FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
大事なものは

夏の空

大事なものは

きらめく思い出

大事なものは

あなたから

もらった言葉






もう訪ねて来た

秋の気配に

不安が増して

仕方ないけど

どんなに

去りゆく 夏を惜しんでも

季節は 常に 

うつろい 流れる





その流れに

もしも身を任すことが

できたなら

私は きっと

楽になれる




自分は

万物の霊長だと

おごることなく

本能に 逆らわずに

いられたら






灼熱の夏に 

汗 噴き出るまま

肌寒さの秋に 

ただ 震えるまま

そのままに いられたら





私は きっと

楽になれる




私が 求めるのは

常に 「幸せ」ではなく

「楽」



フリー画像・緑の中の古いブランコ








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/08/20 00:03】 | 雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック