FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
今日は、また俗人・樹木希林記事、
何だかんだ言って散々書いてる私~

以下はあくまで 私見です。


やっぱ読み手の方々にどう思われても
私は自分の本音を綴るほうが楽だわー


人間、亡くなると誰でも美化して語られるものだけど
んもう~~~とにかく希林さんは 別格 なんだもの~

変人だった ってだけでしょー?
いやべつに私も希林さん嫌いじゃないです。
どっちかってえと好きだけど、
そんなねえ、特別な人とは思えませーん。

何だっけ?
「独特の死生観」「独特の人生観」?
「実に自然な生き方」「生きた仏さま」?

もう美化し過ぎ~~

私には、むしろ彼女は「不自然」に映りました。
前記事にも書いたけど、言ってることとやってることが
矛盾してるんだもん。

「生も死も日常」
「自然に逆らわない」「病気を面白がる」
「死ぬまでのゴミはなるべく少なくして」
みたいな言葉・・・・・
言葉は巧いよねーと思う。


しかし実際は
・裕也さんに凄まじい執着
・豪邸住まい
・金勘定は相当しっかりしてるらしい
・不動産にこだわる

え?ぜんぜん!ちげーじゃないっすか?

自然?いやいやあ・・・不自然で
とても自己顕示欲の強い人に見えました。

「45年間、別居のまま夫婦であり続けた
お二人の絆が@@@@@@@@」とか言われてるけど、

絆も何も、希林さんが一方的に執着してただけに
見えますたけど?私には。
でもそこは、やはり別居とは言え、長い関わりになりゃあ
裕也さんにだって、彼女に情も湧くでしょう?
そういうことなんじゃなーい?


「全身がん」と言う名の癌はないです。
癌には必ず「原発巣」(げんぱつそう・最初に癌になった臓器)
があるんです。

金はあるから、保険適用外の治療を受けてたらしい
だから元気だったんだ
という話も。事実はわからんけど。

あとナンだっけ?裕也さんに
「お前なあ、孫もいて女優もできて、
そんな幸せな人間はいないぞ」と言われたと
仰ってました。
ご本人も「畳の上で死ねそうだし」とか仰ってました。
なんで?!達観した人間に
そんな世俗のことが、なんで?重要なんですか?
かんけーないでしょ?そんなこと。

金もなくてボロい服着て、周りからは
いかにも不幸に見えても、
本人の心が楽でいる、そのことのほうが大事だと
私には思えますが。

まあ希林さんの特有のレトリック、そっちのほうが
よほどお見事!ですよ。
あのレトリックで周囲を洗脳、失礼、
納得させちゃうんだから。

ただね、人はバカじゃないから
本当に希林さんが、レトリックだけの人間だったら
これほど愛されることはなかったでしょう。
やっぱり、人間としての魅力がないと、
こんなに愛されません。それはわかります。

実際に関わってみるとわかる魅力っていうのも
あるんでしょうしね。


さいなら、希林さん。
もうあの世ではそんなに喋らなくていいからね。

「裕也さんを好きで好きでどうしようもないのよ~」
と、いろいろ理屈をこねずに、
もう素直に端的に言って良いからね~







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/10/02 00:03】 | 雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック