FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
いやいや、先日はまあんず
散々!苦しみました。

どうしようかしらと思いました。
QQ車要請レベルではないし、
またね、精神科QQだと受入れ先病院が
限定されてしまうんです。

私の家からだと、フロリダ病院(当然仮名ですよ)
ともう知っているし、連れてってもらった所で
ま、せいぜい鎮静系の注射か薬の処方くらいなものなんで
精神科では、よほどでないと呼びません。

最近、薬を飲んでも眠れない日があって
(もう薬が効かないんじゃないか・・・)
という不安が、あの苦しみを誘発したようです。



パニック障害みたいな苦しさね。

私は「パニック障害」という診断がつくほどではないけど
何度かパニック発作を起こしてQQ車のお世話になってます。
だから、パニック障害の傾向もあり、ってことですね。

私の長年のおつきあいの、社会不安障害も、パニック障害も
「不安」が中核になっているのは同様なので。

「また眠れなかったら嫌だなあ~でも、ま、いっか~」
てな調子で、不安をそのままにしておくことができれば、
あんなことにはならんのだけどね、

そういう知的認識だけ、あっても、
どうしてもそのままにしておけないから

不安は増大=症状誘発 ということに。


もうね、ここまで病気とのおつきあい長いと、
完治はないのもわかってるし、百歩譲って
社会不安障害とのおつきあいは一生続けてもいい、
ただねーー不眠・・・・
これは地獄なんで、
できればおつきあいしたくないんですけどねー


健康な人にも、どこか病んでいる部分って
必ずあります。
当然、不安でたまらなくなることもあるでしょう。
でもね、病気の不安の場合、
自らどんどん不安を膨らましては苦しむ
みたいな所があるからねーーー

結局、自分で自分を追い込んでは
勝手に苦しんでる だけ なんだけど、
わかっていても、これはどうにもならんのです。

困ったもんです。

でももう社会不安障害抜きにして
わたし は語れないくらい長いおつきあいなので
何とかもうちょっとあきらめて、
ラク~に病気とつきあったらいいのに、と思うのですが

なかなか理屈通りには行かないもんです、はい。


ちょっと私の散文って「心と身体」ジャンルじゃん!
ま、いっか。何でも。







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/10/07 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック