ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
黒く塗り潰された

わたしの末路




朽ちた部屋

震える心

曇る窓





星のない空

標もなしに

どう歩く





だれか

だれかを

求めても

だれも

だあれも

見当たらぬ






黒く塗り潰された

わたしの末路



フリー画像シャッターの降りた通り







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2018/02/16 00:03】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
わたしは華を捨てました

華のある日が消えました




わたしは夢を捨てました

夢見ることがなくなりました




わたしは春を捨てました

冬だけの日になりました







あとどれだけの

大事なものを捨てたら

わたしは赦されるのでしょう





だれか おしえてくださいな





このいのち

果てるのは いつですか





だれか おしえてくださいな



だれか おしえてくださいな


beautiful-bouquet-with-groom-and-bride-at-back_2767500.jpg








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/15 00:04】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
なんか今日は、全然「文学・小説」や「詩」と
かんけーなくて、
猫ブログに行けよって話なんだけど
たまにはいいでしょ。

今日は絹の猫用こたつの作り方を
ご紹介させて。
どうやって作るの?と聞かれたりしたから。

興味ない方はスルーしといてくだせえ。

作り方って言っても
猫用こたつを自作してる方の中には
木材で本格的に作ってらっしゃる方もいるけど
私は工作が大の苦手なので
ダンボールを使って、ちょーてきとーに作りました。

要するに絹があったかけりゃ良い訳だから。

ではまず骨組み
ダンボールをカッターで切り抜きます。
猫用こたつ段ボール
(ひどいねこれ。曲がってるしぐちゃぐちゃ~だから!苦手なんだって~)

で、下にブランケットを敷きます。

猫用こたつ段ボール2

熱源はホットカーペット。片面つけっ放しにしといてあげます。
ホットカーペットはめちゃあったかいので
ダンボールの底を抜かなくても、十分熱が伝わります。

そしてこたつ布団代わりのブランケットをかけて、
テーブル代わりにベニヤ板を置きました。
(うちのマンションは外壁工事をしてたので、頂きました)
絹のお尻が見えてます。

きぬのおこたつ改良ちう

で、おこたにはやっぱりおみかんでしょうということで
紙粘土でおみかんも作ってみました。
(だからあ、工作は苦手なんだってばよー)

おこたにおみかん2

はい、完成。

おこたにおみかん

粗茶ですが、みたいな?

おこたで粗茶ですが
何しろ絹がこれをすっかり気に入ってくれて
あんまりにもずうっと入っているので
お顔が見れなくて寂しいくらい。

でもあったかくて気持ち良いんでしょう。良かったです。

あ、ついでだけど、うちは首輪も手作りです。
(もう家庭科も1だったの~~
友達に「なんでこうなっちゃうかなあ・・」と呆れられました。

きぬ首輪コレクション

売り物の首輪はそりゃ素晴らしいけど、
できればあまり首を絞めつけない、
パジャマ用の緩めのゴムを使っています。

はい、アホな子みたいでかわよいです~~~
(ああ・・縫い目の酷さが丸見え・・・・・・・)

きぬ携帯画像160修正版


ま、どれもご紹介するような代物じゃない、
酷いもんだという自覚はありますが、
親心 ってことでご勘弁を~







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/14 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
この世の ほんの片隅で

誰も知らない 小さな部屋で

わたしと

片目の白猫と

ひとりぼっちの者同士

身を寄せ合って 生きている






白猫が

甘えた顔で

わたしを見上げる

その姿は 

すさんだ わたしの心を

癒やしてくれる





カリカリカリ・・・と白猫が

餌を食べる

その音色は

わたしにとって

ショパンの曲より

何十倍も 感動する

愛くるしい 音色






誰も知らない

誰も知らない

小さな小さな この部屋で

素性も知れない 野良同士

身を寄せ合って 生きている


おこたですやすや

おこたで粗茶ですが

猫用こたつ。
粗茶ですが、どうぞ。

絹がおこたをこんなに気に入るとは思っていませんでした。
もっと早く作ってあげれば良かった。








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村


FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/13 00:04】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |

おこた
なごやん
これって手作り?
中に湯たんぽか何か入れてるの?

絹ちゃんの瞳は悪い方も良い方も
私には美しい蒼い瞳に見えるよん!

Re: おこた
ナレイ
はい勿論手作りです。
ネットでわざわざ買って、入ってくれなきゃもったいないもの。

ダンボールで作りました。工作は苦手だけど。
ツイッターに骨組みから載せているよ。

熱源はホットカーペット。
つまり片面つけっ放しにしているので、
これと加湿器で電気代が跳ね上がりました・・・

とにかく加湿器のせいで1万2千円・・・仰天しました・・・



Re: Re: そうだね
ナレイ
悪い方の目も

澄んでるんだよね。


あの目、大好き!


(^^ゞ
なごやん
ラジャー!
猫用コタツでグーグル先生に聞いてみる。

Re: (^^ゞ
ナレイ
> ラジャー!
> 猫用コタツでグーグル先生に聞いてみる。

そうしてみて。
私のところからも見れるけど
皆さん凄い木材使ってすばらすぃ~の作ってる。

段ボールでじうぶんよー


コメントを閉じる▲

孤独の呼気を 

道連れに

旅する道は

険しくて





くだらない男たち

あなたたちとは 

ただ いっとき

互いの体を 重ねただけ

ほんのいっとき

寂しさを 忘れたかっただけ

お互い様ね

さようなら




大事なことは

誰にも言えない

泣きたくても

すがりつく胸は ない

心細くても

支えてくれる肩は ない





痛い

痛いよ

ひとりの旅は

心が 血を噴いても

自分の手で

抑えるしかないから






曇天の空

虚ろな瞳

熱いコーヒー

未明の街




フリー画像・ヌード






ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/12 00:03】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |

久し振りに
なごやん
絹ちゃんに起こしてもらえたのね。
良かったね、ナレイさん!
しかし、絹ちゃんの青い瞳の美しさったら!

Re: 久し振りに
ナレイ
なごやんさーん

そうなんよ~普段は毎日なのに
ここんんとこパッタリと起こさなくなったから
寂しくて・・・

そしたらゆうべひさびさ起こしてくれたのー!

ブルーの瞳より、ヘンな片目のほうが私は好きよ~

コメントを閉じる▲
人はきっと

絶望すると

余りの辛さに

死にたくなったり

なかなか立ち直れなかったり

するものなのだろう





でも 私にとって

絶望は 日常茶飯





生まれ落ちたことに絶望し

人生に絶望し

いのちの長さに絶望し

全てに絶望しているので

絶望することに

すっかり慣れた





絶望することが

私の日常だから

死んだりしない

べつに いつものことさと

思うだけ







だけど

絶望の向こうには

希望とか 幸せとか

そんな 壊れやすいものじゃなく

もっと確かで

もっと揺るぎない

何かが

ある 気がしてならない




まだ この目に見えない

何かが




だから

絶望しつづける




だから

絶望しつづける


フリー画像闇の中の窓








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/11 00:04】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
疲れ切っています。

絹はもう、何事もない
穏やかな日のほうが少なくなりました。

でも、絹のことだけ考えて
生活することはできません。

仕事や、いろいろな所用や
日常の様々なことを
ひとつひとつクリアして行かなくては
生活が成り立ちません。

そして私には、それらのことを
どれかひとつでも代わってくれる人はいません。


もう絹を愛しているかどうかもわからない・・・

そう思った自分が、怖くなりました。

絹と向き合うときだけは、
自分の心は健康でいられたはずなのに

孤独が続いて、「愛情」という心を奪われると
何もかもが、ただただ疎ましく、疲れるだけで
全部投げ出して、どこかへ行きたくなりました。

昨日は、絹がまた結膜炎になっていたので
重たい体を引きずるように、病院に連れて行きました。

そして先生に
「もう疲れちゃいました・・・
何事もない日のほうが少ないんだもん」と言うと
先生が
「この時期は仕方ないんですよ。でも大丈夫だよねー
おねーしゃんは絹ちゃんをちゃーんと見ててくれるもんねー」
と、絹に優しく言ってくれました。

ほんの僅かな先生との会話と、
絹を診てもらったことだけで
私のすさんだ心が、人間らしさを取り戻しました。

私を見上げる絹は、愛おしくて
まだ人間の心を失っていない、と心底安堵しました。


人間は、複雑なようで案外単純なものです。
ひとりきりであれこれ考えていると
何ひとつ良い方向へは行かないものですが、
誰かに、ほんの少しでも話を聞いてもらうことで
驚くほど、気持ちが軽くなります。

どんなに辛くても、苦しくても
人間の心だけは失いたくありません。

よく精神科の病気を、「心の病」と表現しますが、
昔、あるPSW(精神保健福祉士)が言っていました。

【「心の病」という表現は、優しい言い回しとして使われがちですが、
ここでは使いたくないと思います。
病気であっても、心は健康で、豊かな人が多いと信じています】と。

その言葉を、思い出した一日でした。


きぬ携帯画像91修正版






ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/10 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
真白き花よ

汚れ知らぬ花よ

儚き花よ





陽の光が 降り注がれると

お前たちは 微笑んで

その花びらを広げる




なのに 

冷たい雨も

お前たちは

そのまま 受け容れる





冬の凍りつく風も

お前たちは

そのまま 受け容れる





自然の流れのままに

うつろう季節のままに

お前たちは

森羅万象を

そのままに受け容れる




そんなお前たちが

震えるほどに 愛しくて

ひたすらに 悲しくて





その真白き花の 

花びら一枚一枚が

散らないように

散らないように

守らずには いられない


きぬ145寝言ゆってましゅ~

おこたにおみかん

猫用こたつ~工作の苦手な私が自作しました~
中身は段ボールです。ホットカーペットを熱源にしています。
ついでに、おみかんも。







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/09 00:04】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |

絹ちゃん…
なごやん
お目目がちょっと大変そう。
また、結膜炎ですね。
絹ちゃん、奈美先生にラビットキック
しに行かなくちゃね。

他にも、マンションで何かトラブル?
おまけに腰痛って!
バブリーダンス踊り過ぎたんちゃう?
とにかくお二人とも、お大事にね。

Re: 絹ちゃん…
ナレイ
もうくたびれちゃったよ・・・

健康な時のほうが少ないんだもの・・・

他にもいろいろ問題や所用を抱えて
何をやるにも一人。

疲れた。




コメントを閉じる▲
叩きつけるような

突風に

右の頬を打たれ

今度は

左の頬を打たれ




それでも折れない

この心が 忌まわしくて





極寒という ナイフに

腹を刺され

何度も刺され






それでも倒れぬ

この体が 忌まわしくて





いっそ折れてしまいたい

いっそ倒れてしまいたい





強いね って言わないで

私は 強くなんかない

強い人ほど

ほんとは弱い





強いね と言われることに

傷ついて

それでも

真冬の 風にさらされて

ひとり 立ってる

痛みに堪えて



フリー画像・ヌード4







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/08 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |
目覚めた途端

不安の種や

心配の種にまみれた

日常が

攻めて来る




だから目覚めたくなかったの





24時間のうち

私が穏やかでいられるのは

眠っているときだけ

その時も 僅かしかなくて




街が目覚めると

うつと緊張の中

この体を引きずって

日常のあれこれを

独りで こなすしかなくて

コーヒーを 入れることさえ

しんどくて

ただの水道水を飲む




だから目覚めたくなかったの





日が沈むのを

ひたすら願う





終わらない日常を

いっそ 終わりにしたくなる




だから目覚めたくなかったの




だから目覚めたくなかったの


フリー画像・空のカップ







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2018/02/07 00:04】 | 神経症
トラックバック(0) |