FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
遠くへ行ってしまった

あの夏の

お弔い





みんなが

もう忘れた 

あの夏の

お弔い





花を たむけて

お弔い

涙を 流して

お弔い





ありがとね 夏

きらきら その陽で

街中を 照らしてくれた






真っ暗な 私の心を

明るく 照らしてくれた





いつも そばに

いてくれた




一瞬のうちに

沢山の 散ったいのちを

青空に 見て

その青空と

私の心が 

毎年 毎年 重なって










だから

お弔い

お弔い

もう見えなくなった 

あの夏の

お弔い





散った いのちの

お弔い




the-lost-room_2950872.jpg







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/09/12 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック