ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
死者の骨を断ち、肉を削ぎ、粉々に砕き、
沢山の魂を踏み固めて作った土台に「文明」と言う名の
ご立派な家を建て、

その中で「快適に」暮らすのは楽しいですか?
そんな暮らしはとても「平和」で「豊か」ですか?

何万、何十万の人々がいつどこでどう死んだか、なんて
ここに長々書く気はありません。

だけど
口先だけで「忘れない」だの「風化させない」だのと
言わないで下さい。
その言葉はもう何度も何度も聞きました。
何度でも、私たち人間は忘れるのが得意な生きものです。

「わすれない」と言う値札を付ければ、
また「地球に優しい家」が売れますか?

直下型の大地震が来る来ると言いながら、
高い高いビルを建て、その高さを競う・・・・・。
最上階から見下ろす景色は、そんなに良いですか?
あまり興味のない私にはよくわかりません。

気楽に平和に暮らすのは自由です。
ならば黙ってその「平和」を享受して下さい。

強欲な人は強欲なりに
黙って自分の欲にあくまで素直であって下さい。

余計なキレイごとは要りません。

ごめんなさい。
私はただ、生ける皆さんより
死せる者たちとのほうが
わかり合える「気がする」
と言うだけです。

ただの自己満足記事です。

死せる者の気持ちなんて
本当は
私にもわからない。

ただ辛いと言うだけです。
今のこの時代が、生きにくいと言うだけです。
ただ、胸が痛いと言うだけです。

3月が来る度に
6月が来る度に
8月が来る度に
9月が来る度に
11月が来る度に。


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2012/06/21 04:37】 | 「軽い変態」から見る社会
|

愛着心 執着心 刻まれる
ホヌ
こんにちわナレイさん。

私という人間は 愛着心や執着心や思い出やら思い入れが どうも強いのです。


どこかへ行って、そこの云われを聞いたり見たりすると もう刻まれる。


亡き家族や知人から聞いた貴重な体験談や歴史を聞けば もう刻まれる。


その時に買ってもらったもの 物の相手の気持ちも刻まれちゃう。

お土産なんかだと「もしかしたら自分は生きている間に、ここには行けないかもしれない。その場所の記念」・・・なんて感じて刻まれちゃう・・・


だから ナレイさんの言う「亡き人」や その上に今が成り立っているっていう思い、伝わります。


口先で言う人は じきにわかりますね。

後々 普通に話してる内容がブレまくり(笑)


自分のことで精一杯は当たり前だけど、そんな思いや教訓を留める隙間は 残しておきたいな・・・

Re: 愛着心 執着心 刻まれる
ナレイ
ホヌさん、こんにちは。
コメント、ありがとう。

その「刻まれる」と言う感覚、
私も同じです。

なんでだろう・・・。
自分では、幼い頃から、ひとの死が常に身近だったせいかな・・と思っている
のだけど、
自分にとって身近な親や友人でなくても、

そう。
貴重な体験談や歴史
そんな話を見たり聞いたりすると
思い切り「刻まれる」・・・。

私は特に信仰を持っている訳ではないのに
その体験の中の「その人」を思うと無性に胸が痛くなります。

だから、夏が近くなるともうあちこちからあらゆる人が
思い起こされて切ないです。

> 自分のことで精一杯は当たり前だけど、そんな思いや教訓を留める隙間は 残しておきたいな・・・
同感です。
政治とか、軍事上のことではなくて
今の人がどれだけその思いを持ってくれているのか、
余計なお世話かも知れないけど、ちょっと気になる私です。

沢山の「亡き人」があって、長い歴史の中で生まれて来ている訳だから
「かんけーねえよ」はないでしょう・・と思えて。


本当に生きづらいです。
WADA(わだ)
前回、別日記でコメント致しました日本福祉大学のWADA(わだ)です。今回から公開コメントに致します。よろしくお願いします。


資本主義を続けるために人々を強欲に駆り立て、競争に参加出来ない者&敗者を叩きまくる世の中は生きづらいです。生活保護受給を勧められるほどの超貧乏家庭で育った自分ですが、今の方が金銭的には豊かになったとは言え、昔よりも遥かに生きづらいと感じています。あまりにも他人を見下す人々が多く、刹那的になっているように思います。年が経つごとに。敗者を罵倒しまくって何が楽しいのか…


健常者でさえ、人間らしく働ける仕事をし続けることがどんどん困難になっているせいか、些細なことで怒り出す人々が増え、ギスギスしていますね。


生きづらい…

Re: 本当に生きづらいです。
ナレイ
WADAさん
コメント、ありがとうございます。

資本主義経済、新自由主義、
って、こんなだったっけ・・・・・?
と思わせるものがあります。

なんと言うか
もう障害者も健常者もなく
全ての人間がギスギスしていて、金金金金何でも金・・・
強欲な人間をどんどん煽るように企業は商売をせざるを得ず
消費し続け、どこまでも食べ尽くす・・・・・

競走に参加出来る人間が必ずしも勝者 とも
私には見えません。
疲れるでしょうに・・・と気の毒です。

成熟した社会 と言うのはこうなるしかないのでしょうか・・・
「地球に優しい」としばしば言うけれど
極論すれば
この地球から、人間がいなくなることが
結局いちばん「地球に優しい」ことなんじゃないでしょうか・・・。

> 生きづらい…
本当に生き辛い・・・
そう感じているのは、私たち一部の人間だけではない気がして
なりません。

私たち罪深い人間は、どこへ向かって行けば良いのか・・・
私は正直、もう疲れました。
強欲な人間を見ることも。
このせわしい時代を生きることも。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
愛着心 執着心 刻まれる
こんにちわナレイさん。

私という人間は 愛着心や執着心や思い出やら思い入れが どうも強いのです。


どこかへ行って、そこの云われを聞いたり見たりすると もう刻まれる。


亡き家族や知人から聞いた貴重な体験談や歴史を聞けば もう刻まれる。


その時に買ってもらったもの 物の相手の気持ちも刻まれちゃう。

お土産なんかだと「もしかしたら自分は生きている間に、ここには行けないかもしれない。その場所の記念」・・・なんて感じて刻まれちゃう・・・


だから ナレイさんの言う「亡き人」や その上に今が成り立っているっていう思い、伝わります。


口先で言う人は じきにわかりますね。

後々 普通に話してる内容がブレまくり(笑)


自分のことで精一杯は当たり前だけど、そんな思いや教訓を留める隙間は 残しておきたいな・・・
2012/06/21(Thu) 17:06 | URL  | ホヌ #-[ 編集]
Re: 愛着心 執着心 刻まれる
ホヌさん、こんにちは。
コメント、ありがとう。

その「刻まれる」と言う感覚、
私も同じです。

なんでだろう・・・。
自分では、幼い頃から、ひとの死が常に身近だったせいかな・・と思っている
のだけど、
自分にとって身近な親や友人でなくても、

そう。
貴重な体験談や歴史
そんな話を見たり聞いたりすると
思い切り「刻まれる」・・・。

私は特に信仰を持っている訳ではないのに
その体験の中の「その人」を思うと無性に胸が痛くなります。

だから、夏が近くなるともうあちこちからあらゆる人が
思い起こされて切ないです。

> 自分のことで精一杯は当たり前だけど、そんな思いや教訓を留める隙間は 残しておきたいな・・・
同感です。
政治とか、軍事上のことではなくて
今の人がどれだけその思いを持ってくれているのか、
余計なお世話かも知れないけど、ちょっと気になる私です。

沢山の「亡き人」があって、長い歴史の中で生まれて来ている訳だから
「かんけーねえよ」はないでしょう・・と思えて。
2012/06/21(Thu) 17:36 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
本当に生きづらいです。
前回、別日記でコメント致しました日本福祉大学のWADA(わだ)です。今回から公開コメントに致します。よろしくお願いします。


資本主義を続けるために人々を強欲に駆り立て、競争に参加出来ない者&敗者を叩きまくる世の中は生きづらいです。生活保護受給を勧められるほどの超貧乏家庭で育った自分ですが、今の方が金銭的には豊かになったとは言え、昔よりも遥かに生きづらいと感じています。あまりにも他人を見下す人々が多く、刹那的になっているように思います。年が経つごとに。敗者を罵倒しまくって何が楽しいのか…


健常者でさえ、人間らしく働ける仕事をし続けることがどんどん困難になっているせいか、些細なことで怒り出す人々が増え、ギスギスしていますね。


生きづらい…
2012/06/25(Mon) 20:55 | URL  | WADA(わだ) #-[ 編集]
Re: 本当に生きづらいです。
WADAさん
コメント、ありがとうございます。

資本主義経済、新自由主義、
って、こんなだったっけ・・・・・?
と思わせるものがあります。

なんと言うか
もう障害者も健常者もなく
全ての人間がギスギスしていて、金金金金何でも金・・・
強欲な人間をどんどん煽るように企業は商売をせざるを得ず
消費し続け、どこまでも食べ尽くす・・・・・

競走に参加出来る人間が必ずしも勝者 とも
私には見えません。
疲れるでしょうに・・・と気の毒です。

成熟した社会 と言うのはこうなるしかないのでしょうか・・・
「地球に優しい」としばしば言うけれど
極論すれば
この地球から、人間がいなくなることが
結局いちばん「地球に優しい」ことなんじゃないでしょうか・・・。

> 生きづらい…
本当に生き辛い・・・
そう感じているのは、私たち一部の人間だけではない気がして
なりません。

私たち罪深い人間は、どこへ向かって行けば良いのか・・・
私は正直、もう疲れました。
強欲な人間を見ることも。
このせわしい時代を生きることも。
2012/06/25(Mon) 21:15 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可