ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
「1995年かあ。

21世紀もうすぐじゃん。

ノストラダムスの大予言なんて
みんな信じてるの?

世界が滅びてくれるなら
私は嬉しいけど、滅びるわけないし。


今、職場では、
日勤より断然、夜勤のほうが好きなんで
月7回ぐらい夜勤やってまーす。

こないだ、はるみと一緒に
シャ乱Qのライブに行った。
ナースの白衣着て、ナースキャップに
網タイ履いて。

普段はアムラーなんだけどね。

30過ぎて何やってんの?わたし~

戦後50年記念の朝生はさいこーにおもろかったねー」



本気で そう思う

あの頃のままの 自分がいて

思い出に ならなくて

生々しい「あの頃」が

私の心を 支配する





見えなくなった

あの人の姿を 追い

骨になった

あの人を 生かし

過去に どっぷりと浸かって

まだあの頃を

生きている




時計の針が 残酷に

凄まじいスピードで

回るから

私は 着いて行かれない








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/11/15 00:03】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック