FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
つかれた・・・

大した人間関係でないとはいえ、
すれ違う大元は、皆「自分は間違ってない!相手が悪い!」
と思ってるから。

他人を変えることはできません。

変えられるのは自分だけです。


今回私は、自分にも大いに非があったと思っているので
そういうときは素直に、誠心誠意謝ります。

あとは相手次第だけれど

相手に過剰な要求をしてはなりません。



「自分が正しい」と思っているでしょう?

つまりそれだけ価値観の数があるということ。
自分の価値観に、
相手を無理にはめ込もうとするから揉めるんです。

「みんな違ってみんないい」と言いながら
実は私も含め、
「みんな同じがみんないい」と
どこかで思っているんです。


私の大好きな、故・河合隼雄せんせが
どこかに書いていました。


「反省 というのは、そこで止まってしまう。
ごめんなさい、すいません、私が悪かった
と、思うばかりでは、それ以上自分の深層を
却って見えなくしてしまう」

と言うようなことを。

同感です。

勿論、反省も必要だけど、
私は、そこで終りたくない。

だから、今回のことも
悪かったと思うのと同時に、なぜこうなったのか、
私は私の深層を見て行こうと思います。

重ねて言いますが

他人を変えることはできません。

変えられるのは、自分だけです。










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/07/11 00:03】 | 雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック