの覚悟と責任を持って 犬や猫を迎え、
愛情を注ぎ、そして見送ってあげて下さい。

130514_0655~02

霊園・ブログ用縮小版


荼毘に付す
                                                          H26.11月24日加筆

ごん太のときは、本当に人間のおじいちゃんが寝ているような
良いお顔になりました。
ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:散文 - ジャンル:小説・文学

【2013/10/25 03:45】 | 愛しいイヌネコのいのち
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック