FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
運がない・・・ほんとに私ってミス厄日・・・

カビが大発生したのも
マンションの中でなぜかうちだけだった。

やっとそれが落ち着いたと思ったら、
新たに大変なことが・・・

またかよ?!と思うと同時に

もう疲れました・・・


その内容を公開では明かせないのが
残念だけど、

とにかく運がないのは昔から。

例えば、
若い頃からバイト先なんかで
同じミスをしても、私だけが怒られるとか、

PSW国家試験のときも、
私の受験する年から、急に試験の傾向が変わって
めっちゃ難しくなって、平均点のボーダーが
がくんと下がるとか、

そんなのまだまだぬるいほう。

小学生時代、友達と並んであぜ道を歩いていたら、
肥溜めの肥をを積んだトラックが通過。
私だけが全身!肥を浴びました・・

並んで歩いてた友達のほうは、無傷。
子供心にも、酷く惨めになって、
家に帰ると、
母はそんな私の気持ちをわかっていたのでしょう。

優しく、服を脱がせてくれ、余計なことは言わず
「お風呂沸かすから入りなさいね」と。

あのときほど、母の存在が大きいと感じたことないくらいでした。



挙げたらキリがないんでやめとくけど。

友達は
「その分運をためてて、どこかで
物凄い強運になるんだよ」

と言ってくれるけど・・・

とにかく今日は
これ以上書く気力がありません。 絶筆

(って、結構長々書いてんじゃん)

♪運がいいとか~わーるいとか~
ひとはときどき~く~ちにするけど~
そういうことって~たーしかにあると~
わたしをみてて~そうおもう~♪

(ヤケを起こしている)







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/10/10 00:03】 | ぼやき
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック