ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
休日は

家の中で

ずっとひとりで

苦しみと 戯れる






苦しみは

甘い

甘い

スイーツみたいで

私は 口のまわりに

生クリームを

いっぱいつけるようにして

苦しみを 舐める






苦しみを 舐めて

苦しみを 転がして

苦しみを 抱っこして

苦しみに 浸る





苦しみと戯れる

たのしい たのしい

私の休日




休日が 終わったら

私にはもう

苦しみを

苦しいと 

ゆっくり思うゆとりさえ

なくなるの





だから

今のうちに

苦しみと 戯れておくの




たのしい たのしい

苦しみと 戯れる休日






苦しみの甘さを

存分に 味わうの

苦しみと 戯れるの

まるで 自慰行為のように



フリー画像・ミルクの雫








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/05/05 00:03】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック