ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
はしる はしる

あそぶ あそぶ

ましろな 真珠の

げんきが ひかる

ましろな 真珠の

いのちが ひかる





ましろな 真珠は

ゆうやみに

いっそう 

そのかがやきを まして

ころがる ころがる




たのしい たのしい

うれしい うれしい

ましろな 真珠は

げんきの ひかりを

まばゆく まばゆく

全身で 放って





はしる はしる

あそぶ あそぶ

ましろな 真珠の

げんきが ひかる

ましろな 真珠の

いのちが ひかる




どうか どうか

いついつまでも

ましろな 真珠の

げんきの ひかりが

きえぬようにと

わたしは いのる





きえぬようにと

わたしは いのる


きぬちゃんスマホ画像3・縮小版

昨日、友達が我が家に遊びに来ました。

誰かが来ると嬉しいのでしょうか。
毎日のネブライザーのお陰で
すっかりげんきになった絹は
幼い子供のようにはしゃいでいました。

絹がげんきでいてくれることが
私には嬉しくてたまりません。

「げんき」は、
私と絹の宝物です。






ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ


にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/05/16 00:04】 | 愛しいイヌネコのいのち
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック