ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
明日のご飯のこととか

仕事のこととか

支払いのこととか

そんな日常の雑多なことと

一緒に

死ぬか生きるかを

思う





トイレットペーパーがもうないとか

猫に薬を飲ませなくちゃとか

そろそろシーツを替えなくちゃとかと

一緒に

死ぬか生きるかを

思う








生死の境を

うろうろしながらの

日常は

春なのに

寒くって




平常心を 保てないのに

平常心のフリの

日常は

春なのに

痛くって





朝日を見ても

夕陽を見ても

死んだように

私の心は

動かない







何度 朝日が昇っても

何度 夕陽が沈んでも

ご飯も支払いも洗濯も

死ぬか生きるかも

私には

同じ 日常





息が 苦しい


フリー画像窓








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/05/07 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック