FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
半年に一度の検診で
絹は、慢性腎臓病の指標となる
重要な検査項目、クレアチニンの数値が
1.6・・・・になってしまいました。

<クレアチニン値1.6 慢性腎臓病ステージⅠ です。
猫の正常値範囲は、0.8~1.5 になります。

このクレアチニンの正常値範囲というのは
非常にバラつきがあり、病院によって違うのですが

絹の主治医の先生は、
IRISという団体の正常値範囲を取り入れています。
何でも最新の情報を導入している先生ですから、
非常に厳しい正常値範囲です。

一週間後に尿検査をもう一度やりましょう
ということになりましたが、

この一週間、生きた心地がしませんでした。

尿検査だけではクレアチニン値はわかりませんが
尿の検査項目の中から、見立てがつきます。

で、昨日病院に行って、尿検査をした所
お陰様で 異状なし! でした!


とにかく猫は八割がた腎臓をやられます。
ましてや絹は病弱な子、
腎臓病は避けられない、といつも思って来ました。

でもこの子は7才・まだ若い。
もう少しだけ、正常値でいさせて・・・!
お風邪だけでいさせて・・・!という思いで
いっぱいでした。

だから、もう嬉しい~~~!

そんな私の思いなどかんけーなし!みたいに
げんきに過ごしている絹の姿を見て
祈るような思いでした。

いつにも増して、まともに眠れなかった一週間で
よれよれになってしまいました~

心配してくださったフォロワーの皆さん、
メールで話を聴いてくれた友よ
本当にありがとうございました!

犬や猫は、自覚症状を訴えられませんから、
検査は非常に大切です。
かと言って、数値だけが全てではありません。
普段の犬や猫の様子を見ている飼い主さんなら、
いつもと様子が違えばすぐにわかるでしょう。

ダメ親な私みたいに、数字だけに振り回されず
愛しい子たちを、いつも見てあげてください。


ああ・・・お盆どころではなくなってしまって
お花もお供物も買いに行けませんでした。

それなのに、みんなが見守ってくれたんやね?
ありがとう。
大事な絹のげんき を守ってくれて。

ちぬよちぬ、どうかずっとげんきちゃん!でいておくれ。



きぬ携帯画像201ちぬお嬢様だぶるべつと占拠

わたしはげんきちゃんだっていってんじゃん。うざっ!
と言ってます~(笑






ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/08/16 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック