ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
病んだ魂を

自らの 手で

手厚く 手厚く

葬る




そして

もう一度 産まれ直す

新生児の目で

世界を 見直す





その力が 私に

まだ 残っているのなら


falling-light_2702799.jpg









ぽちで救われる私がいます 




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2017/04/21 00:04】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
血が 走る

骨が 鳴る

冷えきった

心を 無視して





体は 

今日も 熱い


フリー画像・ガラスのひび








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2017/04/20 00:04】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
まいにち まいにち

死んでいく

わたしの中の

大事なものが

いくつも いくつも

死んでいく




ひろっても ひろっても

死んだものは 

わたしの心に

もどってこない




大事なものは

思い出か

未来か 過去か

きらめく夢か

大事なものって

なんだったのか

それすら すっかり

忘れ果て





惰性 という名の

かわいた たましい

長すぎる 尻尾のように

もてあまし





まいとし 遠くに

春を 見て

大事なものが これ以上

死なないように

胸 おさえる




16006502.jpg








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/04/19 00:04】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
私は ひとり

泣いている

頬つたう 涙の熱さを

指で 確かめる毎

もっと もっと

悲しくなって





潮の 満ち引きみたいに

繰り返し

私は ひとり

泣いている





私は ひとり

呻いてる

その声の 響きを

咽喉に 感じる毎

もっと もっと

重たくなって






夜のカラスが 鳴きつづけるみたいに

繰り返し

私は ひとり

呻いてる




私は ひとり

震えてる

呼吸が 荒く

速まるのを抑える毎

もっと もっと 

苦しくなって






脱皮しかけの

縮んだ蝶の 羽みたいに

繰り返し

私は ひとり

震えてる





粗末な いのちを

引きずりながら

私は ひとり

泣いている





私は ひとり

泣いている


フリー画像シャンデリア









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/04/18 00:04】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
正論やら

理想論やら

美談やらを

耳にする度

目にする度






居場所を 追われる





反論の

しようもなくて




だけど それらは

頭痛の種で




煙草と薬くらいしか

私を

慰めてくれるものは

なくて



フリー画像・廃墟のドア








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2017/04/17 00:04】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
湯呑みから

お茶が こぼれる





熱い と感じる

この手は まだ

私の意に 反して

生きている


フリー画像・深い森










ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2017/04/16 00:04】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
わたし は 

いったい どこにいる?





あなた が

どこにも いないから

わたし は 

わたし になれないの




あなた を 

みつけられたらば

はじめて

わたし は

わたし になれる





あなた が

いない

あなた が

いない




あなた は

きっと

せかいじゅうに

いてくれるはず





たった ひとりの

あなた でいい

あなた が

わたし のそばに

きてくれたなら

わたし は

わたし に なれるのに




わたし に

あなた が みつからない





わたし は

いったい どこにいる?




わたし は

いつ

わたし になれる?


フリー画像・ワイングラス









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/04/15 00:04】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
この

腐った性根を

自らの手で 引き抜く





根なし草





空の青



フリー画像・見上げる青空









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2017/04/14 00:04】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
草木が

風に 揺れるのと一緒に

私も 揺れていられたら






雲が

流れるのと一緒に

私も 流れていられたら







空が

広がるのと一緒に

私も 広がっていられたら





鉛のような

我欲は 全て

沈む 夕陽と

一緒に 沈めて





轟く海のように 悲しみ

揺れる菜花のように 笑って





ただ

草木が 揺れるままに

雲が 流れるままに

空が 広がるままに

自然の なすがままに

いられたら





私は きっと

楽になれるはずなのに


フリー画像・風に揺れる麦

って、こんな詩をアップすること自体、我欲の固まりなんだけどね・・・・







ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2017/04/13 00:04】 | 考えるより感じること
トラックバック(0) |
苦しみも 悲しみも

みんな

口の中のドロップのように

溶けて






遠く

幼い 

あの日あの頃まで

時を 戻して

いっそ 止めてしまえたら



フリー画像・子供とぬいぐるみ









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2017/04/12 00:04】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |