FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
何だかなあ・・・・

ちょっと最近、私はもう
絹に対する愛情に、自信を失いかけている・・・・

猫にとって4年のシェルター生活は、
人間にとっての4年より、ずっとずっと長いはず。

ま、でも絹は元々ああいう性格だったようで。

猫は犬ほど人にベタベタしないけど
絹ほど、クール(と言うと聞こえが良過ぎる。冷たいの)
な子っていないんじゃないかなあ・・・と思う。
ツイッターとか見てると、
飼い主さんの腕の中に自分から入って来て
うっとり甘えてる動画なんか見ると羨ましくなる。

絹は、間違ってもそんなことしないから。


でも、そんな絹と私との冷たい関係も、
2年ぐらいかかったけれど、少しずつ、少しずつ
距離が近づいているように感じてた。

それまでそんなこと一切!しなかった絹が
私にキスを許してくれるようになり、
私を起こすようになり、
作戦とは言え、ゴロゴロとのどを鳴らすようにもなった。

そうなって来ると、私のほうも余計に可愛くなる。



でも、なんでだろう・・・
今回のリフォーム工事で、絹はまた、
元の「人なんかかんけーなし!」な絹に、
戻ってしまった気がして。

もしかしたら、大々的なリフォームだったから
また違う家に連れて来られたと思っているのか、

いやあ・・・それはないでしょう・・・
だって、居間と台所は変わってないんだもん。


なんていうんでしょうかねえ・・・・・
このクールで冷たい絹の態度・・・
シェアハウスの同居人?
うちを間借りしてる店子?

ほんと、よそんちの子みたい・・・・。

本当のよそんちの子なら、
こんなにお金はかからないのに
病弱な子の膨大なお金だけ、
なんで「よそんちの子に払ってんの?」みたいな?

あああああ・・・ごめんよ、ちぬ、こんなこと言って。
でもさあ、最近また「かんけーなし!あんただれ?」
みたいなお前を見ていると、悲しくなって
いとちい、あいちてる、という気持ちに
自信がなくなってしまうのよ・・・・

お前はお金もかかるし手もかかる。
なのに、甘えても来ないんじゃさあ・・・・

わかんない。親のエゴかな、結局ね。

お前を引き取って3年が過ぎた。

毎週のように病院へ通った。
文字通り必死だった。
いつもいつも心配で心配で心配で。

でも、今の私の心配は、
絹が病気になると自分が嫌だから、という
まさにエゴでしかなくて。


敏感な絹は、それを見抜いているのかも知れないね・・・
こんな冷たい私の思いを既に絹は見抜いているから、
また、最初の絹に戻ってしまったのかも知れない。

でも正直私も生身。
疲れた・・・・・
ほんとに疲れちゃった・・・・
でもこれが人間同士だったら、お互い罵り合って、
泥沼になることもできる。

でも、ちぬは何も言えない。
いっぱい言いたいことあったろうね。
「だってワタシべたべたされるのイヤなんだもん!」とかね。

そんな言葉すら言えない弱い子なのに・・・・

ごめんよ、ちぬ。
ごめんなさい。

でも、こういうときはお互い、
無理矢理近づいてもダメだと思う。

暫く、おねーしゃんもお前と距離を取ることにするね。

そのほうが、お前も良いでしょう?

そしてまた、少しでもお互いの距離が近づくことを
気長に待つよ。



キャットタワー








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/09/19 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック