FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私は、すぐに不安になる。

他人にとってはどんな些末なことでも
すぐに不安になるのが私。

昨日ふと、絹の後ろ姿を見たら
「痩せた?」と思った。
それだけで、「何かの病気・・・?」と
まるでジェットコースターが急降下するような
不安に襲われる。


こないだのあの人は
何だかいつもと様子が違ってた。
私、何か悪いことしたかなあ・・・

と、他人の態度がちょっといつもと違うだけで
ゆらゆら揺れていた風船が一気にしぼむような
不安に襲われる。


不安と緊張は、常にセット。

緊張ー心悸亢進ー血圧上昇ー体温上昇ー不眠
その図式が、もう目に見えるように
同じことを繰り返してる。

「絹が病気って、べつに滅茶苦茶元気じゃん。
気にし過ぎだよ、まったく」
と、冷静に考えた、すぐそのあとに
「いやあ・・・でももっと太ってたのになんで?
絹は体が弱いから、何かの病気かも・・・」
と、不安になって

冷静の積み木と、不安の積み木を
幾つも幾つも積み重ねて、
崩れるとまた、冷静・不安・冷静・不安
と、際限もなく積み重ねている。

それが私。
自分でも呆れるくらい
私は、そんな積み木遊びばかりしている。

今日も私は、病んでいる。


フリー画像・積み木









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/07/30 02:02】 | 社会不安障害ってどんな病気?
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック