ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
まぶたの裏に 浮かぶ

あなたが

雫となって 

幾つも こぼれ

頬をつたって

流れて 落ちた





あと幾つ

雫を 流して

落としたら

あなたは

まぶたの裏から

消えてくれるだろう





まぶたの裏の あなたを

思うと

悲しいばかりの

思い出しか 

見えないから

もう

消してしまいたいのに





まだ あなたは

私の

まぶたの裏に

棲んでいる





ずっと ずうっと

棲んでいて

いつも私を

悲しませる


フリー画像・うつ伏せるシュシュ姿の少女









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/05/29 00:03】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック