ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
左足のあざが

治りかけると

今度は

右足に あざ

手には 擦り傷





あちこちに

ぶつかりながらしか

歩けないほど

我が家は今

荷物だらけ




歩くのは 不自由だけど

いちいち

痛みなど 感じない





体の痛みなんか

どこをぶつけようが

どこに刺さろうが

どこから血を流そうが

他愛もないこと






まるで

昨日の穏やかな夏日のように

他愛もないこと






ただ

心だけは

ちょっとぶつけただけでも

血が滲んだだけでも

立ち上がれぬほどに

痛くて

化膿して 壊死を起こす

壊死を起こした心は

切り落とすしかない





心に滲んだ血は

赤い涙となって

頬をつたい

切り刻まれた

心と共に

空まで赤く

地獄のように 染め上げる



bloody-river_2590345.jpg






ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/06/09 00:03】 | ぼやき
トラックバック(0) |

2017.6/9
なごやん
1年前のこの日、最愛の猫が逝きました。
月が特別美しい夜のことです。
ぬくもりが残り、眠ってるようにしか思えない
亡骸を抱きかかえ、まるでおこりのように
震える指先で、このブログに辿り着きました。
ナレイさんとの付き合いも、
あれから1年経つのですね。

この日は私にとって、とても悲しい日です。
昨夜の豪雨と雷は涙雨と怒りと悔しさ。
夜が明けると、まるで騙されたかのような晴天。
昨日から一睡もできないけれど、
今日一日は、誰とも会わず、喋らず、
チビタのことだけ考えていたい。

思い出すと、未だに胸が締め付けられるけど
一周忌です。「心の法要」を行わなければ。

できるかどうか、まるで自信は無いのだけれど。

Re: 2017.6/9
ナレイ
なごやんさん、

そうか・・・あれからもう一年経ったのですね。
早いです。

今日、6月9日が、チビタちゃんの命日だったのね。

私だって
今一緒に暮しているから、絹のことばかり書いているけど
亡くした子を思わない日はありません。

特に溺愛していたちち子のことは
今でも、毎日思っています。

>今日一日は、誰とも会わず、喋らず、
>チビタのことだけ考えていたい。
それが良いと思います。

存分に悲しんでください。
辛いかも知れないけど
とことん悲しむことが、チビタちゃんの存在を
やがて、良き思い出にしてくれるのですから。



ちち子の爪や尻尾の骨をカプセルから出して、
私のへその緒と一緒の箱に入れました。
私のへその緒とちち子の骨が同じ箱に入っていれば
一緒にいるような気分になれます。


「心の一周忌法要」ちゃんと済ませてあげてください。
チビタちゃんを思い出しても
いつか、穏やかな気持ちになれる日が来ると信じています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
2017.6/9
1年前のこの日、最愛の猫が逝きました。
月が特別美しい夜のことです。
ぬくもりが残り、眠ってるようにしか思えない
亡骸を抱きかかえ、まるでおこりのように
震える指先で、このブログに辿り着きました。
ナレイさんとの付き合いも、
あれから1年経つのですね。

この日は私にとって、とても悲しい日です。
昨夜の豪雨と雷は涙雨と怒りと悔しさ。
夜が明けると、まるで騙されたかのような晴天。
昨日から一睡もできないけれど、
今日一日は、誰とも会わず、喋らず、
チビタのことだけ考えていたい。

思い出すと、未だに胸が締め付けられるけど
一周忌です。「心の法要」を行わなければ。

できるかどうか、まるで自信は無いのだけれど。
2018/06/09(Sat) 13:24 | URL  | なごやん #-[ 編集]
Re: 2017.6/9
なごやんさん、

そうか・・・あれからもう一年経ったのですね。
早いです。

今日、6月9日が、チビタちゃんの命日だったのね。

私だって
今一緒に暮しているから、絹のことばかり書いているけど
亡くした子を思わない日はありません。

特に溺愛していたちち子のことは
今でも、毎日思っています。

>今日一日は、誰とも会わず、喋らず、
>チビタのことだけ考えていたい。
それが良いと思います。

存分に悲しんでください。
辛いかも知れないけど
とことん悲しむことが、チビタちゃんの存在を
やがて、良き思い出にしてくれるのですから。



ちち子の爪や尻尾の骨をカプセルから出して、
私のへその緒と一緒の箱に入れました。
私のへその緒とちち子の骨が同じ箱に入っていれば
一緒にいるような気分になれます。


「心の一周忌法要」ちゃんと済ませてあげてください。
チビタちゃんを思い出しても
いつか、穏やかな気持ちになれる日が来ると信じています。
2018/06/09(Sat) 18:48 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック