ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
たかが猫一匹

でも どうしてだろう



お前が具合の悪いときは

心配して心配して心配して





そして

お前がげんきいっぱいに

走ったり

遊んだり

ごはんを食べたりしてくれるときは

嬉しくて 嬉しくて

愛しくて 愛しくて

これ以上の幸せが

他にあるのか とさえ思える





不思議だね

お前を 思えば思うほど

私の 渇いた心が

潤って行くんだよ

そして

人間らしい心が

いつも 戻って来るんだよ






お前を 思えば思うほど

優しい気持ちになれるんだよ

そして

こんな私でも

ひとに優しくありたい

そんな風に 思えるんだよ






こんな私でも

本気で

誰かの役に立ちたいなんて

思えるんだよ

世界中の人に

お前をげんきにしてくれて

ありがとうと

感謝の気持ちで

いっぱいになるんだよ







私が人でいられるのは

きっと お前が

私のそばにいてくれるから



お前のお陰なんだよ






お前がいるから

私にも

まだ人を愛する力が残っていると

感じることができる





たかが猫一匹

でも

私の心を

人間らしく 豊かにしてくれる



どうかこれからも

ずっとずっと

げんきで

私のそばにいておくれ


きぬ携帯画像185修正版







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/05/15 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック