FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
ねむれぬじごくに

あえぐわたしの そのそばに

きぬが いた




きぬは ただ

「どうしたの?」

みたいなかおをして

ずっと わたしのそばにいた




ねたくてねたくて

よこになり

あえぐ わたしのそのとなりに

きぬがいた




きぬは わたしのとなりにすわって

やっぱり

「どうしたの?」

みたいなかおをして

ずっと わたしのそばにいた




ふみんはじごく

24じかん ねむれぬこころは

しだいにくるって 

せいじょうなこころををうしなう

でも

きぬは ずっとそばにいた






なんにもできない きぬなのに

あのじゃきのなさで

そばにいてくれることが

どれだけの すくいになるか





きぬは まるで

わたしのかんびょうを

するように

わたしのいくあとに

ついてきては

そばにいた






ふみんのじごくに

ひかりがさした

きぬの かんびょう





ましろな おまえは

まさに はくいのてんしだね




きぬよ きぬ

ありがとね






あちゃかいね

いとちいね

やさしいね


きぬ携帯画像195のんびじ3









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2018/07/21 00:03】 | 不眠地獄
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック